宝塚歌劇団の人気作品「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」歴代エリザベート役をまとめてご紹介します!!

1996年に宝塚歌劇団の雪組で日本初演されたミュージカル「エリザベート」。オーストリアの皇后・エリザベートの暗殺と“黄泉の帝王”トート閣下との恋物語を絡めて描いたダイナミックなストーリーと心に響く名曲の数々…色褪せない魅力が沢山詰まった人気作品は長い年月の中で宝塚歌劇団はもちろん、東宝ミュージカルとしても何度も再演を繰り返しています。そこで今回は宝塚歌劇団で歴代エリザベート役を演じてきたタカラジェンヌをまとめてご紹介したいと思います!

宝塚歌劇団の代表作・ミュージカル「エリザベート」の歴代エリザベート役まとめ

1996年に宝塚歌劇団で日本初演され大ヒットしたミュージカル「エリザベート」。

今まで何度も再演される人気作、宝塚ファンなら一度は観たことがあるのではないでしょうか。去年は日本初演20周年を迎え、宙組での再演、OGを中心としたガラコンサート、そして年末の宝塚スペシャルでのエリザベートコーナーなど…盛りだくさんな一年でした。

何度再演されても新しい魅力が発見できるミュージカル「エリザベート」。そこで今回は歴代エリザベート役を演じてきたタカラジェンヌをまとめてご紹介したいと思います♪

エリザベートに関するその他のおすすめ記事

ミュージカル「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」って?

「エリザベート」はオーストリア・ハプスブルク家の皇后エリザベートを描いたウィーン発のミュージカルです。

ウィーン版の主人公はタイトルロールになっているエリザベート。しかしトップスターである男役を主人公にしなければならない…という伝統をもつ宝塚歌劇団で上演するにあたり、エリザベートに恋した“黄泉の帝王・トート閣下”が主人公になるよう小池修一郎先生の手により潤色されています。

しかし、皇后エリザベートの人生を主軸に進むストーリーなのでエリザベート役はかなり重要な役どころです。ただの可愛らしいお姫様ではない、というところも演じる役者にとって大きな課題となるところでしょう。

類まれな美貌、そして強さを持つエリザベート。

再演されるたびにどんなエリザベート役を演じてくれるのか…というのもファンにとっては楽しみの一つですよね♪

宝塚の歴代エリザベートまとめ・その1

1996年雪組:花總まり

初演で演じたのが宝塚歌劇団・伝説の娘役と言われる花總まりさん。近年ではガラコンサートや2015年、2016年の東宝版エリザベート役も演じてその変わらぬ美貌が話題になりましたよね。

エリザベート役の大変なところのひとつに少女時代~晩年まで広い年代を演じなければいけない…というものがありますが、当時まだ研5だった花總まりさんは少女時代は可愛らしく、晩年は強くて品のある皇后としてきっちりと演じきりました。

トート役は一路真輝さん、そしてエリザベート役は花總まりさん、それ以外も素晴らしかった初演キャスト。この初演のエリザベートの成功があったからこそ何度も再演される人気作品になりました。

今でこそ花總まりの代表作といえばエリザベート!と言われていますが当時は無我夢中だったと語っています。

全編歌でつづられていきますが、初演当時の私は歌がまだまだ弱く、エリザベート役に決まったときは『大丈夫なのか』という声が多かったんですね。私自身、ひとつの作品でここまで歌って、なおかつ少女時代から亡くなるまでを演じるのは初めてでした。しかもトート役の一路真輝さんのサヨナラ公演でもあり……本当にいろいろなものが重なったなかでのエリザベート役でした

(出典:ローチケ演劇宣言

1996年星組:白城あやか

二度目の「エリザベート」は麻路さきさん率いる星組で上演されました。エリザベートを演じたのは、美貌の持ち主と評判だった白城あやかさん。鏡の間の美しさが忘れられない…という方も多いのではないでしょうか?この公演が白城あやかさんのサヨナラ公演でした。

昨年ガラコンサートでも変わらぬ美貌を披露してくれましたよね。

1998年宙組:花總まり(二度目)

1998年、宙組のエリザベートはトート役は姿月あさとさん、エリザベート役は花總まりさんでした。

花總まりさんは二度目のエリザベートということもあり初演よりさらに深みのあるエリザベート役を演じきりました。

宝塚の歴代エリザベート役まとめ・その2

2002年花組:大鳥れい

2002年の花組公演は春野寿美礼さんのトップお披露目でもあり、大鳥れいさんのサヨナラ公演となった特別な公演でした。この公演から「私が踊る時」が追加されたのが印象的ですよね。

