【速報】宝塚宙組・新トップコンビの2018年大劇場お披露目演目決定!!『天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-』!

現在宝塚大劇場で宝塚宙組が公演中の朝夏まなとさんサヨナラ公演『神々の土地/クラシカルビジュー』。そんな中、次期宙組トップコンビ真風涼帆さん・星風まどかさんの大劇場お披露目公演が発表されました!1995年から連載がスタートした大人気古代ロマン漫画『天は赤い河のほとり』と、宙組の伝家の宝刀『シトラスの風-Sunrise-』。一体どんな2作品なのか、いち早くこちらでご紹介します!宝塚宙組が演じる『天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-』はどんな作品になるのでしょうか!

2018年1月からスタートする新生宙組の演目決定!

現在宝塚大劇場にて絶賛公演中の宙組『神々の土地/クラシカルビジュー』はトップスター・朝夏まなとさんのサヨナラ公演ということもあり、最後の男役姿を出来るだけ多く拝みたいというファンがたくさん駆けつけています。

そんな中、早くも次期トップコンビである真風涼帆さん・星風まどかさんの大劇場お披露目演目が決定しました!

1995年から連載された篠原千絵さんの大ヒット歴史ロマン『天は赤い河のほとり』と、宙組に代々伝わる代表作『シトラスの風』の新作ということです!

新たな宙組カラーが決まる大切な大劇場お披露目公演『天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-』について、ここで少し予習してみましょう。

現在公演中の宙組作品『神々の土地/クラシカルビジュー』に関する記事

【少女漫画×宝塚】親和性の高さ

宝塚と言えば、一般的に流通しているイメージはベルサイユのばらです。

現実世界には有り得ないスタイルの女性と男性が登場し、全員の瞳に星がいくつも輝くあの少女漫画を3次元で体現できるのは宝塚歌劇団以外考えられないと断言できるほど、少女漫画と宝塚というのは近しい世界観を持っています。

最近でも、2018年元旦公演を務める花組の演目が『ポーの一族』になるという発表がありました。『ポーの一族』も1970年代に大人気を博した萩尾望都先生のヒット作です。

近年は『ルパン三世』『るろうに剣心』など少年漫画の実写化にも果敢に挑戦し、原作ファンを納得させる完成度の高さを披露しています。

宝塚ファンとしては、原作ファンに気に入ってもらえるととても誇らしい気持ちになりますよね。

そして、今回ついに初の舞台化となった『天は赤い河のほとり』は一体どんなストーリーなのでしょうか。真風さんと星風さん、そして芹香さんはどんな役を演じることになるのでしょうか?

舞台は紀元前14世紀の中央アナトリア

演目タイトルに『ミュージカル・オリエント』と銘打ってありますが、オリエントとは現在の中東にあたる地域で発達してきた文化圏のことです。

そして『天は赤い河のほとり』は現在のトルコにある『ハットゥシャ(古代名)(現在名:ボアズカレ、ボアズキョイ)』と呼ばれる遺跡が舞台。

完全なフィクションではなく、現実に残る遺跡が舞台となっていたり、戦争や文化など、史実に基づいている部分も多くあるので非常に想像が膨らむ素晴らしいストーリーです。

現在も礎石が残っていたり、門に建つレリーフ(彫刻)が残り、3400年前の空気に触れることができますので、『天河』ファンの聖地となっています。

紀元前14世紀のハットゥシャに現代の女の子がタイムスリップしてしまい、そこでの生活を余儀なくされてしまうという物語の始まりですが、ただのタイムスリップ物ではなく、そこに史実や恋愛要素が絶妙に絡んできます。

この漫画でトルコ史に夢中になり、そのまま研究職に就いた人もいるほど『天河』ファンは多く、本当に根強い人気を集めている漫画です。

真風さんはどんな役なの?まどかちゃんは?キキちゃんは?

