2016年NYでも上演!宝塚OG版『シカゴ』のキャストは?

宝塚OGで構成されたミュージカル『シカゴ』。通称「OG宝塚シカゴ」とファンから愛をこめて呼ばれるこの舞台、2016年夏に再演されることとなりました。今回はキャスト陣や公演情報を紹介します。

しかも、宝塚OG(卒業生)のみでは初の、海外・ニューヨーク公演も決定しています。宝塚OG『シカゴ』2016年バージョンのキャスト情報を紹介します。

ミュージカル『シカゴ』宝塚OGバージョンが、2016年夏に再演!

2014年に宝塚歌劇100周年を記念して上演された、宝塚OG版ミュージカル『シカゴ』。退団後も女優としての経験を積んできたOGたちならではの洗練された『シカゴ』は、成熟した女性だけで構成された、世界のどこにもないミュージカルとして感動を呼びました。好評を受けて、2016年7月からは再演が決定。それも東京、横浜、大阪、そしてなんとニューヨークで上演されることとなります。

メインキャストは、前回公演と同じ元トップスターたちをそろえ、より華やかに、色っぽく、ピカレスクワールドを彩ります。日本人が、そして女性が紡ぎだして世界へ発信する『シカゴ』。前回見逃したファンも必見です。

2016年、宝塚OG版『シカゴ』がブロードウェイへ!

キャストは2014年公演とほぼ変わりませんが、以下のようになっています。

  • ビリー・フリン(トリプルキャスト):峰さを理、麻路さき、姿月あさと
  • ヴェルマ・ケリー(トリプルキャスト):和央ようか、湖月わたる、水夏希
  • ロキシー・ハート(ダブルキャスト):朝海ひかる、大和悠河
  • ママ・モートン(ダブルキャスト):初風諄、杜けあき

彼女たちトップスターに加えて、アンサンブルもかつて宝塚歌劇を支えた実力派スターたちが集まっています。アンサンブルも複雑な役替わりが設定されているので、自分が観たいキャストのチェックは忘れないようにしましょう。

極上のエンターテイメント 宝塚OG版「シカゴ」

この舞台のために、NYへの旅行ツアーも組まれて盛り上がりをみせている『シカゴ』。NY公演のみ、約15分の特別レビューが上演されるそうなので、海外への宝塚アピールともなるのではないでしょうか。

宝塚OGの持ち味は、現役生でもなく、また通常の女優ともちがう成熟した大人の女性の魅力と、それに加味してグレードアップする男役としての魅力です。ここまで『シカゴ』が再演を求められているのは、これまでのどの形態よりも、じつは宝塚OG版『シカゴ』が日本人の心にもっとも響いたからといえます。

2016年話題沸騰になること必至のミュージカル『シカゴ』。自分だけのキャストを堪能しませんか?

宝塚OG『シカゴ』2016の公演情報はこちら

横浜公演

会場:KAAT 神奈川芸術劇場
日時:2016年7月9日(土)〜7月14日(木)

ニューヨーク公演

会場:デビット・H・コーク・シアター
日時:2016年7月20日(水)〜7月24日(日)

東京公演

会場:東京国際フォーラム・ホールC
日時:2016年8月10日(水)〜8月21日(日)

大阪公演

会場:梅田芸術劇場メインホール
日時:2の16年8月25日(木)〜8月31日(水)

宝塚OG『シカゴ』2016のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

宝塚OG『シカゴ』のオススメ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。