【宝塚宙組 秋奈るい】新人公演 長の期を務めた実力派男役のプロフィールや経歴・お茶会の様子をご紹介。

秋奈るいさんは、歌・ダンス・芝居のバランスが良く、下級生の頃より注目されていた宝塚宙組の人気男役です。最後の新人公演となった「神々の土地」では、大役である長の期を務められ今後の活躍を期待させる素晴らしい舞台で観客を魅了されました。そんな、宝塚宙組 97期男役・秋奈るいさんのプロフィールや経歴・お茶会から見える性格など、沢山の魅力をご紹介します。

宝塚宙組 97期男役・秋奈るい

宝塚宙組(秋奈るい・あきなるい)さんは、歌・ダンス・芝居のバランスが良く、下級生の頃より注目されていた人気男役です。
最後の新人公演となった「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~」では、公演をまとめる大役 長の期を務められ、今後の活躍を期待させる素晴らしい舞台で観客を魅了されました。

既に、東京宝塚劇場公演での新人公演も終え、男役としての一つの節目を迎えられた秋奈るいさん。そんな、宝塚宙組 97期男役・秋奈るいさんのプロフィールや経歴・お茶会から見える性格など、沢山の魅力をご紹介します。

宝塚宙組 秋奈るい -プロフィール-

まずは、宝塚宙組 97期男役・秋奈るいさんのプロフィールと、これまでの主な舞台経歴をご紹介します。

  • 出身地:大阪府箕面市
  • 出身校:百合学院高校
  • 身長:169㎝
  • 誕生日:2月9日
  • 愛称:あっきーな、なっつ
  • 好きな色:エメラルドグリーン、紫、黒、白、紺
  • 好きな花:百合

主な舞台経歴

  • 2011年、97期生として宝塚歌劇団に入団。星組公演「ノバ・ボサ・ノバ」「めぐり会いは再び」で初舞台を踏まれ、その後は宙組に配属されました。
    同期生には、雪組男役(永久輝せあ・とわきせあ)さん・花組娘役(城妃美伶・しろきみれい)さん・月組娘役(海乃美月・うみのみつき)さんなどがいらっしゃいます。
  • 2012年「銀河英雄伝説 @TAKARAZUKA」新人公演:ケンプ/本役(蒼羽りく・そらはねりく)さん。
  • 2014年「ベルサイユのばら -オスカル編-」新人公演:ジャン/本役(桜木みなと・さくらぎみなと)さん。
  • 同年、全国ツアー公演「ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-」アルマン
  • 2014年~2015年「白夜の誓い -グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-」「PHOENIX 宝塚!! -蘇る愛-」イサーク、ミルヴェーデン。新人公演:ロビン/本役(星吹彩翔・ほしぶきあやと)、アデルクランツ/本役(美月悠・みつきはるか)さん。
  • 2015年、全国ツアー公演「メランコリック・ジゴロ -あぶない相続人-」クロード「シトラスの風Ⅲ」
  • 2016年「エリザベート -愛と死の輪舞-」黒天使。新人公演:シュヴァルツェンベルク/本役・美月悠さん。
  • 2017年、梅田芸術劇場メインホール・文京シビックホール公演「-朝夏まなとアメイジングステージ- A Motion 」

宝塚宙組 秋奈るい・思い出の作品は「銀河英雄伝説」新人公演

銀河英雄伝説 @TAKARAZUKA

2012年、元宙組トップ男役(凰稀かなめ・おうきかなめ)さんと、元宙組トップ娘役(実咲凛音・みさきりおん)さんのお披露目公演として上演された「銀河英雄伝説 @TAKARAZUKA」。
「銀河英雄伝説」は1982年に第一巻が刊行され、累計1500万部の売り上げを誇る大ベストセラーです。
今もなお多くのファンを魅了する、永遠のロングセラーが初のミュージカル化となるため、当時は大変話題となりました。

新人公演:ケンプ

秋奈るいさんは「銀河英雄伝説」の新人公演で、本役を人気男役・蒼羽りくさんが務められた、ケンプ役を演じられます。当時、研2であった秋奈るいさんの抜擢に大変注目されていましたが、若さ溢れる堂々とした演技で見事に大役を務められました。

大きな役の抜擢に、計り知れないプレッシャーや不安などがあったとは思いますが、それ以上に遣り甲斐があり思い出に残る役となったのではないでしょうか。

宝塚宙組 秋奈るい・「神々の土地」で長の期を務め新人公演を卒業!

