宝塚歴代宙組の娘役で最も印象に残る娘役5人とは?

宝塚歌劇団の歴代宙組の娘役を見ていくと、数々の才能にあふれた魅力的なスターがいますよね。今回は歴代の宙組の娘役の中から、主演娘役の5人知られざるエピソードを交えて、ご紹介します。

宝塚歌劇団の歴代宙組の娘役を見ていくと、数々の才能にあふれた魅力的なスターがいますよね。

ここでは、歴代の宙組の娘役の中から、主演娘役の5人知られざるエピソードを交えて、ご紹介しちゃいたいと思います♪

ぜひとも最後までお付き合いくださいね。

宙組トップ娘役・実咲凜音

実咲凜音さんは、95期生として入学し、宝塚歌劇団宙組の娘役トップスタートして活躍しました。

2009年に入団して、『Amour それは・・・』で初舞台を踏んだ後、花組に配属されたが、2012年に宙組へ組み替えとなり、「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」で宙組娘役トップスターとしてお披露公演が行われたのです。

”音”がつく名前の人は、歌が得意な方に多いって、ご存知でしたか?実咲凜音さんもそんな一人です。最初の新人公演では、「天使の歌声」と評価されたぐらいです!差し入れの定番は、「ケチャップおにぎり」。なんてお茶目ですね~!

宙組トップ娘役・野々すみ花

野々すみ花さんは、91期生として入学し、宝塚歌劇団宙組の娘役トップスタートして活躍しました。

2005年に入団して、花組公演の『マケラシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』で初舞台を踏んだ後、同じ年に「落陽のパレルモ」に抜擢され、2009年に宙組の娘役トップに就任した。

”野に咲く小さな花”をイメージしてつけられたその名前。彼女は、歌・ダンス・芝居と、オールマイティな活躍を見せてくれるんですよね♪また、本名も”すみか”さんです。

小学校時代からタカラジェンヌにあこがれていた野々すみ花さん。その夢がかなって、トップスターになりました♪

宙組トップ娘役・陽月華

陽月華さんは、86期生として入学し、宝塚歌劇団宙組の娘役トップスタートして活躍しました。

2000年に入団して、花組公演の『源氏物語 あさきゆめみし』で初舞台を踏んだ後、2003年に「雨に唄えば」に抜擢され、2007年に宙組の娘役トップに就任しました。

”華”という名前は、彼女の本名の候補から来たそうです。知ってましたか?高校時代からダンスが得意で、タカラジェンヌの中でも、一押しで踊れるスターですよね♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。