龍真咲ディナーショー「Goodbye Fairy」 見どころは?

2016年秋、宝塚を退団する龍真咲さんディナーショー「Goodbye Fairy」の開催が決まりました。龍さん独自の良さを間近で感じられる最後のチャンス。今回はディナーショー「Goodbye Fairy」について特集します。

2016年秋、宝塚を退団する龍真咲さんディナーショー「Goodbye Fairy」の開催が決まりました。龍さん独自の良さを間近で感じられる最後のチャンス。今回はこのディナーショーについて特集します。

豊かな歌唱力と明るいキャラクター、そしてキラキラオーラが魅力の宝塚 トップスター龍真咲さんが、月組公演「NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-」「Forever LOVE!!」2016年9月4日の千秋楽をもって宝塚を卒業します。そんな龍真咲さんが宝塚卒業に際して送るビッグサプライズがこのディナーショーです。

サヨナラ公演の宝塚大劇場公演と東京公演の間という、超過密スケジュールにもかかわらず開催が決定しました。昨年秋の「DRAGON NIGHT!!」に続き今月の「Voice」でコンサートを連続上演し、魅惑の歌声をたっぷりと楽しませてくれたところなので、「まさお押し」ならずとも、ヅカファン狂喜のまさに驚きの企画です。

龍真咲ディナーショーは2011年以来

龍真咲がディナーショーを行うのは2011年の「Hot Fairy」以来。
「Hot Fairy」では大まかに下記のような構成の1時間となっていました。

・ポップフェアリー
・ミュージカルフェアリー
・MC
・ジャズ・フェアリー
・クラシック・フェアリー
・MC
・バウ・フェアリー
・ファイナル・フェアリー

ところどころのMCで会場名を言い間違えて照れを見せるなどかわいらしい一面と、それぞれの演舞時にはキリッとかっこよく歌い踊りあげる龍真咲さんのギャップがとてもすてきだった「Hot Fairy」。今回の「Goodbye Fairy」ではどんな構成になるのでしょうか。楽しみですね。

龍真咲ディナーショー 演出担当はお馴染み藤井大介先生

演出担当はコンサートでもお馴染みの藤井大介先生。いつも熱の入った演出で龍真咲さんの良さを余すところなく引き出してくれるので、もしかして龍真咲さんの純粋なファン? と思うほどです。それだけにツボを心得ていることも保証済み。

コンサートでは、龍さんを竜宮城の亀に変身させ話題を呼びましたが、次はどんな戦略でくるのでしょうか。藤井先生と言えば、すぐ思い浮かぶのは「男役に女装」です。龍真咲さんはまだあまりやったことがないだけに、もしかしてと期待される方も多いのではないでしょうか。宝塚卒業のタイミングなだけに、これは可能性が高いかもしれません。

ショーなかばで衣装替えのために退出し、次に客席から登場するタイミングは要注目。スタイル抜群の龍真咲さんのドレスアップ姿は期待できますね。

ディナーショーに出演するメンバーは、主演者が決める場合がほとんどだそうで、龍さんがどんな下級生を選ぶのかも気になります。一緒に退団する生徒が選ばれるケースも少なくないようですが、下級生との絆がより一層感じられるのは間違いありません。

演じてきたキャラクターを歌うのか、有名ミュージカル曲か、はたまた現代ポップスか…歌唱力抜群の龍さんならどんな名曲も思いのまま。そしてディナーショーならではのエンディングは白いファーを肩にかけて。バラードを歌い上げる頃には、これが本当に最後だという実感とともに、お客様の涙を誘うことでしょう。

龍真咲さんの他の記事の情報はこちらから♪

龍真咲ディナーショー 退団前の素敵なひとときを

約1時間の濃密なショーを共有するスペシャルなひとときは、ディナーショーならでは。龍さんの退団を惜しむファンにとって、これ以上ないプレゼントですね。月組トップスター龍真咲のリアルな姿を味わえる、最後のチャンス。ディナーショー「Goodbye Fairy」これはもう見逃せません。

龍真咲さんを間近で見られるチャンスは貴重ですね!。チケットキャンプ(チケキャン)では宝塚のチケットを取り扱い中です。チケットが手に入らなかった方、良席をお探しの方は是非チェックしてみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。