【宝塚花組】「雪華抄 / 金色の砂漠」いよいよ開幕!大絶賛が続く理由とは?

花組大劇場公演「雪華抄 / 金色の砂漠」がいよいよ幕を開けました。久しぶりのオリジナル作品2本立ては、和物ショー・お芝居ともに絶賛の声が相次いでいます。果たしてその理由は?花組公演の魅力に迫ります。

宝塚大劇場のラストを飾る作品花組・花乃まりあさんの卒業公演でもあり、「雪華抄 / 金色の砂漠」が幕を開けました。

花組にとって久しぶりのオリジナル作品でもあり、宝塚としても珍しい和物レビューも見られる今回の公演。ショーもお芝居も評判が上場で、2016年大劇場公演のトリを飾るにふさわしい作品になっています。

なぜ今回の花組公演が絶賛されているのか?公演の見どころをご紹介したいと思います。

原田先生のショーデビュー作「雪華抄」は豪華絢爛さに飽きない仕上がり

暗転からチョンパで始まる日本物レビュー「雪華抄」は、幕開きから否応なしにテンションが上がります。松本悠里先生の舞も優雅に幕空けると、男役の魅力が詰まった荒々しい枚の場面に。

そして七夕まつりをテーマにした幻想的な場面、民謡メドレーと続くと、明日海りおさんが安珍、花乃まりあさんが清姫に扮する「安珍・清姫伝説」をベースにした場面へと変わります。トップコンビとしての集大成の1つ、お芝居要素が詰まった場面は必見!そしてフィナーレでは桜の舞い散る中豪華な舞踊が披露されます。

和物レビューにも関わらずテンポよく進む「雪華抄」は、繰り返し見ても飽きない仕上がり。日本古来の美の美しさ、宝塚ならではの様式美を堪能できる作品です。

豪華な衣装を手掛けたのは丸山敬太さん

宝塚の和物といえば、豪華なお衣装が見どころの1つ。今回の「雪華抄」では、日本を代表するファッションデザイナー・丸山敬太さん(ケイタマルヤマさん)が衣装デザインに参加したことも話題となりました。

過去の着物の仕立て直しも含めて、400着ほどを手がけられたのだとか!特に最後の場面は、一人ひとり違うデザインの着物を着用していて、その豪華さは一度見ただけでは目に収めきれないほど。ぜひ、衣装の隅々まで美しさを堪能してください。

美しい舞台と緻密な芝居で魅せる「金色の砂漠」

「金色の砂漠」は、今一番新作が熱望される演出家・上田久美子先生の新作ということで、早くから注目されていました。「王族には同じ年齢の異性の奴隷が与えられる」という王国のルールも胸をくすぐりますし、何より屈折した愛情を胸に秘める明日海りおさん・花乃まりあさんのお芝居が絶品!

子供時代も、青年時代も、その先も、その時時の関係性を色彩豊かに演じられています。明日海さんファンにとっては、「春の雪」での名演を彷彿とさせるキャラクターとも言えそうです。このキャラクターを選ぶところが、さすが上田久美子先生ですよね。

見どころの多い作品ですが、特にファンが度肝を抜いたのは、「明日海りおさんが、王女の踏み台になる」というシーンかもしれません。

組子の多くに魅力的な役が当てられていて、布や映像の使い方も絶品。なんど見ても違う発見のある、物語の世界に何度も訪れたくなる、あらたな名作の誕生です。

花乃まりあの集大成!フィナーレまで見逃すな

今回の花組公演は、トップ娘役・花乃まりあさんの退団公演でもあります。和物の美しい舞姿はもちろん、「金色の砂漠」でのわがままな王女の役どころは、トップ娘役として冥利に尽きる役どころ。明日海りおさんとのヒリヒリするような芝居の応酬は、まさにトップコンビとしての集大成です。王女という役から、衣装が隅々まで豪華なのも見どころですね。

そして、忘れてはいけないのが本編に引き続き行われるフィナーレ。今回はお芝居が後者だからこそ、お芝居の世界観を引き継いだフィナーレが見られるのです。特に、ギィとタルハーミネとして踊るデュエットダンスは、本編の本当のラストといえるかもしれません。

また、パレードの最後を飾るエトワールも花乃まりあさんが担当。思えば、花組に組替えして最初の公演「エリザベート」でもエトワールでしたから、今回のエトワールには万感の思いが込められていることでしょう。いつもより長めのエトワールは、サヨナラ仕様の歌詞になっていますから、ぜひしっかり耳を澄ませてください。

初日の映像も公開されていますから、これからご覧になる方はぜひ雰囲気を予習されてから行かれては?

まだ初日が開けたばかりで、ショーも、お芝居も日々進化していくはず。上田先生のお芝居は、繰り返し見るほど深まりますから、今年の観劇納めにぜひ宝塚大劇場に足を運んでくださいね。

宝塚歌劇花組の他のオススメ記事

進化を続ける花組公演「雪華抄 / 金色の砂漠」を観に行こう


「雪華抄 / 金色の砂漠」はまだ始まったばかり、日々進化する舞台をお見逃しなく!チケットキャンプ(チケキャン)では、宝塚公演チケットを多数取り扱っています。

宝塚歌劇倶楽部編集部 イチ押し公演!

宝塚歌劇花組 「雪華抄 / 金色の砂漠」

アプリならプッシュ通知が届く「宝塚歌劇チケット定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

みんなのコメント
  1. 匿名 より:

    みりおちゃんの、大ファンです、☀12月2日に、長崎より行きます、花組の、皆さん、頑張って👊😆🎵

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。