こんな雑誌にもタカラジェンヌが!?スターが掲載される一般雑誌を一挙紹介

宝塚歌劇ファンが毎月欠かさずチェックする雑誌「歌劇」と「TAKARAZUKA GRAPH」。その他にも宝塚の各スターを魅力的にみせてくれる雑誌が存在します。本日は2016年スターを新しい側面から切り取ってくれた雑誌をそれぞれご紹介したいと思います。

宝塚スターたちが掲載される雑誌一覧

https://twitter.com/zukazuka_info/status/810783316441972737

宝塚歌劇ファンが毎月欠かさずチェックする雑誌といえば「歌劇」と「TAKARAZUKA GRAPH」。スターをさらに魅力的にみせてくれる雑誌は、まだまだ他にも存在します。

2016年スターを新しい側面から切り取ってくれた雑誌たちを、紹介していきます。

【どれだけ知ってる?スターが載る雑誌】

宝塚歌劇ファンが毎月欠かさずチェックする雑誌といえば「歌劇」と「TAKARAZUKA GRAPH」。それに付随した本家本元である阪急ブックスからの書籍を思い浮かべるでしょう。

もはや常識ですが、少しディープなファンともなるとこの中心となる2誌とはまた別に一推しスターが時折掲載されて、話題になる一般雑誌があることがだんだんわかってきます。

歌劇誌とはひと味もふた味も違うファッションと、メイク、そしてシチュエーションとファンには見逃せないグラビアが多いのが魅力です。そんなスターたちが載る雑誌をここでは紹介していきましょう。

順不同です。

【タカラジェンヌが載る定番エンターテイメント雑誌】

  • シアターガイド
  • 演劇ぶっく
  • ミュージカル
  • BEST STAGE
  • +act. (プラスアクト)

どれも国内演劇、ミュージカルを紹介、網羅した雑誌です。当然のことながら宝塚歌劇の枠も必ずあり、毎号その時期の公演前の情報やその組からセレクトされたスターが掲載されるので要チェック。

どの雑誌も写真は小さいことも多いですが、外部向けに「歌劇」などとはまた違う思いや、意外な一面を知ることができることも。

【タカラジェンヌが載る女性ファッション雑誌】

  • Marisol(マリソル)
  • an an
  • VOGUE
  • VOCE

現役だけでなく、OGもインタビューやグラビアで載ることも多い女性ファッションやメイク雑誌。

掲載自体は不定期ではありますが、日頃からモデル撮影などのプロである専属写真家とプロのメイクアップアーティストがスターたちを撮影することからその写真の質は文句なしの高いレベルにあります。

注意すべきことといえばこのジャンルの雑誌は発売期間を過ぎたバックナンバーなどは入手が難しいことですので、贔屓が載ったら必ず買っておきましょう。

【タカラジェンヌが載る料理・ライフスタイル雑誌】

レタスクラブ

こちらは主婦向けの料理や生活の知恵などをカラフルな写真構成でまとめた雑誌。1ページの半分と扱いは小さいですが、ジェンヌのその時のマイブームなどが持ち出しのオフショット写真でみれるのが嬉しいですね。

日経ウーマン

働く女性のキャリアと人生を応援するというコンセプトの雑誌。ファン目線というよりも、同じように厳しい世界で働く女性たちの参考になるようなインタビューが多いようです。

【タカラジェンヌが載っていたジャニーズ!?雑誌】

takarazienne-magazine101

(出典:pixabayより)

またこれはここ数年の傾向ですが、これまでジャンルが違うメディアでも、女性ファンの垣根を越えたエンタメへの趣味の広がりから宝塚を取り上げることが多くなってきています。

ジャニーズ専門誌の「Duet」もそのひとつ。こちらは現在は連載を終了したようですが、またどこかの専門誌で連載がはじまるかもしれません。

宝塚歌劇の他のオススメ記事

【多彩なジャンルの雑誌にタカラジェンヌは載っている】

takarazienne-magazine102

(出典:pixabayより)

タカラジェンヌが紹介されている一般雑誌が、意外に多いことがわかってもらえたでしょうか。挙げてきた雑誌以外にもその地方出身者をとりあげた横浜wakerなども、掲載時にはファンから好評を博しました。

またこれまで挙げてきた以外にもまだまだ雑誌が出てくるかもしれません。もしタカラジェンヌが掲載された雑誌が発売されても公式サイトで告知してくれるものは一部なので、情報を得る為に常にアンテナを張っておきましょう。

贔屓が掲載されでもしない限り、読まなかったであろう雑誌で新しい発見があるかも?ぜひ書店でみかけたら手に取ってみてくださいね。人気の宝塚歌劇のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。