宝塚歌劇団の86期生 組配属、注目スターの画像が盛りだくさん!

宝塚歌劇団86期生は、競争倍率23.7倍で1998年に宝塚音楽学校に入学し、2年後のミレニアムの年・2000年に宝塚歌劇団に入団しました。 1998年に新校舎が落成したため、旧校舎で学んだ最後の学年です。

宝塚歌劇団86期生は、競争倍率23.7倍で1998年に宝塚音楽学校に入学し、2年後のミレニアムの年・2000年に宝塚歌劇団に入団しました。

1998年に新校舎が落成したため、旧校舎で学んだ最後の学年です。主な生徒にはOGでは元宙組トップ娘役の陽月華(ひづきはな)を始め、現宙組トップスターの凰稀かなめ(おうきかなめ)などがいます。

86期生の注目の女優をピックアップしながら、86期生の特徴をみてみましょう。

宝塚歌劇団86期生について、ざっとご紹介しましょう

宝塚歌劇団86期生として入団したのは43名です。

口上とロケットダンスを披露した初舞台は2007年7月1日から8月14日まで劇場で公演された花組の『あさきゆめみし』『ザ・ビューティーズ』でした。

86期生が舞台稽古で初めて大階段を降りる練習日、階段を踏み外して転げてしまった人もいたというエピソードも残っています。また、凰希かなめ、陽月華、和涼華など、顔立ちの整った女優が揃っていることでも知られています。

容姿端麗な宝塚歌劇団宙組トップスター 86期の凰稀かなめ

「りか」「かなめ」「てる」などの愛称で呼ばれる宝塚歌劇団86期生の男役・凰稀かなめ(本名:池口梨花)は、2009年に雪組から星組へ、2011年には宙組へ組替えし、2012年7月に大空祐飛の退団に伴い宙組トップスターに就任しました。

入団当時から美しさと華やかさで注目を集め、早くから大役に抜擢されました。うまくできない事への焦りを感じた時期もあったそうですが、ありのままの自分を認め感謝の気持ちを忘れずに新しい事を挑戦し続け、今や演技と表現力も定評があります。

2015年2月15日東京宝塚劇場千秋楽にて退団することが発表されましたが、最終日までトップスタートして宙組を引っ張っていってくれることでしょう。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。