桜良花嵐の魅力が伝わる画像やお茶会の参加方法まで徹底解剖!

桜良花嵐(さくららからん)は、2011年に宝塚音楽学校に入学。2013年に99期生として宝塚歌劇団に入団しました。「たま」の愛称でファンに親しまれている桜良花嵐。ここでは、桜良花嵐の性格を、ファンブログを通して徹底解析してみましょう。

桜良花嵐(さくららからん)は、2011年に宝塚音楽学校に入学。2013年に99期生として宝塚歌劇団に入団しました。

初舞台は、宝塚歌劇団雪組公演「ベルサイユのばら~フェルゼン編~」でした。その後、宙組に配属され、数多くの舞台で活躍しています。2014年7月28日付けで、雪組への組替が発表されました。

「たま」の愛称でファンに親しまれている桜良花嵐。ここでは、桜良花嵐の性格を、ファンブログを通して徹底解析してみましょう。

桜良花嵐の初舞台の様子を魅力的に紹介【1C通信】

名古屋にある学校の学級通信のブログに、桜良花嵐の初舞台の様子が綴られていました。

2013年4月23日に開演された宝塚歌劇団雪組公演「ベルサイユのばら~フェルゼン編~」で、舞台に登場した桜良花嵐。

99期生39人が、ステージに整列し、中央には桜良花嵐。代表として口上を述べる大役を果たしたとのこと。

桜良花嵐の緊張している様子が伝わってきたそうです。

そんな姿を見ながら

と述べています。さらに舞台の魅力についても、詳細に語っています。

大舞台で大役を果たした桜良花嵐のこれからに期待したいですよね♪

「1C通信」

桜良花嵐の魅力ある画像を紹介【拝啓 花の道から】

あやかDXさんは、自身のブログ「拝啓 花の道から」で、タカラジェンヌの魅力的な画像を紹介してくれています。

中でも、99期成が、初舞台の練習を終え出てきた画像に注目!

桜良花嵐の姿がうつされていますよ♪はにかむような笑顔は、まさしく桜良花嵐ですよね。

初舞台は、新人のタカラジェンヌにとっては、緊張する大舞台。

同期とともに、レッスンに余念がないようです。

他にも、99期生の画像がたくさん載せられているので、チェックしてみてくださいね。

また、毎回のように更新されており、桜良花嵐が少しずつタカラジェンヌらしくなっていく姿も見ることができます。

「拝啓 花の道から」

桜良花嵐のお茶会に参加するには?

桜良花嵐は、2013年に宝塚歌劇団に入団したばかりの新人さんです。つまりタカラジェンヌの中では下級生ということになります。

お茶会は、「会」と呼ばれるファンクラブが主催して行われる交流会の場。新人の桜良花嵐の「会」が結成されるのは、残念ながらもう少し先になりそうです。

宝塚歌劇団の最大の楽しみは、贔屓のタカラジェンヌを新人のころから応援することですよね♪

桜良花嵐を応援する「会」できたら、すぐにでも申し込んでみてはいかがでしょう。お茶会に参加するチャンスも高くなります。

まずは、お手紙を出して応援していることを直接伝えてみてください。桜良花嵐からの返事が届くかもしれませんよ。

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

桜良花嵐が出演する宝塚歌劇団の公演チケットは、チケットキャンプで!

チケットキャンプでは、宝塚歌劇団の宙組公演チケットを取り扱っています。入手困難が予想される公演チケットでも、譲ってもらえる人を探せるリクエスト機能がおすすめ!あきらめずに是非チェックしてみてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。