雪組トップスター・早霧せいな!宝塚大劇場卒業!宝塚歌劇団卒業の最後の日まで残りわずか!早霧せいなの魅力を素敵な画像と共に余すことなくご紹介!

2017年5月29日に、雪組トップ男役・早霧せいなさんが宝塚大劇場を卒業されました。誰からも愛される早霧せいなさんの性格とは?相手役・咲妃みゆさんへの思い・お茶会・グッズ・公演レポ・Twitterで話題!人気の私服画像など、早霧せいなさんの魅力をまとめて一挙にご紹介します!!卒業のその日まで、雪組トップスター早霧せいなさんから目が離せません!!

2017年5月29日・雪組主演コンビが宝塚大劇場を卒業

2017年5月29日(月)、雪組トップ男役(早霧せいな・さぎりせいな)さんと雪組トップ娘役(咲妃みゆ・さきひみゆ)さんが、惜しまれつつも宝塚大劇場を卒業されました。

『ちぎみゆ』の愛称で親しまれ、誰からも愛される主演コンビの卒業とあり、退団パレードには6000人の観客が集まりました。

宝塚卒業を間近に控えた早霧せいなさんのお茶会や私服、退団公演の様子。そして相手役、咲妃みゆさんへの思いなど余すことなくご紹介します!

組子思いのトップ男役・早霧せいな

まずは、早霧せいなさんのプロフィールなどからご紹介します!

  • 出身:長崎県佐世保市
  • 身長:168㎝
  • 入団:1997年87期生
  • 初舞台:宙組「ベルサイユの薔薇2001」

初舞台後は宙組へ配属となります。

  • 新人公演初主演作品:2006年「NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-」

2009年2月24日付けで雪組へ組み替えされます。その後2014年9月1日付けで、雪組トップ男役に就任。

  • プレお披露目公演:2014年日生劇場公演「伯爵令嬢」
  • 大劇場お披露目公演:2015年1月「ルパン三世-王妃の首飾りを追え!-/ファンシー・ガイ!」

まるで王子様?私服もオシャレな早霧せいな!

舞台では、何事にも真面目に取り組み、王子様のような早霧せいなさん。

オフではリーダシップが強い性格で組子を愛し、相手役を愛す、温かくて優しいトップ男役さんです。
「絆」を大切に雪組をまとめてこられ、数多くの素晴らしい舞台を作り上げてこられました。

お洒落な私服・画像

早霧せいなさんの楽屋入りなどの私服がお洒落と、Twitterでも話題となっているようです!

Twitterで人気の早霧せいなさん私服画像を、まとめてご紹介します。

スタイルが良く、ファッション誌がら出てきたような早霧せいなさん。
早霧せいなさんの楽屋入りの私服を、楽しみにされているファンも多いようです。

早霧せいな監修グッズ

キャトルレーヴなどで発売されているグッズ。トップスターになるとスター監修グッズが発売されます。

車がモチーフで、早霧せいなさんのセンスや個性が光るグッズが揃っています。

相手役・咲妃みゆ

トップ就任から早霧せいなさんと、一緒に歩み続けてきた相手役・咲妃みゆさんをご紹介します。

  • 出身:宮崎県児湯郡
  • 身長:160㎝
  • 入団:2010年96期生
  • 初舞台:月組「スカーレットピンパーネル」

初舞台後は月組に配属となります。

  • 新人公演初ヒロイン:2012年「ロミオとジュリエット」

2014年1月29日付けで雪組へ組み替えされます。その後、2014年9月1日付けで雪組トップ娘役に就任。

  • プレお披露目公演:2014年「伯爵令嬢」
  • 大劇場お披露目公演:2015年1月「ルパン三世-王妃の首飾りを追え!-」

ずば抜けた演技力や歌唱力で、観客を魅了する咲妃みゆさん。オフでは宝塚の娘役らしい雰囲気で、ふわっとした穏やかな性格でありますが、努力家で芯のある素敵な女性です。

早霧せいな、相手役・咲妃みゆへの思い

ファンの間でも、理想のカップルとして人気がある雪組主演コンビのお二人。早霧せいなさんが、相手役・咲妃みゆさんへの思いを「退団発表記者会見」「退団会見」でこのように語られました。

~相手役の咲妃みゆについて~
「今振り返ってみても、彼女なくしては今の私はありませんので、この縁に感謝する気持ちでいっぱいです。最後の日まで、咲妃とそして雪組の仲間たちとともに、今の雪組だからこそ醸し出せる空気感を大切に、舞台をお届けできればと思います。」(出典:TAKARAZUKA REVU

