実力派伝説の元宙組男役トップスター!姿月あさとの魅力とは?

宝塚歌劇団宙組創設メンバーであり、初代男役トップスターとして活躍した姿月あさとさん。本名をもじった「ずんこさん」の愛称で多くのファンから愛され続けてきました。ここからは、姿月あさとさんの人気の秘訣を探っていきたいと思います。

宝塚歌劇団宙組創設メンバーであり、初代男役トップスターとして活躍した姿月あさとさん。本名をもじった「ずんこさん」の愛称で多くのファンから愛され続けてきました。

その魅力は、何と言っても正統派スタイルと、何度聞いても聞き惚れてしまう歌唱力。歴代トップスターの中でもトップレベル、いえ、ナンバーワンの歌唱力ではないでしょうか。

クールなヴィジュアルはもちろんのこと、長身をいかしたダンス、伸びやかアルトの美声。お芝居・ダンス・歌唱力の3拍子揃った実力派トップスターだからこそ、ファンならずとも多くの人々に注目され、魅了したのでしょう。

ここからは、姿月あさとさんの人気の秘訣を探っていきたいと思います。

月組で成長を遂げた姿月あさとのスター性

初舞台後、若手の人気男役スターがひしめいていた花組に配属されるものの、その魅力を十分にいかすことができなかった姿月あさとさん。

しかし、1993年に転機が訪れます。それは月組への異動です。この転機をきっかけに、姿月さんは急激に頭角を現します。とくに、いつの間にこれほど成長したのだろうと思わせるのは、月組バウホール公演『結末のかなた』で演じた明智小五郎役です。とにかく見惚れてしまう程の立ち姿と、姿月さん演じる役柄そのものがとにかくかっこよく描かれていましたよね。姿月さんの本領が発揮された文句なしの出来栄えで、この明智小五郎役で姿月さんの魅力の虜になった方も多かったのではないでしょうか。

その後の「Me And My Girl」では、可愛らしいフレッシュなジェラルド役を好演し、ジェラルド=姿月あさとが瞬く間に浸透していきました。月組に異動になってからは、本当に目覚ましい活躍をされていましたね。

正統派男役トップスターへ!姿月あさとの魅せる舞台とは?

多くの同期生がトップスターに就任し、華々しく活躍していく中で、姿月あさとさんのトップスター就任が待ち遠しかったのですが、ついにその瞬間が訪れます。宙組創設メンバーに選ばれ、宙組初代男役トップスターに就任。65年ぶりに宝塚歌劇団に新しい組が誕生しました。

相手役には宝塚史上最も優れた実力をもつ花總まりさんを迎え、姿月あさとさんはさらに躍進していきます。

『エクスカリバー/シトラスの風』は宝塚らしい演出で、無限の可能性を秘めた新生宙組の旗揚げ公演にふさわしい演目。トップスターとして若々しく貴重な素質を余すことなく発揮し、お芝居・ダンス・歌のどれをとっても秀逸です。「シトラスの風」では、劇場の隅々へアルトの歌声を響かせて歌うシーンが非常に印象的でした。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。