宙組大千秋楽「白夜の誓い / PHOENIX宝塚!!」観劇レポート

2015/2/15(日)、宝塚歌劇宙組トップスター凰稀かなめさんが宝塚を卒業されました。その千秋楽の様子は全国の映画館でライブ中継されました。 今回は、宙組公演「白夜の誓い―グスタフ3世、誇り高き王の戦い― / PHOENIX宝塚!!-蘇る愛-」の千秋楽のリポートと、感想をお届けします。

2015/2/15(日)、宝塚歌劇宙組トップスター凰稀かなめさんが宝塚を卒業されました。その千秋楽の様子は全国の映画館でライブ中継されました。

今回は、宙組公演「白夜の誓い―グスタフ3世、誇り高き王の戦い― / PHOENIX宝塚!!-蘇る愛-」の千秋楽のリポートと、感想をお届けします。

まず、トップスターサヨナラ公演ならではの入りの様子。なんとかなめさんはご自身でオープンカーを運転して登場!かっこ良すぎです。そしてスーツ姿の朝夏まなとさん・実咲凛音さん・七海ひろきさんと、白服で宙組カラーの大漁旗を掲げた緒月遠麻さんがお出迎え。氷のフェニックスに迎えられ、かなめさんは劇場入りされました。中では、運動会Tシャツを着た組子たちが歌ってお出迎えしたようです。

千秋楽まで進化し続けた「白夜の誓い―グスタフ3世、誇り高き王の戦い―」

宝塚の公演に加えてセリフなどが追加された東京公演「白夜の誓い」千秋楽は、一つ一つのセリフの間が完成されていました。決して言葉が多いとはいえない脚本を、宙組子たちは完成された演技力で自然なものに仕上げていました。

凰稀かなめさんと緒月遠麻さんの会話は、間が洗練されどこで二人がすれ違うようになったのか、そのもどかしさが痛いほどに伝わりました。銀橋と本舞台ですれ違いながら歌う歌、一度足りとも視線が合わない徹底した演技。鳥肌が立ちました。

これが宙組大劇場公演のラストとなる七海ひろきさんは、ニルスとしてより熱のこもった演技を。この公演でのびのびと日々演じ、かなめさんから多くのことを学び、スターとしてのオーラを身につけたと思います。きっと星組に行っても大丈夫。そう思うことが出来ました。

そして、次期宙組トップスター朝夏まなとさんは、まさに鬼気迫る演技。思い悩む場面も、自殺を図る場面も、忠告する場面も、これまでと桁が違いました。きっと、これがトップスターとしての覚悟なんだと思います。グスタフが亡くなった後の舞台を占める絶唱、見事でした。

凰稀かなめさんと実咲凛音さん。トップコンビにもかかわらず、政略結婚の相手…という異色の間柄でしたが、徐々に心を通わせていくさまが見事。戦に勝利し帰国したグスタフがソフィアに向かって謝るシーンで、ソフィアは感極まり、涙を流します。その涙の美しいこと!演技がうまいのはもちろんなのですが、そこにはたしかにソフィアとグスタフがいたのです。また、東京公演からかなめさんのアドリブで加えられたという舞踏会の前夜にソフィアを抱き寄せる場面。決してラブラブなトップコンビと言われたわけではありませんでしたが、しっかり信頼関係を結んでいた二人に重なり、二人の名演技も相まって涙を誘いました。

ひたすら国を愛し、国のことを考えていたグスタフ3世の姿が、宙組を愛し、宙組のために走り続けていた孤高のトップスターに重なりました。幕が下りる直前の素敵な笑顔。まさに、万感のこもった表情はグスタフ3世の最期の表情であり、宙組を愛した凰稀かなめさんそのものでした。

千秋楽ならではのアドリブ満載、愛にあふれた「PHOENIX宝塚!!-蘇る愛-」

こんなに素晴らしいショーをありがとう!改めてそう思わずにはいられない作品でした。幕が開いた瞬間に、涙を流した人も多いはず。「終わりの始まり」それを感じて泣かざるをえないのが、サヨナラ公演なんです。

オープニング、シルクハットをかぶった姿の美しさ、千秋楽になってますます上がるまあ様の脚、包容力に満ち満ちたきたさんの笑顔。かなめさん・みりおんのデュエットダンスでソロを歌うまあ様の声に、いつも以上に情感がこもっていたように思います。オープニングで歌う、「約束しよう、いつかまた出会えると」という歌詞が、千秋楽に聞くと涙を誘って誘ってたまりませんでした。もう最後なのに、最後なのに…視界が曇って大変でした。その後を引き継ぐ、七海ひろきさん率いる若手スター5人の銀橋はいつもようにキラキラと、熱くお客様を釣っていました。「真紅のkiss」で客席への投げキッス、カイちゃんの全力投球に思わず客席は温かい気持ちに。

