雪組男役・彩凪翔!整った顔立ちに宝塚の男役らしいキザさを併せ持つ彩凪翔さんのプロフィールや魅力をチェック!!

2006年に第92期生として宝塚に入団した彩凪翔さん。現在、研究科12年目を迎え宝塚雪組を支える男役として活躍しています。宝塚のジャニーズともいわれるその甘いヴィジュアルに美しいダンス。二枚目役がぴったりな彩凪翔さんですが近年では「るろうに剣心」の武田観柳などの個性的な役も演じ切れるお芝居にも定評があります。望海風斗さんと真彩希帆さんの新トップコンビとしてスタートする宝塚雪組でも大活躍してくれるであろう彩凪翔さんの魅力やプロフィールを改めてご紹介したいと思います。

宝塚雪組・彩凪翔(あやなぎ しょう)

宝塚雪組に所属する人気男役・彩凪翔さん。

望海風斗さんと真彩希帆さんがトップコンビに就任し新たな歴史がスタートした新生雪組を支えるタカラジェンヌとして今後も期待が高まります。

そこで今回は彩凪翔さんのプロフィールや経歴、魅力などをご紹介したいと思います。

宝塚雪組のおすすめ記事

まずは、彩凪翔さんのプロフィールをご紹介♪

基本プロフィール

  • 誕生日:6月2日
  • 身長:170cm
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 出身校:大阪市立八阪中学校
  • 愛称:しょう、あやか

幼いころからバレエを習っていた彩凪翔さん。同じバレエ団の先輩に宝塚に入団した人がいた…という繋がりもあり初めて宝塚を観劇しました(ちなみに彩凪翔さんの通っていたバレエ団は樹里咲穂さんや柚希礼音さんなどスターさんを輩出しています)。

そして彩凪さんが初めて観た演目は紫吹淳さん率いる月組公演「長い春の果てに」。舞台に立つのが大好きだった彩凪翔さんは“宝塚に入れば毎日好きな舞台にたてる!”と思い初めての観劇で宝塚に入ることを決意したそうです。

宝塚受験の際にテレビの密着取材を受けていたのを覚えている方も多いのではないでしょうか?受験時は受験スクールなど通っていなかったためスクール生の勢いにひるんでしまった…と語っていますが見事一発で合格!バレエで鍛えたダンス力と華やかな容姿が決め手だったのでしょうね♪

音楽学校へ入学

92期生として2004年に宝塚音楽学校へ入学した彩凪翔さん。

同期生には

  • 蘭乃はなさん(元花組トップ娘役)
  • 煌月爽矢さん(元月組男役)
  • 鳳月杏さん(花組)
  • 真風涼帆さん(宙組)

など。彩凪翔さんは学校時代は月野姫花さん、千海華蘭さん、妃白ゆあさんの四人でよく行動していたそうです。

彩凪翔さんの舞台経歴

初舞台

2006年、宙組の人気トップコンビ和央ようかさん・花總まりさんの退団公演だった「NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-」で初舞台を踏んだ彩凪翔さん。

御織ゆみ乃先生の振付で足を上げる回数が多いロケットだったようです。

雪組配属

初舞台を踏んだ後、雪組に配属された彩凪翔さん。研究科一年目のバウホール公演「ハロー!ダンシング」で目立ったポジションを与えられ注目を集めます。その後も…

  • 2007年5月「エリザベート」黒天使
  • 2009年3月「風の錦絵/ZORRO」新人公演:ブレイブ・バッファロー(本役:沙央くらま)
  • 2010年2月 「ソルフェリーノの夜明け/Carnevale 睡夢」新人公演:ハンデル(本役:緒月遠麻)
  • 2011年1月 「ロミオとジュリエット」新人公演:マーキューシオ(本役:早霧せいな)

など徐々に目立った役に抜擢され、2011年7月バウワークショップ「灼熱の彼方」のコモドゥス役でバウホール公演初主演を射止めました。

  • 2011年9月「仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!」ラウル、新人公演:フィリップ/ルイ14世(本役:音月桂)
  • 2012年3月「ドン・カルロス/Shining Rhythm!」アレハンドロ・ファルネーゼ、新人公演:ドン・カルロス(本役:音月桂)

で二度の新人公演主演を経験。

そして2013年8月には「春雷」のヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ/ウェルテル(二役)でバウホール単独主演を果たしました。

ターニングポイントは「るろうに剣心」

早霧せいなさんのトップ時代は「伯爵令嬢」「ルパン三世」そして「るろうに剣心」と人気漫画の舞台化が続いていた雪組。その中でどの役も再現度高く役を作りあげていた彩凪翔さん。

