宝塚宙組娘役・瀬音リサさん【11月退団予定】高い実力と娘役力で作品を引き締める名バイプレイヤー!神々の土地での名演も光る!

宝塚宙組が現在公演している『神々の土地/クラシカルビジュー』はトップスター・朝夏まなとさんの退団公演ですが、他にもこの作品で宝塚歌劇団を卒業していくタカラジェンヌさんが4人います。そのうちの1人、瀬音リサさんの唯一無二の魅力についてこの記事でお伝えしていきます。宝塚宙組にとってなぜ欠かせない娘役さんなのかじっくりと語っていき、瀬音リサさんがタカラジェンヌとしての最後となる貴重な公演に臨みましょう!

残念すぎた…!衝撃の退団発表

現在、宝塚大劇場にて公演中の『神々の土地/クラシカルビジュー』は宙組トップスター・朝夏まなとさんの退団公演ということで連日賑わいを見せていますが、この公演で退団する生徒さんは全部で5人。

朝夏さんは当然ながら、全員が宙組になくてはならない重要な生徒さんばかりなので、この発表はファンに本当に大きな衝撃を与えました。

伶美うららさんは次期娘役トップに王手をかけていましたし、瀬音リサさんも高い実力ゆえにどの作品でも活躍できる娘役さんでしたので、この退団発表をいまだに残念がる声も。。

今回はその瀬音リサさんがなぜそんなにも惜しまれているのか、ファンに愛されている理由をじっくりお伝えしていきたいと思います!

宙組公演に関する記事はコチラ

瀬音リサさんの基本プロフィールをおさらい

  • 瀬音リサ(せおと りさ)
  • 愛称:ありさ
  • 身長:163㎝
  • 出身:東京都荒川区
  • 93期生
  • 入団時成績:18番
  • 同期生:舞羽美海、彩風咲奈、蒼羽りく、愛月ひかる、芹香斗亜

トップさんはまだ元雪組の舞羽美海さんだけですが、彩風咲奈さんは現在雪組の2番手、芹香斗亜さんも花組の2番手、愛月ひかるさんは宙組の3番手なので、いずれまたトップさんが誕生しそうな期ですね。

しかし、ここにきて芹香さんが宙組へと組替えになることが決定しましたので、少し混戦しそうな予感。93期の行方が気になるところです。

瀬音さんは新人公演でのヒロイン経験が一度、エトワール経験は二度という実力派娘役さんです。

しかも、二度目のエトワールは重要度の高いエリザベートですので、その歌唱力は劇団お墨付きと言ってもいいでしょう。

相手役を輝かせ、成長させる娘役力の高さ

瀬音さんは高い歌唱力と演技力があり、お芝居でもショーでも活躍できる娘役さんです。近年では、『メランコリック・ジゴロ』での大人っぽい役での演技が印象に残っています。

若くてフレッシュで可愛い娘役さんは多いものの、中年役でも老け役でもなく、「色っぽい大人の女性」が演じられる娘役さんは非常に貴重です。

気だるい雰囲気で貫禄があり、好きな人をただひたすら待っていた訳アリ美女…という役柄が非常によく表現されていました。

現在大劇場で公演中の『神々の土地』でも同じように、「訳アリの大人の女性」役です。物語の核となっている「国民と貴族の悲しい対立」を具体的に表現する非常に重要な役で、瀬音さん以外には演じ切れないと言ってもいいでしょう。

そして、瀬音さんの真骨頂といえば、相手役を輝かせる娘役力です。

他の舞台女優さんと宝塚の娘役さんが決定的に違う点は、相手役となる男役さんを引き立てる使命があること。

劇団の人気を背負うトップスターは絶対的に男役であり、多くのファンは男役さんに魅力を感じて劇場に足を運びます。しかし、男役さんをそのように輝かせているのは、なによりも娘役さんの支えあってのものです。

娘役さんに求められるスキルというのは、ご自身を輝かせるスキル・男役さんを輝かせるスキルの両方が必要であり、瀬音さんは後者のスキルが特に抜きん出た娘役さんだと評価することができます。

お芝居もデュエット曲もデュエットダンスも、技術と同じくらい大切なことは芝居心。テーマとなっている世界観をどれだけしっかりと描き切り、相手役の男役さんを本気で愛して、相手役さんをどれだけその気にさせるか。

それこそが娘役さんの腕の見せ所です。

相手役となる男役さんが「やりやすい相手役」と感じてくれることは娘役として最高の誉め言葉かと思いますが、瀬音さんはまさにそのような娘役さんであったのではないでしょうか。

瀬音さんと組んだことで男役として数段ステップアップできた男役さん達も少なくないはずです。

瀬音リサさんの気になる素顔が垣間見れるお茶会

1人の舞台女優としての実力も高く、娘役として必要なスキルも非常に高いものをお持ちの瀬音リサさん。普段の瀬音さんはどんな方なのでしょうか?

スカイステージではスカイフェアリーズ、スカイレポーターズのどちらも経験しており、おしゃべり上手ということが分かりますね。

お茶会も大人気で、レポしてくれているブログがこちら。

「ぷーの宝塚とバレエ日記」

「らんすいえん♪気まぐれ 店長さん♪」

今年はついに最後のお茶会となってしまいますので、ぜひ足を運びたいところですね。

澄輝さやとさんとの切ない純愛カップル姿が素敵

これまでたくさんの男役さんと組み、凰稀かなめさんのサヨナラ公演『白夜の誓い』では朝夏まなとさん演じるリリホルンの恋人、ラウラを演じた瀬音さん。

少ない登場シーンながら瀬音さんの名演あってこそリリホルンの苦悩が滲み出た感があり、作品のテーマが一層際立ちました。さすがの娘役力です。

そして最後の役となる『神々の土地』では、澄輝さやとさん演じる貴族が想いを寄せるジプシー女性の役。

貴族のせいで苦しい生活を余儀なくされているジプシーなのに、清らかな心を持っている優しい青年貴族に求愛され、惹かれていってしまうという役どころです。

共に血の滲む思いをしてきた家族を裏切ることはできない、けど1人の女性としてどうしようもなく惹かれてしまう自分。そんな葛藤を見事に描き切っています。

宙組にとって本当に重要な役割を担っていた瀬音さんがこの作品で退団されてしまうのはとても残念ですが、最後という区切りがあるからこそ輝けるのもタカラジェンヌの美しさの一つです。

飛びぬけた娘役力を持っている貴重なタカラジェンヌ、瀬音リサさんの最後の輝きを見に、何度でも劇場に足を運びましょう!

宙組退団者に関する詳細記事はコチラ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。