Q. 相手役・咲妃 みゆに対しての気持ちは?
A. 一緒に歩んでくれてありがとう、という気持ちです。3年近く一緒にやってきたので、目を見るだけで彼女の想いは伝わってきましたし、隣にいてくれるだけで安心できました。(出典:TAKARAZUKA REVU

宝塚大劇場サヨナラショーについて


サヨナラショーとは、本来トップスターメインのナンバーが7割を占めることが多いにも関わらず、早霧せいなさんのサヨナラショーでは、相手役の咲妃みゆさんとのデュエットダンスの割合が4割という異例の構成に。
この構成について、早霧せいなさんは「咲妃と相談して決めた」と話しています。このことからも、早霧せいなさんと咲妃みゆさんはお互いに心から信頼、尊敬していることがわかりますね。「ちぎみゆ」は本当に、強い絆で結ばれているのでしょう。
ファンの人からも、このサヨナラショーは「ちぎみゆにしか出来ない」「ちぎみゆにぴったり」と高評価のようです。

早霧せいな宝塚大劇場、最後のお茶会

2017年4月30日(日)宝塚ホテルにて早霧せいなさん、宝塚大劇場最後のお茶会が開催されました。

気になるお茶会レポなど、まとめた情報をご紹介します!

お茶会レポ

早霧せいなさんのお茶会レポは、基本的に禁止されているようです。なので今回は、お茶会に行かれTwitterに投稿されたファンの声をご紹介します!

沢山の方が参加され、握手もあったようです。ファンにとっては最高の思い出となったのではないでしょうか。

雪組・宝塚大劇場千秋楽「幕末太陽傳/Dramatic”S”」

2017年5月29日(月)に行われた、早霧せいなさんの退団公演「幕末太陽傳/Dramatic”S”」の楽屋入り・楽屋出の様子・公演レポ・退団会見をお伝えします。

千秋楽・楽屋入り

雪組生全員が待つ楽屋口に、真っ白なスーツの上下で現れた早霧せいなさん。
赤い「絆」と書かれた法被を羽織り、赤べこのお神輿に担がれ涙で楽屋に入られました。

千秋楽・退団公演レポ(Twitterから)

これまでの早霧せいなさんの軌跡が全て詰まっていて、涙なしでは見られない公演となったようですね。

千秋楽・楽屋出

お天気にも恵まれ、パレードには6000人が殺到されたようです。

袴姿の早霧せいなさんは、笑顔で宝塚大劇場に別れを告げられました。

退団会見

「今日はありがとうございました。無事に宝塚大劇場を卒業することができ、ホッとしております。皆様に今の気持ちをお伝えしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。」

記者会見では、以下のような質疑応答がありました。

Q. 今の気持ちは?
A. 宝塚大劇場は“タカラヅカに入りたい”という思いを抱いた原点の場所であり、その夢が叶い、このように充実した気持ちで今日を迎えられて本当に幸せです。これまで応援してくださった皆様の温かさに、感謝の気持ちを舞台でお返ししていきたいとあらためて思いました。

Q. 今日一日を振り返って
A. 朝の楽屋入りのセレモニーから、ファンの皆様や雪組の皆の温かい想いにグッときました。ショーの「絆」(第16~17場 「Snow Troupe・絆」)のシーンでもいろいろな苦難を乗り越えてきた雪組の仲間たちの目を見て、今日は気持ちが高まり涙があふれてしまいました。

Q. サヨナラショーについて
A. お客様に楽しんでいただきたいという想いで、私が雪組トップとして務めた作品の中から、印象深いナンバーを選びました。

Q. 最後の衣装に袴を選んだ理由
A. これまで私は和物のお芝居が多く、「袴のイメージがある」と周りからおっしゃっていただいたからです。それはとても嬉しいことですし、やはりこの緑の紋付袴は宝塚歌劇団でしか着ることができないので袴に決めました。

Q. 最後に宝塚大劇場の大階段から見た光景は?
A. お客様や出演者からの熱気が伝わってくるのを感じ、世界中探してもこの光景に勝るものはないと思いました。

Q. あらためて感じた宝塚歌劇団への想い
A. 先輩方が築き上げてくださった宝塚歌劇への感謝の気持ちでいっぱいです。この気持ちを忘れず、今後の人生も歩んでいきたいと思います。(出典:TAKARAZUKA REVU

大劇場千秋楽を終え、これまで歩んできた思いや、宝塚への感謝の気持ちを涙で語られました。

雪組トップ男役・早霧せいな!宝塚卒業のその日まで・・・

宝塚大劇場を惜しまれつつも、無事に卒業された早霧せいなさん。

東京公演千秋楽は、2017年7月23日(日)です。この模様は全国各地・台湾・香港の映画館でライブ中継されることが決まっています。

宝塚卒業の最後の日まで、早霧せいなさん率いる雪組から目が離せません。

早霧せいな・関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。