宝塚歌劇の夏の恒例イベント:宝塚巴里祭

今年も7月に開催される宝塚巴里祭。なぜ7月に開催されるのか、どんな内容なのか、誰が出演するのか…など宝塚巴里祭2016の情報をまとめました。普段めったに一緒に公演しないメンバーの共演にも注目!

宝塚歌劇において、年末の「タカラヅカスペシャル」と同様に夏の風物詩ともいえるイベントになっているのが「宝塚巴里祭」です。宝塚巴里祭は通常のディナーショーやコンサートとは違い、宝塚歌劇伝統の柱のひとつとなっているシャンソンをメインに構成されるディナーショーとなっています。

毎年7月に行われるのは、宝塚作品の題材としてもなじみ深く、そして宝塚歌劇の発祥においても欠かすことのできないフランスを思い起こさせるようになっているため。フランス革命が行われた7月14日は「革命記念日=巴里祭」と呼ばれ、それを記念して年に1回開催されるディナーショーが「宝塚巴里祭」なのです。

宝塚巴里祭は2009年から2011年には開催がありませんでしたが、2012年から再開。数々のスターが巴里祭を行い、各組の中堅男役スターが主演として、数名のメンバーとともにその歴史を刻んできました。

2016巴里祭出演者

例年この巴里祭は通常の同時期に行われる公演と並行しているため、誰が主演なのかファンの注目度も高いのですが、今年は星組二番手紅ゆずるさんと選抜メンバーとなりました。

<構成・演出>
石田昌也

<出演者>
(星組)紅ゆずる
七海ひろき、天寿光希、音波みのり、愛水せれ奈、夢妃杏瑠、十碧れいや、天華えま、小桜ほのか(宝塚歌劇公式サイトより)

星組トップと二番手スターの意外な関係

ここ数年の巴里祭の傾向は、専科スターの主演が続いていました。紅さんは大劇場公演をはさんで今年1月にも自身のディナーショーを開催していますから、二番手スターとしては珍しいディナーショー連続出演ということになります。

巴里祭に出演する星組メンバー以外は、お休み組を除けばトップスター北翔海莉さん主演のバウホール公演「One Voice」、そして若手のためのワークショップ公演「Bow Singing Workshop」を控えています。
2015年の北翔さんの星組トップ就任以来、今のところ大劇場公演以外では共演の機会がないことになるトップ二番手スターふたり、ということにもなります。

舞台上でのふたりのかけあいは、「ガイズ&ドールズ」そして「こうもり」と、まだコメディタッチなもの限定となってしまっています。そのため、現在発表されているかぎりでは紅さんと北翔さんふたりのシリアスかつ、がっつりと絡んだお芝居を観られるのは2016年9月上演の大劇場公演「桜花に舞え!」を待たなくてはならないようです。

共演者の個性にも注目

紅さんを支えるメンバーとなるのが、昨年「キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン」で初共演を果たした七海ひろきさん。
芝居の確かさには定評がありますから、演出家石田先生ならではのお笑い場面もきっと演じきってしまうことでしょう。

そして、天寿光希さんは紅さんを中心としたユニットグループとして人気を博した紅5のメンバーであったり、音波みのりさんなど中堅となる娘役もそろっていて、星組で共に長く一緒にいた下級生であるため、巴里祭になると期待できます。

さらには星組の次世代を担う男役として期待されている天華えまさんが抜擢されていることにも注目。小桜ほのかさんはその歌唱力と清楚な姿で人気が高い下級生娘役です。全方位どこからみても楽しむことのできるよう考えつくされた巴里祭になりそうで、今年も期待が高まりますね…!。

いつもとは違った贔屓を楽しむチャンス

ディナーショーというとどうしても敷居が高いと感じてしまいがちですが、シャンソンをしっとりと唄いあげるスターをじっくりと観ることのできるのは、もう宝塚でもこの「巴里祭」だけとなっていますから、いつもとは違う夏の風物詩「宝塚巴里祭」を楽しんでみてはいかがですか?

宝塚巴里祭情報はこちらから♪

宝塚巴里祭の公演はこちら

シャンソンをじっくりと聞けるのは宝塚巴里祭だけ!宝塚巴里祭のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。