【速報】ついに発表!!宙組次期トップコンビは真風涼帆&星風まどか!予想を裏切らなかった結果にファンの反応は…

間もなく朝夏まなとさんのサヨナラ公演を迎える宙組ですが、宙組次期トップコンビが誰になるのかファンはそわそわする時期を長らく過ごしてきました。そしてついに待ちに待った次期トップの正式発表が行われ、2番手である真風涼帆さんが順当にトップに持ち上がり、その相手役には研4という若さの星風まどかさんが選ばれました。新生宙組を担う真風涼帆さんと星風まどかさんがこれからどんな組を作っていくのか、多方面から掘り下げてみたいと思います!

待ちに待った宙組次期トップコンビの発表!

現在の宙組は8月18から宝塚大劇場で始まる『神々の土地/クラシカルビジュー』のお稽古が始まったばかり。

伶美うららさんをはじめとする宙組の主要娘役さんたちの一斉退団の衝撃から一夜明け、まだファンのショックが癒えないまま今度はこれからの宙組を担う人事の発表がされました。

前回の宙組公演『王妃の館/VIVA!FESTA』で宙組トップ娘役の実咲凛音さんが退団され、続いてすぐに朝夏さんの退団発表があり、2018年からの宙組を盛り上げていく次期トップコンビが一体誰になるのか、ファンがそれぞれに予想を楽しんでいたように思います。

そして先日迎えた宙組のお稽古集合日にて今後の人事発表が一気に行われました。

宝塚を去っていく人に、宙組を背負って立つことになる人。それぞれの発表が行われ、生徒さんたちもファンも気持ちの切り替えに忙しい時期ではないでしょうか。

朝夏さんの後を継いで宙組の顔となる真風さんと星風さん。新しいコンビ誕生の喜びの声と共に、2人のカラーが作り上げる宙組がこれからどんな組になっていきそうなのか、思いを巡らせてみたいと思います。

今後の宙組公演に関する記事はコチラ

伶美VS星風だった真風さんのお嫁さん候補

元気で明るくて可愛らしいイメージの朝夏さんと対照的に、セクシーでアダルトでメンズライクな魅力を持っている真風さんはとても好対照で、お2人の仲の良さを示す姿も多く見られ、理想的なトップ&2番手コンビであったお2人。

優しくて度量の大きな朝夏さんの元で伸び伸びと2番手としての魅力を高め、誰もが認める次期トップスター候補だった真風さんが無事トップに内定したことは多くのファンがホッとした発表でした。

朝夏さんをしっかりと支えつつも自身の個性を明確に発揮し、大活躍をしていた真風涼帆さんが順当に次期トップになるであろうことはある程度予想はついていたものの、その相手役となる娘役さんが一体誰になるのか、いろいろな予想が錯綜していました。

朝夏さんのサヨナラ公演となる宙組の次回大劇場公演でのヒロインは伶美さんと星風さんが同格の扱いで、先日の全国ツアーでも2人は同格の扱いでした。

その扱いを見る限りでは、真風さんのお嫁さんに一体どちらが相応しいのか劇団が競わせているように思えました。

大人っぽくて体格のいい真風さんの横に背が高くてゴージャスな伶美さんが並ぶとため息が出るほど美しく、また、経験値も豊富な伶美さんを強く推す声と、組配属がされる前から抜擢続きで超エリートコース、フレッシュでいながら実力も安定している星風さんを推す声はそれぞれにありました。

しかし、いちばん最初に発表された人事は伶美さんの退団でした。

次期トップ娘役候補だと思っていたのにまさかの退団はあまりに「まさか」すぎて、いまだにそのショックを受け止めきれないでいるファンも大勢。

そして伶美さんがお嫁さん争いからイチ抜けをして、残った星風さんがコマを進めることになったという構図に見えますが、実際のところはどうなんでしょうか。代々トップ娘役がイメージキャラクターを務めている大手スポンサーである池田泉州銀行の現役イメージキャラクターである伶美さんを1作もトップにさせなかった、というのは歌劇団としてはかなり大胆な決断をしたと言えます。

不透明だった宙組の今後にようやく青写真が描けた安心

伶美うららさんの退団という、かなり大きな出来事にファン内に激震が走りましたが、一方で今後の宙組がどんな魅力を見せてくれるのかようやく少し見えてきたことで、喜びの声も多く上がっています。

先日の宝塚巴里祭でも真風さんのフェロモン攻撃に殉死者続出で真風フィーバーを起こしていたほど、本当に大人気の真風さんのトップ就任を喜ぶ声と、100期生(研4)という若さで抜擢を受けた星風さんのあまりの可愛さに宝塚ファン以外からも反応が出ている模様。