もともと歌が上手く持ち味が大人っぽい大鳥れいさん、晩年の演技はさすがでした。

2005年月組:瀬奈じゅん

彩輝直さんのサヨナラ公演だった月組初演エリザベート。そしてエリザベート役が次期トップとなる瀬奈じゅんさん…!ということで当時ファンの間で騒がれた公演です。

宝塚歌劇団では「風と共に去りぬ」のスカーレット役など、強さのある女性は男役が演じることもありますが、エリザベートもそんな役のひとつと認識されています。

花組エリザベートではルキーニを演じた瀬奈さん本人もまさかシシィ役をやると思ってもみなかったようですが小池修一郎先生の希望もあったようですね。

10年以上たった今だから言えることなのかもしれませんが、「僕、あさこがシシィじゃなかったら劇団辞めるって言ったから」という小池先生の発言は衝撃です。

2007年雪組;白羽ゆり

再演の雪組エリザベート役は白羽ゆりさんが演じました。

当時の役作りについてこう語っています。

ウィーン版のミュージカルがちょうど日本に来たときでもありましたので、ウィーンのスタッフの方達と色々お話させて頂いたんです。その時にエリザベートは決してシンデレラとか、悲劇のヒロインとして演じて欲しくないと言われたのがすごく印象に残っていて、野性的な部分とか強さも自分の中で意識して演じることができたらと思って、その時は演じていました。

(出典:宝塚ジャーナル

宝塚の歴代エリザベート役まとめ・その3

2009年月組:凪七瑠海

瀬奈じゅんさん率いる2009年の月組エリザベート。そのエリザベート役を演じたのが現在専科に所属する男役・凪七瑠海さんです。

当時宙組の下級生だった凪七瑠海さんはまだ新人公演の主演も経験したことがなく、配役が発表された時は、凪七瑠海さんって誰?!大丈夫なの?という状態でした。

でも、このエリザベート役をやったから何事でも乗り越えられると語る凪七瑠海さん。当時は相当大変だったのではないでしょうか?

激しい人生の皇后になりきるあまり、普段から、自分の感情とは無関係に涙があふれた。「役の気持ちで『死にたい』とつぶやいたこともあるらしい」と苦笑い。当時、主人公のトート役を務め、かつてエリザベートを演じたこともある瀬奈(せな)じゅんから「“エリザベート病”だから、大丈夫」と励まされたという。

(出典:産経WEST

首が長くすらっとした体型の凪七瑠海さん、スタイルの面から見ると歴代ナンバーワンのシシィでしょう。

2014年花組:蘭乃はな

明日海りおさんのトップお披露目であり、蘭乃はなさんのサヨナラ公演となった2014年「エリザベート」。

花總まりさんが演じるエリザベートに憧れて宝塚歌劇団に入ることを決意した、と語っていた蘭乃はなさん。花組でエリザベートができると決まった時は嬉しかったのではないでしょうか?

退団後も東宝版エリザベートで花總まりさんと役替わりでシシィを演じ話題になりました。

2016宙組:実咲凛音

2016年の宙組エリザベートは実咲凛音さんが演じました。トート役は朝夏まなとさん。

日本初演20周年の節目の年ということもあり、いろんなものをそぎ落とした原点回帰の「エリザベート」を目指した舞台でした。

歌に定評があった実咲凛音さん本人もエリザベート役をいつかやってみたい!と強く憧れてたようです。

「エリザベート」以外にも魅力がたくさん!宝塚歌劇団の舞台をチェック!

(出典:photo AC

人気ミュージカル「エリザベート」の歴代エリザベート役についてご紹介しました。

まとめてみるとやはり豪華なメンバーが揃うエリザベート役。毎度再演ごとにプレッシャーを感じつつそれぞれのシシィ像を作りあげてきたんだなぁ、と思うと歴史を感じる作品ですね。

100年以上続く歴史をもつ宝塚歌劇団。「エリザベート」はもちろん、魅力的な作品を生み出し続けています。ぜひ宝塚歌劇団のその他の作品もチェックしてみてくださいね♪

宝塚歌劇団のその他のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。