宙組公演「TOP HAT」で愛月ひかるの真価が問われる!

宝塚歌劇宙組公演「TOP HAT」での一部の配役が発表されました。その中でも宙組の次世代を担うと期待されている愛月ひかるさんが演じるのは、アルベルト・べディーニ。

宝塚歌劇宙組公演「TOP HAT」での一部の配役が発表されました。

その中でも宙組の次世代を担うと期待されている愛月ひかるさんが演じるのは、アルベルト・べディーニ

実咲 凜音さん演じるファッションモデル、デイル専属のイタリア人ファッションデザイナーという役柄です。

  • ミュージカル「TOP HAT」(脚本・演出/齋藤 吉正)
  • 梅田芸術劇場メインホール 公演期間:3/25(水)~3/30(月)
  • 赤坂ACTシアター 公演期間:4/5(日)~4/20(月)

宙組公演「TOP HAT」の気になるストーリー

「TOP HAT」は、アメリカのミュージカルスター、ジェリー(朝夏まなと)は、舞台出演のためやってきたロンドンで、モデルのデイルと出会うところから始まります。

そして、とある出来事からジェリーを既婚者と勘違いしてしまったデイルは、彼への恋心を打ち消すようになかばあてつけで、デザイナーのアルベルトと結婚!

この波乱の物語の結末は…という物語です。

宙組愛月ひかるは難解な役もこなす臨機応変さが魅力

愛月さんは、昨年初主演したバウホール公演「サンクチュアリ」で、初めて下級生としてついていく立場ではなく、逆に上に立つ者としての責任を学びました。

その役どころは、周囲から強制された悪の心と、愛する女性に出会うことで違う善き心を芽生えさせるというとても難しいものでした。

しかし宝塚が幼い頃から大好きだったという愛月さんならではの取り組みで、公演は成功を収め、彼女自身も飛躍の一歩を刻みました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。