芹香斗亜さんのプロフィールをおさらい&未来予想!宙組カラーを【パワフル】から【ほんわか】へ変える⁈

星組から花組にやってきて、今や誰もが認める花組2番手スターである芹香斗亜さん。しかし、ここにきてなんと宙組への組替えが発表され、大きな喪失感に襲われている花組ファン。それだけ芹香斗亜さんが花組で受け入れられ人気を築いている証拠ですが、そんな芹香さんのプロフィールをおさらいすると共に、プロフィールや経歴から見えてくる宙組での可能性を分析してみると、実は新生宙組に縁が深いことが判明しました!

2番手の組替えという【大事件】

7月10日に大劇場千秋楽を迎え、東京公演に向けてお稽古が始まろうとしている花組ですが、先日、宙組次期トップコンビや退団者の発表と共に、花組2番手スターである芹香斗亜さんの宙組への組替えも発表が行われました。

星組から組替えしてきて、ようやく「花組・芹香斗亜」という肩書きが馴染んでいた頃だっただけに、多くの花組ファンがショックを受けることとなりました。

花組生と共に大劇場の舞台に立つのは最後であったため、ご本人も組子もファンも大きな寂しさを抱えながらの千秋楽だったようです。

トップさんと2番手さんの仲の良さ・相性の良さは組人気に大きく影響するほど重要ポイントになりますが、穏やかでにこやかな明日海・芹香コンビに癒しと萌えをもらっていたファンは非常に多く、喪失感はかなり大きいようです。

とはいえ、既に決まってしまったことに嘆き続けるより、これからの花組、これからの宙組、これからの芹香さんに少しずつ想いを向けていきたいもの。今回は芹香斗亜さんのプロフィールと軌跡を再確認しつつ、「宙組・芹香斗亜」としてどんな新しい魅力を見せてくれそうかお伝えしていきたいと思います!

【花組】芹香斗亜さんについての詳細記事はコチラ

生まれから既にタカラジェンヌ!恵まれた環境と才能

  • 芹香斗亜(せりか とあ)
  • 愛称:キキちゃん
  • 出身:神戸市
  • 身長:173㎝
  • ご両親:父親 山沖之彦(野球解説者)、母親 白川亜樹(宝塚歌劇団65期生・男役)
  • 93期生(研11)
  • 入団時の成績:28番
  • 同期生:【雪組】彩風咲奈、【宙組】愛月ひかる、【宙組】蒼羽りく

お父様は元プロ野球選手、お母様は元男役さんということで、男役として恵まれた体格を持って生まれてくるであろうことが約束されたお子さんでした。

お母様の影響で幼少期から宝塚を観続けてきたそうですが、周囲からのプレッシャーに嫌気がさして思春期に入ると宝塚から遠ざかっていたとか。中学生になって再び観始めるようになり、願書〆切直前に受験を決意、たった2ヶ月で受験準備をして合格をしたという才能の持ち主です。

安蘭けいさんから「キキ」という愛称をもらったりしながら2012年まで星組で過ごし、初の組替えを経験します。新人公演主演は4度も経験し、バウ初主演は研7のとき、今年は4年ぶりに別箱公演での主演となりました。

男役としてパーフェクトな舞台姿を持ちながらも普段の芹香さんはおっとりふんわり系で、そのギャップがたまらなく可愛いと大人気の花組2番手スターさんです。

「私たちのキキちゃんを持って行かないでええ!」悲痛な叫び…

明日海りおさんのプレお披露目公演の『ベルばら』ではオスカル、大劇場お披露目公演であった『エリザベート』ではルドルフを演じたり、『Ernest in Love』でも陽気でお調子者のセレブ・アルジャノンを持ち前の陽オーラで好演するなど、花組2番手として着実に足固めをしていた矢先の組替えに、花組ファンは大ショック。

花組に来てからも必死に努力を積み重ね、立派な花男となった芹香さん。花組を、明日海さんをがっしりと支える重要な2番手スターさんを失ってしまう花組がどれほど痛手であるか、組子もファンも改めて考えるまでもありませんよね。

しかし、決まってしまった人事はもう覆すことはできません。芹香さんを含めた今回の組替えを決断した歌劇団自体も、この組替えでどんな変化が起こるか賭け半分のところはあるでしょう。

ファンにとっては、その劇団の賭けに乗ってみるほかないので、ここで気持ちを切り替えて、宙組・芹香斗亜が引き起こす変化を考えてみることにしましょう。

【真風涼帆・星風まどか・芹香斗亜】トリデンテの魅力

花組トップスターの明日海りおさんは現在ちょうどトップ就任3年を過ぎました。トップさんの一般的な在任期間は3年前後です。そろそろ芹香さんへのバトンタッチか…?というタイミングでの、組替え。

これは、芹香さんをまだトップにはできないという「一時避難」と受け取るべきなのか、他の目論見があるのか…。

劇団の目論見の推測はエンドレスですが、芹香さんがやるべきことはただ一つ。宙組でどれだけ輝けるか。

宙組次期トップコンビのプレお披露目の前に組替えとなる芹香斗亜さん。つまり、宙組は2018年からトップコンビも2番手スターもすべて一新、新しく生まれ変わるということになります。

宙組男子としての条件はバッチリ

宙組の組カラーといえば、まずは「長身」。1998年に宙組が発足してからずっと男役さんには長身の生徒さんが揃っています。男役さんの平均身長は大体168~170㎝ですが、宙組の歴代トップさんには長身さんがズラリ。

  • 姿月あさとさん(172㎝)
  • 和央ようかさん(174㎝)
  • 凰稀かなめさん(173㎝)
  • 朝夏まなとさん(172㎝)
  • 真風涼帆さん(175㎝)

そして、芹香さんの身長は173㎝。トップさんと2番手さんの並びがあまりに凸凹だと少し見栄えが良くないですが、真風さんとの並びはピッタリです!

お兄様ふたりに可愛い年下お嬢様ガールという構図

真風さんは現在研12で、芹香さんはひとつ下の研11。そして星風さんは研4。ちなみに現在3番手スターである愛月ひかるさん(173㎝)も芹香さんの同期なので研11。

ベテランの背の高いお兄様たちに囲まれる可愛らしいお姫様といった構図になるということです。

う~ん、なんだかイイ。すごくイイ。

更に、真風さんと芹香さんは星組出身。

しかも、セクシービームで客席を狙撃しまくっている真風さんは、実はおっとりほんわか癒し系キャラ。そして芹香さんもおっとりほんわか癒し系キャラ。星風さんはお嬢様育ち。

宙組は「うおおおおぉぉぉ!!」という体育会系の組カラーが有名ですが、どうやらここで一転「癒し組」になるかもしれない予感。お嬢様系カワイ子ちゃんが背の高いお兄様に囲まれてみんなでほんわか和んでいる姿が想像でき…う~ん、やっぱりなんだかすごくイイ。

このように、実は新生宙組に馴染める要素をたくさん持っている芹香さん。そう思うと、2018年からの宙組は過去にない魅力を爆発させる要素を秘めています。

まずはその前に、芹香さんには花組生として最高の輝きを残していってほしいですよね。

まさかの組替えにあわてて東京公演のチケットを手配している花組ファンが大勢いらっしゃるようですが、芹香さんを送り出す花組生の笑顔と、花組に別れを告げて宙組に旅立っていく芹香さんを見届けるべく、劇場に足を運びましょう!

芹香斗亜さん出演予定の舞台に関する記事はコチラ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。