不得手な分野の無い、安定した実力派コンビということもファンとしては安心ですし、いま最高に脂の乗っている真風さんが劇場の客席を片っ端から射抜いてくれるであろうワクワクもこみ上げてきます。

『風風コンビ』の楽しみ方いろいろ

元花組トップコンビの蘭寿とむさんと蘭乃はなさんの『蘭蘭コンビ』のように、どちらも同じ漢字が入っている新生宙組トップコンビ。

七夕に人事発表があったこともなんだかすでにロマンチックですが、この2人がこれから巻き起こしていく化学反応は一体どういうものになってくるのでしょうか?

星風さんの伸びしろを見守る

真風さんと星風さんは過去に真風さんの小劇場公演にて一度コンビを組んだことがあります。当時まだ研3だった星風さんは、ベテランである真風さんの相手でも堂々とヒロインを務めあげ、その舞台度胸と実力の高さをファンが実感する公演となったようです。

真風さんと伶美さんは誰がどう見てもお似合いの美男美女セクシーコンビでしたが、真風さんと星風さんはまだ未知数である部分がかなり大きいと言えます。

それは星風さんがまだ下級生であり、場数をそれほど踏んでいないという部分によるものでしょう。しかし、コンビの相性が未知数であるとともに、舞台人としての星風さんがこれからどのようなめざましい成長を見せてくれるのかも未知数です。

舞台人として、トップとしての星風さんの成長をファンが一緒に見守っていけることは、宝塚における楽しみ方の一つとも言えますね。

歳の差♡萌え

真風さんは92期生で現在研12。男役としてトップになるにはベストタイミングと言える次期です。

そして星風さんは100期生で現在研4。トップ娘役としては少し早い就任と言えます。

つまり、お2人の学年差は8学年。基本的にトップコンビは必ず男役のほうが上級生となりますが、8学年は割と差が開いているケースではないでしょうか。

当然ながら経験値も場数も圧倒的な差がありますが、その差を必死で埋めようと娘役さんが「ついていきます!!」と健気にトップさんに追いつこうと努力する姿はとてもいじらしく、それを大きく受け止めるトップさんの姿にも包容力を感じます。

過去には元月組の紫吹淳さんと映美くららさんはなんと13学年もの差がありましたが、余裕のある紫吹さんに必死についていこうとする映美さんが大人気でした。

大人っぽい男役さんのそばでどんどん綺麗になって、舞台人としても最高潮を迎えていく娘役さんの姿はシンデレラストーリーのようにも見えて、宝塚ファンの大好物のひとつです。

身長差♡萌え

星風さんも女性としては決して背の低いほうではありませんが、176㎝もある真風さんと並ぶと結構な差があります。並んだ時に最も美しく見える理想的な身長差というのはありますが、歳の差もあって身長の差もあれば、それはそれで娘役さんが男役さんに守られている構図に見えますし、上目遣いに男役さんを見上げる表情もとてもキュートに見えます。

年上の素敵な男性に甘えるアイドルのようなキュートな女の子、という少女漫画のような2人は星風さんの可愛さを一層引き立たせることになりそうです。

プレお披露目は1月12日@国際フォーラム

歳の差・身長差カップルであるそんなお2人にぴったりな作品は一体どんなものになるのでしょうか。ここ数年のプレお披露目公演を見ると、全国ツアーであったり中日劇場であったりドラマシティであったり、いろいろ。

演目もベルばらなどの古典から、『伯爵令嬢』『TOP HAT』『オーム・シャンティ・オーム』など新作も多く公演されてきています。

全国ツアーであれば過去の人気作品の再演という線が濃厚になりますが、真風&星風コンビは東京国際フォーラム。新作を公演する可能性が高いような気がしますね。

新トップコンビの大劇場お披露目は2018年3月16日から。朝夏さんの場合は『王家に捧ぐ歌』の再演となりましたが、真風さんには一体どんな役が与えられるのでしょうか。「あの作品が絶対合う!」「意外とこれをやってもらうのも悪くないかも」そんな風にあれやこれやと予想するのもまた楽しみですよね。

しかし、まずはその前に朝夏さんを悔いなくしっかりと目に焼き付けて、号泣しながらも盛大に送り出さねばなりません!

朝夏さん単独トップ、Wヒロイン、伶美さんラスト公演、真風さん2番手ラスト公演、という最初で最後となる貴重な要素がたくさん詰まった『神々の土地/クラシカルビジュー』を楽しみましょう!

次期宙組トップコンビに関する詳細記事はコチラ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。