新人公演 長の期

長の期とは、新人公演出演者の中から最上級生で成績が一番良いタカラジェンヌが抜擢され、その公演のまとめ役となる方です。
公演終了後には、主演男役の前に新人公演代表として挨拶をする大役を務められます。

宝塚宙組97期・最後の新人公演

2017年10月26日(木)に、「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~」の東京宝塚劇場新人公演が行われました。
長の木を務められた秋奈るいさんは、本役を(松風輝・まつかぜあきら)さんが務められた、ロシア帝国皇帝のニコライ二世を演じられ、新人公演最上級生としての落ち着いた貫禄を示し、舞台人として着実にステップアップされた姿を見せられます。

注目の最後の挨拶では、上級生やお客様・関係者の方へ感謝の気持ちを述べられました。秋奈るいさんの、一言々大切に言葉を選んで話す姿に、多くの方が胸を打たれたようです。
長の期という大役をしっかりと果たされ、秋奈るいさんは無事に新人公演を卒業されました。

宝塚宙組 秋奈るい・お茶会の様子

2016.08.20  19:15 前回のシェイクスピア東京公演以来! ウェルカムボード黒天使様使用✨✨✨ さりげなく黒い羽があるのを発見👀 すぐさまパチリ📷✨ お茶会は幸せすぎる時間だったなぁ あっという間すぎた笑笑 なんといってもゆるい!笑笑 乾杯さえもゆるくてかわいい笑 2曲歌うって言っときながら実は3曲!なんというサプライズ! もっと公演でも聴きたいです 司会の方との掛け合い好きです笑 何よりも、覚えてくださってたことが嬉しかった!😌♡ 幸せな時間をありがとうございました!!!! #takarazuka #cosmostroupe #秋奈るい #teaparty #宝塚大劇場 #エリザベート #愛と死の輪舞 #僕はママの鏡だから #青い星の上で

A post shared by mami (@mame_309) on

お茶会は、ファンクラブが主催する、ファンとタカラジェンヌとの大切なイベントです。
内容も盛りだくさんとなっており、舞台や私生活の楽しいエピソードトークやゲームで、憧れのタカラジェンヌと楽しい一時を過ごすことができます。

宝塚宙組 人気男役・秋奈るいさんのお茶会にも、毎回沢山のファンの方が参加され、掛け替えのない時間を過ごされているようです。
参加されたファンの方によると、お茶会での秋奈るいさんは「とても穏やかな性格で多くのファンと接しされ、夢の様な時間を過ごすことができた」とTwitterなどに投稿されていました。

このように、普段見ることが出来ないタカラジェンヌの性格や新たな魅力を発見できることも、お茶会の大きな魅力の一つと言えるのです。

宝塚宙組 秋奈るい・男役10年に向けて飛躍する今後の活動に期待!

新人公演を卒業され成熟した男役として、新たな宝塚人生をスタートされた宝塚宙組 秋奈るいさん。早くからその実力に注目され、新人公演では組子をまとめるという大きな大役も務められました。
男役10を迎えるまで後3年となり、今後の活躍にもさらに期待が集まっています。

現在、秋奈るいさんは宙組トップ男役(朝夏まなと・あさかまなと)さんの退団公演「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~」「クラシカル ビジュー」に出演中です。
まもなく一つの時代が終わり、新生宙組としての新たな時代を迎えようとしています。
上級生となり下級生の育成や大きな役の抜擢など、新たな重責を担う立場となりますが、宝塚宙組 秋奈るいさんの男役としての未来を大いに期待していきたいです。

神々の土地~ロマノフたちの黄昏~

【あらすじ】

1916年、ロシア革命前夜。帝都ペトログラードで囁かれる怪しげな噂。皇帝ニコライ二世と皇后アレクサンドラが、ラスプーチンという怪僧に操られて悪政を敷いている——。折からの大戦で困窮した民衆はロマノフ王朝への不満を募らせ、革命の気運はかつてないほどに高まっていた。
皇族で有能な軍人でもあるドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフは、皇帝の身辺を護るためペトログラードへの転任を命じられる。王朝を救う道を模索する彼にフェリックス・ユスポフ公爵がラスプーチン暗殺を持ちかける。時を同じくして、皇帝から皇女オリガとの結婚を勧められるドミトリー。しかしその心を、ある女性の面影がよぎって…
凍てつく嵐のような革命のうねりの中に、失われゆく華やかな冬宮。一つの時代の終わりに命燃やした、魂たちの永遠の思い出。

(出典:TAKARAZUKA REVU

この公演で秋奈るいさんは、近衛騎兵将校イズマイロフ(ドミトリーの同僚)役を演じられています。

クラシカル ビジュー

人の心を掴んで離さず、時に人を惑わせる華麗な宝石(ビジュー)。色とりどりの煌めきを放つ宙組メンバーを、あまたの宝石になぞらえた場面で構成するレヴュー作品です。伝統的な男役の美しさを体現する朝夏まなとの魅力を、様々な光を放つ宝石に投影し、その輝きを最大限に味わえるレヴューとしてお届け致します。

(出典:TAKARAZUKA REVU

【公演日程】

  • 宝塚大劇場公演:公演終了
  • 東京宝塚劇場公演:2017年10月13日(金)~ 11月19日(日)

宝塚宙組 秋奈るいの関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。