【宝塚花組】ファンが「金色の砂漠」公演を心待ちにする理由

花組の大劇場公演「雪華抄 金色の砂漠」。中でも、「金色の砂漠」は演目発表時からファンの注目を集めている作品でした。花乃まりあさんの卒業公演ということもあって明日海りおさんとのコンビも最後。ファンの感想などに迫ります。

雪華抄 / 金色の砂漠感想まとめ

公演を終えた宝塚歌劇花組大劇場公演の「雪華抄 / 金色の砂漠」

  • 【宝塚花組】トップ娘役・花乃まりあ「雪華抄 / 金色の砂漠」で退団発表
  • 演目発表時から大きな話題を集めていた「金色の砂漠」。ポスタービジュアルの美しさもまるで往年の名作映画のようで、ファンの期待は高かった作品です。

    今回は、なぜ「金色の砂漠」に注目が集まっているのか、その秘密に迫ります。

    「金色の砂漠」は期待の演出家・上田久美子先生の新作

    演目発表時からファンが期待している一番の理由、それは期待の若手演出家・上田久美子先生の新作という点が大きいです。上田久美子先生は、多くのファンの心を捉える美しい世界観を作り出す天才。

    デビュー作にして異例の再演も果たした「月雲の皇子」、優しくも切ない三角関係と芸術家の業を描いた「翼ある人びと」、大劇場デビュー作・劇場で涙の洪水を引き起こした「星逢一夜」と、これまでの作品はすべて高い評価を受けており、今一番新作が期待されている演出家です。「星逢一夜」は、2017年に雪組にて早くも再演が決まっていることからも、その作品の完成度と人気が伺えますよね。

    上田久美子先生の作品の特徴は、その世界観の美しさと、物語の根底に流れる”切なさ”。ハッピーエンドではないからこそ、物語の余韻が深く心に響くのです。そんな上田先生が花組を初演出。

    トップスターが”奴隷役”!?「金色の砂漠」のストーリー

    古代の日本、ヨーロッパ、江戸時代と様々な舞台を描いてきた上田久美子先生ですが、今回舞台に選んだのは架空の砂漠の王国。その国の王女を花乃まりあさん、その王女の奴隷を明日海りおさんが演じます。未だかつて、トップスターが奴隷役を演じた作品があったでしょうか?

    美しく傲慢な王女に心惹かれるようになる奴隷と、王女の立場として奴隷を愛することを許せない王女。矜り高い奴隷は、王女を恋の前に屈服させたいと激しい思いをつのらせ、やがて報復の嵐を生む…という愛と憎しみの物語。決してハッピーエンドではありませんが、だからこそ深く深く胸を打たれることでしょう。作品自体も”トラジェディ・アラベスク”と銘打たれており、この時点でハンカチの必要性も感じますね。

    また、上田久美子先生作品で印象的なのは「翼ある人びと」のフィナーレ。物語の世界観を引き継いだフィナーレは、そこまでが本編のようでしたよね。今回の「金色の砂漠」は、和物ショーのあとにあるということで、お芝居としては珍しくフィナーレ・パレードまでつき、上田先生の世界観を堪能できます。砂漠の国、アラビアンな雰囲気のフィナーレも楽しみですね。

    「金色の砂漠」はトップ娘役・花乃まりあの卒業公演

    また、「金色の砂漠」はトップ娘役・花乃まりあさんの卒業公演でもありました。トップ娘役としての人気は長くはありませんが、最後に素晴らしい作品で宝塚生活に終止符を打ちます。娘役らしい愛らしさ・華やかさがありながらも、芯の強い女性を演じる姿が魅力的な花乃まりあさん。サヨナラ公演にして「美しく傲慢な王女」と言うのは、彼女の真骨頂となる、最後にして最大の当たり役となりました

    娘役・花乃まりあの集大成となる「金色の砂漠」。美しく悲しい物語は、今後も長く語り継がれる名作の誕生となるでしょう。

  • サヨナラショーで振り返る、花組娘役トップスター・花乃まりあの軌跡
  • 金色の砂漠を観たファンの感想まとめ

    金色の砂漠を観たファンの感想を追っていきましょう。

    金路の砂漠、DVD発売も

    2017年2月4日はブルーレイ/DVDも発売され、何度も観ている人、なかには毎日観ているというファンの声も。

    公演はすでに終了してしまいましたが、映像で何度も観られるのは嬉しい限り。
    金色の砂漠の世界に浸りましょう。

    花組おすすめ記事

  • 異例の早い再演!花組全国ツアー『仮面のロマネスク』&ショー『EXCITER!!2017』
  • 新花組トップ娘役・仙名彩世とは?入団9年目で大輪の花を咲かせる異例ヒロインの魅力
  • 【宝塚花組】「金色の砂漠」新公主演は綺城ひか理・城妃美伶の97期コンビ
  • みんなのコメント
    1. 匿名 より:

      久しぶりのコメントです、花組公演、チケット取りました、私の行事も多忙で、12月に、いきます、長崎からなんで、天気良ければ、みりおちゃん、の、大ファンで、毎回せっせと、日帰りです、皆さんで、みりおちゃん、、応援しましようね、☀
      長崎の、おばさんでした。

    2. 匿名 より:

      「スパルタカス」も奴隷でしたよね。
      トップお披露目公演が奴隷の話!って驚いた記憶が。

    3. 匿名 より:

      こんにちは。はじめてコメントさせていただきます。

      金色の砂漠、東京公演千秋楽をライブビューイングですが、みてきました。

      突然コメントをしてすみません❗

      作品としてすごく良かったです!

      あすみさんもかのさんも、本当にはまり役ですごく良かったです!

      特にかのさんの熱演により、ラストも納得!でした。

      ただ、最後のビルマーヤとジャーの関係がちょっと悲しいです…。主な登場人物は 生きて 素直に思いを遂げられない人ばかりで、せめてビルマーヤとジャーは恋人として幸せになって欲しかった…
      ゴラーズさんもそれを望んでかばったのではないかと…でもビルマーヤはゴラーズさんを愛していた…結局誰も結ばれず…重すぎませんか?

      どう思われますか?

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。