白雪さち花の抜群の魅力をファンブログからお届け!

宝塚歌劇団月組の娘役、「さちか」「さちぴー」の愛称で親しまれている白雪さち花。白雪さち花の美しい歌声と高い歌唱力は多くの宝塚ファンを魅了しています。

宝塚歌劇団月組の娘役、「さちか」「さちぴー」の愛称で親しまれている白雪さち花。

白雪さち花の美しい歌声と高い歌唱力は多くの宝塚ファンを魅了しています。今回は実際に月組の舞台を観劇したファンのブログや入り動画から、白雪さち花の魅力をたっぷり紹介したいと思います。

知っておきたい白雪さち花の基本プロフィール

北海道札幌市出身の白雪さち花は、2003年に宝塚音楽学校に入学、2005年に宝塚歌劇団に入学した91期生です。

同期には愛加あゆ、鳳真由、紫門ゆりやなどがいます。「マラケシュ・紅の墓標」「エンター・ザ・レビュー」で初舞台を踏み、月組に配属されました。

数々の公演に出演してきた白雪さち花ですが、2012年の舞台「ロミオとジュリエット」では舞台の重要な役割であるエトワールを務め、美しい歌声を披露したことは話題となりました。

また2013年の「月雲の皇子」では老婆の麻忍役、「THE MERRY WIDOW」のシルヴィアーヌ役ではコメディエンヌとしての実力も発揮し、幅広い役柄をこなす演技力も高く評価されています。

白雪さちかの魅力~抜群の歌唱力

2014年1月にバウホール公演「New Wave 月」の公演を観劇したちぃさん。

月組の舞台に魅了され、とても楽しい時間が過ごせたようで、自身のブログ「宝塚 歌劇若葉マークのヅカヲタ成長記」にはその感想がたくさん綴られています。

月組の娘役は貫禄があるように見え、中でも白雪さち花は特に大人っぽく見えたそうです。またちぃさんは白雪さち花の様子を以下のように述べています。

やはりエトワール経験もある白雪さち花、歌の上手さが秀でていることがうかがえますよね!

「宝塚 歌劇若葉マークのヅカヲタ成長記」

白雪さち花の魅力~日本物で際立つ色っぽさ

2014年5月の月組東京公演を観劇したわんちゃんさん。

自身のブログ「わんちゃん日記」においてたくさんの感想を綴っています。中でも華やかな日本物ショー「宝塚をどり」で見た白雪さち花の様子を以下のように述べています。

娘役として、女性らしさを追求し、華やかな雰囲気をまとっている白雪さち花の魅力が感じられますよね。

「わんちゃん日記」

白雪さち花の魅力~入り動画から漂う女らしさ

最後に白雪さち花の入り動画をご紹介します。

長い髪をなびかせて歩く白雪さち花の姿は、可憐でありながら、色っぽさもあり、女らしい雰囲気が漂っていますよね。

ちなみに最初に出てくる同期の紫門ゆりやとは、一緒に「TAKARAZUKA SKY STAGE」の第2期スカイ・ナビゲーターズを務めています。

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

白雪さち花も出演する宝塚歌劇のチケットならチケットキャンプへ!

今回は白雪さち花の魅力についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。チケットキャンプでは宝塚歌劇団の公演チケットも取り扱っています。自分に合った条件のチケットが検索できる、便利なリクエスト機能もありますよ!宝塚の豪華絢爛なステージを生で体感してみませんか?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。