沙月愛奈の魅力をプロフィールからその魅力を垣間見る!

沙月愛奈(さつき あいな)は2003年に宝塚歌劇団に入団し、雪組の娘役として活躍しているタカラジェンヌになります。今回は沙月愛奈のプロフィールなどを中心に紹介していきたいと思います。

沙月愛奈(さつき あいな)は2003年に宝塚歌劇団に入団し、雪組の娘役として活躍しているタカラジェンヌになります。

神奈川県相模原市出身で、「あゆみ」の愛称で親しまれており、これまでに数多くの作品で宝塚の舞台に立っています。

今回は沙月愛奈のプロフィールなどを中心に紹介していきたいと思います。

沙月愛奈のプロフィールを紹介します!

沙月愛奈は2001年に宝塚音楽学校に入学し、2003年に第89期生として宝塚歌劇団に17番目の成績で入団をします。

入団後すぐに行われた月組公演の「花の宝塚風土記/シニョール・ドン・ファン」で赤を基調とした衣装に、白いハートの柄が胸についている可愛い衣装で、同期生と共にロケットを披露し、その後雪組に配属になりました。

沙月愛奈はダンスがとてもうまく、2008年に公演された「ミロワール」では当時2番手スターであった彩吹真央のデュエットダンスの相手に抜擢されたり、2009年の「ロシアン・ブルー」ではペトリューシカのバレリーナ役で、高度なバレエ技術を宝塚の舞台で披露しています。

沙月愛奈の主な出演作品を紹介します!

沙月愛奈がこれまで宝塚の舞台に立ってきた作品数は25作品を超えており、様々な役を演じてきています。

沙月愛奈が出演してきた作品を一部紹介したいと思います。

  1. 2006年 『ベルサイユのばら-オスカル編』新人公演
  2. 2008年 『君を愛してる-Je t’aime-』新人公演/『ミロワール』
  3. 2009年 『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-』 新人公演/『RIO DE BRAVO!!』
  4. 2012年 『JIN-仁-』/『GOLD SPARK! -この一瞬を永遠に-』
  5. 2014年 『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』
  6. 2014年 『一夢庵風流記 前田慶次』/『My Dream TAKARAZUKA』

ここで紹介した他にも数多くの作品で歌や高度な技術でもあるダンスを披露しており、これからも活躍が期待できるタカラジェンヌでもあります。

沙月愛奈のお茶会を紹介します!

宝塚で活躍をしているタカラジェンヌには多くのファンがおり、連日行われている宝塚歌劇団の公演には多くの観客が観劇を楽しんでいます。

舞台に立っているタカラジェンヌは、各タカラジェンヌにファンクラブが存在したりし、ファンクラブが開催するイベントなどで、普段なかなか見れないタカラジェンヌの素顔が見れたりもします。ファンクラブが開催するイベントの1つとして挙げられるのが、お茶会です。

お茶会では、普段見れないタカラジェンヌの素顔や、その時に公演している舞台の裏話、歌やダンスを披露してくれることもあり、その他、ゲームや写真撮影などファンならぜひ参加してみたい企画が多々準備されています。沙月愛奈もお茶会を開催しており、多くのファンが参加していますよ!

お茶会ならではの企画も満載ですので、ファンになったらぜひ参加してみてください!

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

沙月愛奈の舞台を見に行きませんか?

これまで沙月愛奈を紹介してきました。ダンスの技術だけではなく、多くの舞台での沙月愛奈の存在感は凄いものがあります。そんな沙月愛奈が出演している舞台を見に行きませんか?チケットキャンプでは沙月愛奈が所属する宝塚歌劇団の雪組公演チケットを取り扱っております。チケットを検索して、沙月愛奈のダンスや演技ぜひたのしんでくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。