「伯爵令嬢」のリシャールはいかにも少女漫画から飛び出してきたように素敵でしたし、「ルパン三世」の石川五エ門は“イケメンすぎる五エ門”と原作ファンの間でも話題になりました。

そして転機だったと本人も語っているのが「るろうに剣心」の武田観柳役。

原作マンガだと不気味で憎たらしい敵役として登場する武田観柳 。発表された時点で、あのイケメンの凪さまが 観柳をやるの?!と驚きの配役でした。

あまり宝塚らしいキャラではないので心配されていましたが、彩凪翔さんは悪役だけどどこか憎めない…三枚目な観柳をアツく演じ切りました。

最近では

  • 2016年6月「ローマの休日」アーヴィング・ラドビッチ/マリオ・デ・ラーニ
  • 2016年10月「私立探偵ケイレブ・ハント/Greatest HITS!」ホレイショー
  • 2017年4月「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」久坂玄瑞

様々な役に挑戦してますます輝いている彩凪翔さん、今後どんな役をみせてくれるのか楽しみですね。

彩凪翔さんの魅力とは?

ジャニーズ系イケメン

お芝居もダンスも素敵ですが、彩凪翔さんの一番の魅力といっても過言ではないのはその端正な顔立ちではないでしょうか?とにかくイケメン。宝塚の男役はイケメンが揃っていますが中でも彩凪翔さんはジャニーズ系だと言われています。

その美しさが際立ちすぎて近年ではファンや下級生から「凪さま」や「翔さま」と呼ばれています。

月組から雪組に組替えしてきた朝美絢さんも同じ系統のビジュアルで二人の並びが今後見れるのが楽しみなファンも多いようです。

ウィンクの威力がすごい

ヅカファンの好きなもののひとつ…それはウインク!ショーなどで男役さんがバチバチとキザりながら飛ばすウインクってドキドキしてしまいますよね。

彩凪翔さんもそのくっきりとした瞳から繰り広げられるウインクが魅力的だと言われています。印象的な目元の彩凪さん、本人も相当目の使い方は研究しているようです。ばちっとしたウインクからねっとり系のウインクまでバリエーション豊富です。

まだ彩凪さんのウインクを見たことがない、という方はぜひ次回のショーで注目してみてください♪

関西弁のギャップ

彩凪翔さんは大阪出身、ということで関西弁を話します。方言萌えというものがありますが、彩凪さんもそんな武器を持っています。

あまり喋るスピードが速くないのでおっとり関西弁だと言われていますが、端正な顔立ちから繰り広げられるバリバリの関西弁…というのは知らないとびっくりしてしまう方も。でもギャップがあるって魅力的ですよね。

彩凪翔さん性格は…?お茶会エピソードをご紹介

タカラジェンヌさんの性格を知るにはお茶会が一番!ということで彩凪翔さんのお茶会の様子をご紹介したいと思います!

ファン思いで優しい性格の彩凪さん、公演中のエピソードなども丁寧に語ってくれる姿がかっこよくて素敵だと評判です。

彩凪翔さんの今後の舞台

望海風斗さんと真彩希帆さんのプレお披露目である全国ツアー「琥珀色の雨にぬれて/“D”ramatic S!」に出演する彩凪翔さん。

期間:2017年8月25日(金)〜9月18日(月)

彩凪さんは「琥珀色の雨にぬれて」ではルイ・バランタン役を演じます。ルイの職業はジゴロ、キザな役どころが似合う凪さまにピッタリな役ではないでしょうか。

また、望海さんや真彩さんとも絡むシーンがあるのもどんな感じになるのか楽しみです。

ショー「“D”ramatic S!」は早霧せいなさんと咲妃みゆさんのサヨナラ公演だったので、内容がどの位変わるのかも気になるところですよね。彩凪さんは二番手男役のポジションとして活躍してくれることでしょう。

彩凪翔さんを応援しよう♪

(出典:photo AC

全国ツアー公演「琥珀色の雨に濡れて/“D”ramatic S!」に出演する彩凪翔さん。

新生雪組になって今後の彩凪さんの組内でのポジションや役付きがファンとしては気になるところですよね。彩凪さんはこれからますます色気と技術に磨きをかけて上級生として組を引っ張っていってくれるのではないでしょうか。

人気スターである彩凪さんが今後どのような舞台をみせてくれるのか楽しみです。

宝塚歌劇のその他のおすすめ記事

みんなのコメント
  1. チギロスグッチ より:

    彩凪翔さんは、お顔もイケメンですが、公演最後のパレードの時、大階段おりて客席にご挨拶される時、必ず「ありがとうございました。」とおっしゃってます。彩凪さんだけはよくわかります。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。