宝塚 チケット
宝塚歌劇雪組 Shall we ダンス?で魅せる男役早霧せいなの女役の魅力!

前作「ベルサイユのばら」で男装の麗人にピッタリの美しすぎるオスカルを演じた早霧せいなが、男装ではない本物の「女役」に挑戦します。どんな新しい一面を私たちに見せてくれるのか、早霧せいなの魅力を解剖してみましょう。

11月8日より宝塚大劇場にて始まる雪組公演「Shall we ダンス?」。大人気映画の初のミュージカル化ということで、世間の注目を浴びていますが、今回は配役にも注目です。前作「ベルサイユのばら」で男装の麗人にピッタリの美しすぎるオスカルを演じた早霧せいなが、男装ではない本物の「女役」に挑戦します。どんな新しい一面を私たちに見せてくれるのか、早霧せいなの魅力を解剖してみましょう。

早霧せいなが女役初挑戦!雪組「Shall we ダンス?」

入団後、宙組に配属され、整ったビジュアルで下級生の頃より注目されていました。新人公演の主演などを務め、雪組へ組替え。当時の雪組にはいない雰囲気をもった早霧せいなは、独自の観点から男役を研究し、今までにない斬新な髪形等でファンを魅了してきました。

そんな「THE・男役」な彼女が演じたオスカルは大好評でしたね。美しさ、強さ、儚さが早霧さんとリンクして、漫画から飛び出てきたようなオスカルでした。そんな彼女が本格的な女役を演じるということで、二作連続で男役早霧せいなが観れないのは残念な反面、どんな女役に出来上がっているのか楽しみですね。

「Shall we ダンス?」で早霧せいなvs愛加あゆ?!

本格的な女役を演じるのはこれが初めてだと思うのですが、ポスターを見る限り、娘役に全く引けをとらない美しさ!トップ娘役の愛加あゆは、妻の役ということで彼女らしい包容力がポスターからもにじみ出ていてぴったり。その対照的なところにいるのが今回、早霧せいな演じるダンス教室の講師というところですかね。

ちょっと社会に疲れた男が、ふと見た瞬間に気になってしまう、そんなちょっと妖艶な魅力が普段男役を演じている彼女だからこそ表現出来ているのではないかと期待します。結末が映画と同じになるかわかりませんが、早霧せいなと愛加あゆのどちらがより魅力的なのか、女役と娘役対決はどうなるでしょう。

最後に

昨日、未涼亜希の休演が発表され、ファンは気が気ではないでしょう。それでも来週金曜日には公演が始まります。壮一帆トップ二作目、雪組がどう成長しているか期待しましょう。

宝塚歌劇 雪組 オススメ記事

いかがでしたか?チケットキャンプではShall we ダンス?のチケットを取扱中です。チケットが手に入らなかった方は、自分が欲しい条件でShall we ダンス?のチケットを譲ってくれる人を探すリクエスト機能もあるので、よかったらチェックしてみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。