永遠の男役!トップスター平みちさんの華麗なる転身!

平みちさんといえば、元雪組トップスター、永遠のザ・男役!1956年生まれの58歳。身長が171センチもあって、大柄でスタイルが大変よく、その恵まれた体を活かして男役としてトップスターになった平みちさん。今回は彼女の華麗なる転身をご紹介。

平みちさんといえば、元雪組トップスター、永遠のザ・男役・・・!

1956年生まれの58歳。1971年に宝塚音楽学校入学で、1973年入団、1988年に退団しています。同期はあの大地真央さんですよね。身長が171センチもあって、大柄でスタイルが大変よく、その恵まれた体を活かして男役としてトップスターになった平みちさん。

いくら上背に恵まれたからといっても、トップになるには並々ならぬ努力があったようです。天才肌のトップスターではなく、努力型のトップスターで知られています。ダンスが得意で、見る人を圧倒する踊りを踊ることができたんですよね。

突然の引退・・・そして!

平みちさんは、男役でトップスターになって、わずか3年で引退してしまいます。その引退はあまりに突然だったので、周囲を驚かせました。いったい何があったのでしょうか?

それは、結婚です。

相手は、インテリアデザインを手がける男性。そして、退団後は、OGとして、結婚の妨げにならない程度に活躍されています。

さらに2010年に転身!

そして周囲を驚かせたのは、平みちさん、2010年に、下着ブランドをプロデュースして、立ち上げたのです!

そのブランドの名は、「Michi」。

ご自身の命名をつけたブランドで、40代以上をターゲットにした下着ブランドを販売。年商5000万円を突破するなど、大人気の下着メーカーへと成長しました。

事業家として忙しい日々を送られているようです。その様子を、ブログで知ることが出来ます。セルフブランドで事業に成功するなんて、すごすぎますよね!そしてその下着、ほしいです!

宝塚時代、愛称は「モサク」

もともと、「みち」という名は本名からきています。

そして、あだなは「モサク」でした。

これは同期の大地真央さんがつけたあだ名で、平みちさんの動きがモサーっとしていたから、という逸話が残っています。

平みちさんサヨナラ公演を動画で見てみよう!

ではここで、平みちさんサヨナラ公演の「たまゆらの記」を見てみましょう。(※ちなみに動画はyoutubeサイトでご覧くださいね。)

時代の衣装が素敵です。「あかねさす紫の花」「あしびきの山の雫に」「たまゆらの記」は姉妹作品で、三部作になっています。

天武天皇の曾孫安宿王(あすかのきみ)が主人公で、その安宿王を平みちさんが演じています。ひきこまれる演技ですので、ぜひみてみてください。平みちさんも「なつかしい」とコメントしていますよ♪

宝塚歌劇の他のオススメ記事

平みちさんの魅力にひたりたくなったら、チケットキャンプで見てみよう!

いかがでしたか?引退後も第二の人生で大活躍されている平みちさん。すばらしいですよね。そのバイタリティをわけてほしいぐらいです。さて、そんな平みちさんですが、エネルギーをもらうには、実物に会うのが一番です。そしてチケットキャンプでは、そんな平みちさんの舞台や、彼女を輩出した宝塚歌劇団のチケットを取り扱っています!ぜひみてみてください!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。