宝塚歌劇団の88期生 組配属、注目スターの画像が目白押し!

宝塚歌劇団には多くのタカラジェンヌが在籍しており、様々な年代の方が活躍を続けています。 その中でも実力派のタカラジェンヌを多く輩出した第88期生について紹介したいとおもいます。

宝塚歌劇団には多くのタカラジェンヌが在籍しており、様々な年代の方が活躍を続けています。

その中でも実力派のタカラジェンヌを多く輩出した第88期生について紹介したいとおもいます。

第88期生は2002年に宝塚歌劇団に入団し、星組公演の「プラハの春」「LUCKY STAR!」で初舞台に立った48名です。

この年のラインダンス、通称ロケットは綺麗なピンク色の衣装に星柄がついている可愛い衣装でした。ここからは第88期の特徴と、活躍をした第88期生を紹介します。

宝塚歌劇団第88期生の特徴を紹介!

宝塚歌劇団の88期生は2000年に宝塚音楽学校に入学し、2002年に宝塚歌劇団に入団したメンバーです。

第88期生には元花組トップ娘役の桜乃彩音や麻尋しゅん、春風弥里等が過去に在籍しており、紅ゆずるや朝夏まなと、蓮水ゆうや等が宝塚の舞台を飾っています。

そんな第88期生には新人公演主演・ヒロイン経験者を多数輩出した経緯があり、実力派のタカラジェンヌが多く在籍しています。

宝塚歌劇団第88期生「桜乃彩音」を紹介!

宝塚歌劇団の第88期生の代表的なメンバーとして元花組トップの桜乃彩音がいます。

桜乃彩音は2002年に花組に配属後するに「エリザベート」の新人公演に出演することになるが、彼女が宝塚を目指したきっかけも中学生の時に観劇した宙組公演の「エリザベート」でした。

その後、バウホールでの初ヒロインなどを経験し、2006年からは娘役トップとして様々な舞台に出演しています。

2010年に行われた2010年3「虞美人 -新たなる伝説-」で宝塚歌劇団を退団するまで華やかで煌びやかな娘役を演じ、退団後は女優として活躍中ですよ!

宝塚歌劇団第88期生「朝夏まなと」を紹介!

朝夏まなとは現役のタカラジェンヌとして宙組の男役スターで活躍をしています。

3歳という幼少期からバレエを習い、全国ツアー公演の「うたかたの恋」を観劇してから宝塚を目指したという経緯がある朝夏まなとは、入団時10番目の成績で宝塚歌劇団に入団しました。

最初に配属されたのは花組で、2005年には「マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー」で新人公演初主演を演じ、その後多くの舞台で新人公演の主演を演じ、本公演でも主演を演じる程の実力の持ち主です。2012年に宙組に組替えされてからも多くの舞台で中心的な役を演じ、宝塚の舞台を華やかに彩っています。

宝塚歌劇団第88期生「蓮水ゆうや」を紹介!

蓮水 ゆうやは2014年7月にて宝塚を退団するが、それまで様々な舞台で活躍をしてきた宙組の男役スターです。

幼少期からクラシックバレエを習い、バレエでも身長が高かったことから男役を経験するほどでした。宝塚歌劇団には24番目という成績で入団し、その後退団まで宙組で多くの舞台に出演しています。

2013年に行われた「the WILD Meets the WILD -W.M.W.-」で第89期生の七海 ひろきとダブル主演を務めたタカラジェンヌです。

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

第88期生を見に行こう!

これまで宝塚歌劇団第88期生を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?多くの舞台で活躍を続けてきた大御所が多く、また宝塚を華やかに彩っているメンバーがそろっています。そんな宝塚歌劇団の舞台を見に行きませんか?チケットキャンプでは第88期生が活躍を続ける宝塚の各公演チケットを取り扱っております。長い間宝塚を支えてきた88期生の舞台は必見ですよ!

みんなのコメント
  1. せー より:

    らんじゅとむさんやおうきかなめさんやゆずきれおんさんにあこがれています♪

  2. せー より:

    カッコいい♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。