宝塚 チケット
天海祐希の宝塚時代の動画を厳選紹介!ベルサイユのばらなど

宝塚歌劇団OGの中でもとりわけテレビで見かける機会の多い天海祐希。元月組トップスターの彼女は、宝塚時代も数々の記録を塗り替え、高い人気を誇る生徒でした。この記事では彼女の宝塚歌劇団在籍時代の足跡について動画を交えて振り返ります。

宝塚歌劇団OGの中でもとりわけテレビで見かける機会の多い天海祐希。元月組トップスターの彼女は、宝塚時代も数々の記録を塗り替え、高い人気を誇る生徒でした。この記事では彼女の宝塚歌劇団在籍時代の足跡について動画を交えて振り返ります。

宝塚音楽学校~月組下級生時代

1985年、天海祐希は宝塚音楽学校に首席で入学します。天性の華やかさを持つ彼女を見て、「お母さん、よくぞ産んでくださった」と言ったという逸話が残っていますが、面接官が天海祐希本人に言ったという説もあれば、理事長が天海祐希のお母さんに言ったという説もあり、真実は不明です。

しかし、その伝説が残っていることが彼女のずば抜けたスター性を表しているように思われます。

1987年、『サマルカンドの赤いばら』で初舞台を踏んだ彼女は、その新人公演でバルフ王子役を務めます。本公演では当時若手男役スターだった鮎ゆうきが演じた役で、初舞台生が新人公演から目立つ役どころを与えられるのは異例のことです。

その後月組に配属された彼女は、バウホール公演『青春の旋風~リトル・ヒーロー三四郎』でさっそく準主役級の役を与えられます。さらに、その年の12月には『ME AND MY GIRL』で新人公演主演に大抜擢されました。

研究科5年で2番手に

1991年、並みいる上級生スターを追い越して2番手スターの座を射止めます。『ベルサイユのばら オスカル編』では涼風真世がオスカル、天海祐希がアンドレを演じました。今でも「あのオスカルとアンドレは超えられない」と言うファンもいるほど、豪華なコンビによるベルばらとなりました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。