蘭寿とむの退団記念、舞台、スペシャルDVD 厳選5選を一挙大公開!

蘭寿とむ(らんじゅ とむ)は宝塚歌劇団の卒業生になり、2014年の2月から5月に行われた『ラスト・タイクーン ―ハリウッドの帝王、不滅の愛―/TAKARAZUKA∞夢眩』で退団しました。今回は蘭寿とむがこれまでに出演したDVDを紹介します。

蘭寿とむ(らんじゅ とむ)は宝塚歌劇団の卒業生になり、2014年の2月から5月に行われた『ラスト・タイクーン ―ハリウッドの帝王、不滅の愛―/TAKARAZUKA ∞ 夢眩』で宝塚歌劇団を退団しました。

入団後に花組に配属され、その後宙組、最後に2011年に古巣である花組に異動し、トップスターとして活躍をしてきました。

宝塚歌劇団では数多くの主演を務めてきており、輝かしい経歴をもって退団した蘭寿とむ。今回は蘭寿とむがこれまでに出演したDVDを少し紹介したいと思います。

蘭寿とむのDVD、最初は「蘭寿とむ 退団記念DVD「人夢-とむ-」―思い出の舞台集&サヨナラショー ―」です。

蘭寿とむ 退団記念DVD「人夢-とむ-」―思い出の舞台集&サヨナラショー ― をAmazonでチェック!

最初に紹介するDVDは「蘭寿とむ 退団記念DVD「人夢-とむ-」―思い出の舞台集&サヨナラショー ―」です。

蘭寿とむが退団する記念として制作されたDVDとなっており、蘭寿とむのファンが満足できる内容のDVDになっています。

ここで内容を少し紹介したいと思います。

  • 蘭寿とむインタビュー
  • 退団記者会見
  • 舞台映像ハイライト
  • 初舞台口上、ロケット
  • これまでに出演してきた舞台

宝塚歌劇団で活躍をしてきた蘭寿とむがわかるDVDになっています。宝塚歌劇公式facebookで「蘭寿とむ 退団記念DVD「人夢-とむ-」―思い出の舞台集&サヨナラショー ―」の概要が視聴できる動画が配信されています。

ぜひ動画も参考にしてみてくださいね!

蘭寿とむ 退団記念DVD「人夢-とむ-」―思い出の舞台集&サヨナラショー ― をAmazonでチェック!

蘭寿とむのDVD、次は「花組 宝塚大劇場公演DVD『ラスト・タイクーン ―ハリウッドの帝王、不滅の愛―』 『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』」です。

花組 宝塚大劇場公演DVD『ラスト・タイクーン ―ハリウッドの帝王、不滅の愛―』 『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』をAmazonでチェック!

次に紹介するDVDは「花組 宝塚大劇場公演DVD『ラスト・タイクーン ―ハリウッドの帝王、不滅の愛―』 『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』」です。

DVDに収録されている舞台が、蘭寿とむの卒業舞台になっています。『ラスト・タイクーン ―ハリウッドの帝王、不滅の愛―』は20世紀のアメリカ部8ん額を代表する作家でもあったフィッツジェラルドの未完のの長編小説が原作になっています。

『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』は、華やかなショーになっており、100周年への願いが込められたものになっています。映像特典では稽古風景や一部のみですが、別アングル映像などが収録されています。蘭寿とむ最後の舞台作品になっているので、ファンの方必見のDVDです!

花組 宝塚大劇場公演DVD『ラスト・タイクーン ―ハリウッドの帝王、不滅の愛―』 『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』をAmazonでチェック!

蘭寿とむのDVD、次は「蘭寿とむ Special DVD-BOX 「TOM RANJU」」です。

次に紹介するのは「蘭寿とむ Special DVD-BOX 「TOM RANJU」」です。

予約限定販売品になっており、現在は販売されていないDVDになっています。Special DVD-BOXはシリーズ化されており、元宙組トップスターの大和悠河や元雪組トップスターの壮一帆、元宙組トップスターの大空祐飛などが過去に販売しています。

Special DVD-BOXはA4変形サイズになっており、2DiscとCDの構成になっており、購入特典として、蘭寿とむ作詞「Aitai」直筆歌詞カードやA4変形サイズのオリジナルカラーポスターが9枚など豪華な特典になっています。

内容は、Disc1がオリジナル収録映像となっており、「Aitai」のスペシャルビデオクリップやスペシャルメイキング映像などが収録されており、Disc2には選りすぐり舞台映像が収録されています。

またCDには音楽配信などで好評だった曲を多く収録しており、CD化されていない楽曲も収録されているというスペシャルCDです。蘭寿とむファンにはたまらないDVD-BOXになっていますよ!

DVD-BOXは、レアアイテムなので、見つけたらぜひゲットしたいですね

Special DVD-BOX TOM RANJUをAmazonでチェック!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。