宝塚 チケット
宝塚出身の芸能人や女優さん特集!タカラジェンヌ時代の画像とともに卒業生の今を追う!

テレビを見ていると宝塚出身の芸能人や女優さんをよく見かけます。今年は宝塚歌劇100周年ということもあって出演が増えているようです。この記事では宝塚出身の芸能人や女優さんについて、現役時代のエピソードも交えてご紹介します。

テレビを見ていると宝塚出身の芸能人や女優さんをよく見かけます。今年は宝塚歌劇100周年ということもあって出演が増えているようです。この記事では宝塚出身の芸能人や女優さんについて、現役時代のエピソードも交えてご紹介します。

天海祐希さん

女優として数々のドラマに出演されている天海さん。そのスター性は入学前から非凡なものがあり、宝塚音楽学校の面接試験で「お母さん、産んでくれてありがとう」と言われたという逸話が残っています。

入団1年目の1987年にさっそく「ミーアンドマイガール」新人公演の主演に抜擢。異例のスピード出世で7年目の1993年には月組トップスターに就任、その2年後の1995年に「ミーアンドマイガール」で卒業しました。

退団後の代表作と言えるのはドラマ「女王の教室」の阿久津真矢役でしょう。冷酷な女教師役で話題を集めました。天海さんがエンディングテーマで見せるダンスも人気でした。

真琴つばささん

いまでも男勝りな雰囲気で活躍中の真琴つばささん。同期には轟悠、愛華みれ、稔幸というトップスターがおり、71期四天王と呼ばれることもあります。

1997年「EL DORADO」で月組トップスターに就任。2001年の「愛のソナタ/ESP!」で退団するまで、エネルギッシュなスターとして人気を博しました。

退団後は舞台やテレビドラマに出演。2011年「愛と青春の宝塚」の主演も話題になりました。近年ではバラエティ番組の出演も目立っています。

檀れいさん

舞台や映画で活躍されている檀れいさん。宝塚入団時の成績は同期の中で最下位でした。最初は役付きも悪く、あまり目立ちませんでしたが、入団7年目の最後の新人公演でヒロインに大抜擢。その後娘役トップスターに就任しました。

その美貌は誰もが認める説得力を持っており、中国公演では「楊貴妃の再来」と言われたほどです。2004年「花舞う長安」ではその楊貴妃役を好演。2005年「長崎しぐれ坂」で退団しました。

退団後は2006年の「武士の一分」では木村拓哉の妻役で銀幕デビュー。日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞し、話題になりました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。