非常に気になるトリデンテの役どころですが、まず真風さんはヒロインと恋に落ちるヒッタイト王国の王子・カイルで決定と見ていいのではないでしょうか。

美しく聡明で有能な王国後継者で、現代からタイムスリップしてきたヒロイン・ユーリを助けているうちにユーリを深く愛するようになります。ユーリに出会うまでは多くの女性からモテまくっていましたが、カイルは優しくはありますが無関心。

しかしユーリと出会ってからはユーリ一筋で愛しに愛しまくります。その求愛はこちらが恥ずかしくなってしまうほどの色気炸裂ですので、真風さんにピッタリの役どころではないでしょうか。

ヒロインのユーリは勇敢で正義感に溢れる元気な女の子。登場時は中学3年生なので、そのあたりも星風さんにピッタリではないでしょうか。

中学生の女の子がお色気炸裂王子にグイグイ迫られるという構図…真風さんと星風さんにピッタリすぎて、提案した人のセンスに喝采を送りたいですね。

そして、気になるのはこの公演より宙組全員と一緒に初めて舞台に立つことになる芹香さんの役どころ。登場人物の中で2番手男役に相応な役は…エジプト王子のラムセスではないでしょうか。

ラムセスは野心家でいわゆるドSタイプ。ユーリのことを気に入り、無理やり自分のものにしようとする黒っぽい役です。左右の眼の色が違うオッドアイが特長ですが、そのあたりは再現してくれるでしょうか。

原作ファンの間では、カイリ派とラムセス派、人気を二分するほどのイケメン役です。

原作は全28巻の大作ですので、その中のどれかのエピソードを取り上げることになると思いますが、この3者を抜きに天河は語れませんね。

ショーは宙組の宝『シトラスの風』新作!

そしてショーは宙組と共に誕生した伝説のショー『シトラスの風』の新作になるようです。宝塚の古典空気を濃く残したロマンチックレビューシリーズを作り続けている岡田敬二先生の代表作。

「ショーが始まるぞ!」というわくわくするようなテーマ曲や、名場面「明日へのエナジー」は宝塚ファンなら一度は観ておきたい。

再演は別箱公演のみでしたが、今回は宙組誕生20周年記念として20年ぶりに大劇場で蘇る『シトラスの風』。

20年前に大劇場で『シトラスの風』を観た古参ファンも、「観たかった!もっと早くファンになっていれば!」と後悔している新参ファンも、この再演の報にいま胸が熱くなっていることでしょう。

初演は1998年、再演は2014年の中日劇場公演。そして2015年にも全国ツアー公演にてどれも宙組にて上演されました。

2015年の全国ツアーには真風さんも出演していたため、明日へのエナジーは経験済み。

お披露目公演で上演される『シトラスの風-Sunrise-』はまた新たな場面も加わっているとは思いますが、この名場面だけは残してほしいですね。

日程・会場

◆宝塚大劇場:2018年3月16日(金)~4月23日(月)
一般前売:2018年2月17日(土)
◆東京宝塚劇場:2018年5月11日(金)~6月17日(日)
一般前売:2018年4月8日(日)

大劇場お披露目の前にまずプレお披露目公演を

今回情報解禁となったこの『天は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise―』は2018年3月16日が大劇場初日となりますが、真風さんと星風さんのプレお披露目公演は1月12日から東京国際フォーラムにて。

演目は『WEST SIDE STORY』です。こちらも宝塚では19年ぶりの再演となります。タカラジェンヌには実力と同じくらい強い運も必要となりますが、どれだけヒット作に恵まれるかも運の一つ。

新トップコンビには、プレお披露目、お披露目と作品を自分のものにしてほしいですね。

その前にまずは現在公演中の 『神々の土地/クラシカルビジュー』での朝夏さん・真風さんの最後のまぁまか愛をしっかりと堪能しましょう!

惜しくも朝夏さんと共に退団されていく伶美うららさんと真風さんの美男美女図も忘れずに目に焼き付けましょうね!

宝塚宙組公演に関する記事はコチラ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。