宙組でコメディが見たかった!と思わされる「伝説の宝鳥」場面は、千秋楽ならではのアドリブも。おじいさん姿で登場するかなめさんはいつも以上にヨボヨボで、おもわず桜木みなとさん(リトルチェリー)から突っ込まれていました。笑 刑事キタロールは、ふたりとも黄色いなが~いネクタイ。おそらくネクタイにはキタロールと書いてあったような?そのネクタイがマジックテープか何かで繋がり、「幸せの黄色い糸だね」と見つめ合います。そして最後にいたずらっ子めいた笑みでかなめさんがその繋がりを切る!緒月遠麻さんも思わず「何でそんなことするの~!」と絶妙の間で叫び、サヨナラ公演にもかかわらず笑いが起きていました。また、最後にかなめさんが美しいドレス姿で登場し、暗転する直前でキタさんがかなめさんに抱きつきながら「ぐっちゃん!」と一言。微笑ましい同期愛に幸せにならざるをえませんでした。

朝夏まなとさんのサラマンダーの場面はこれまで以上にキレキレで、その後のお姉さまズとの銀橋も色っぽく、あっという間に中詰めへと向かっていきます。

中詰めは、凰稀かなめ・朝夏まなと・緒月遠麻3人による雄々しい場面が熱かった!一人ずつ決めポーズ&吐息交じりの掛け声をする箇所で、

と千秋楽仕様。名前を言っているだけでカッコいい。客席に降りての中詰めの盛り上がりも最高!いつまでも終わってほしくない…その気持ちでいっぱいでした。

「愛の復活」の場面は、退団者の笑顔が何より素敵で。胸につけた退団の証の花が輝いていました。特に、宙組育ちで組を支えてきた風羽玲亜さんの歌がいい声すぎて、それを涙を浮かべながら迎え、笑顔を作って一緒に踊る宙組子を見てもらい泣きしてしまいました。りかさんが登場し、実咲凛音・朝夏まなと・緒月遠麻が迎える場面の優しい表情。この場面が、会場で一番涙をすする音が響いていたのでは?と思います。

宙組カラーを入れたドレス・燕尾姿も素敵なフィナーレは、まさに男役凰稀かなめの集大成。美しいの一言です。まあくんと二人で踊る場面。背中を押されたまあくんが、これからの宙組を背負うという意志を込めた瞳で一礼していた姿が忘れられません。みりおんとの最後のデュエットダンスは、二人の表情がとても素敵でした。お芝居・ショーを通して最初で最後のキス。ああこの二人を応援してきてよかった、心からそう思える素敵なダンスでした。これから先、「愛の宝石」を聞くたびにこの場面を思い出すに違いありません。

宙組の歴史に刻まれる凰稀かなめサヨナラショー

トップスターのサヨナラ公演ならではのサヨナラショー。凰稀かなめお披露目公演の「銀河英雄伝説」のオープニングが流れ、当時を思い出し胸が熱くなります。そしてみりおんちゃんと歌う「手を伸ばせば」もう、涙無くしては見られません。頬を寄せ合うラスト、かなめさんが何かを囁いたのでしょうか。みりおんちゃんの口が「はい」と動いたのが忘れられません。

緒月遠麻さん・純矢ちとせさんの「サンセットバレー」のデュエット、退団者たちの銀橋渡りも素敵なひと場面でした。

そして、そこからの「明日へのエナジー」。宙組が発足した時のショーの名場面で、かなめさんたっての希望で再演されたこの作品を大劇場で見ることが出来るとは。もう、このサヨナラショーは宙組の歴史に刻まれますし、この場面は宙組のものとして今後も大切に再演されて欲しいです。さすが「コーラスの宙組」、中継会場であっても驚くほどの迫力でした。宙組全員のコーラスにも負けない、宙組の歌姫美風舞良・実咲凛音の高音での超絶ソロは鳥肌モノ。この場面が終わった瞬間、映画館にもかかわらず、スタオベをしたい衝動に駆られました。

ペンライトに照らされた会場で静かに「ロバート・キャパ」の主題歌を歌い、サヨナラショーは静かに終了。かなめさんの宙組愛をひしひしと感じる30分でした。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。