宙組朝夏まなとお披露目公演!「王家に捧ぐ歌」のあらすじ

>宝塚歌劇宙組の大劇場公演「王家に捧ぐ歌」。これは星組で初演された作品の待望の再演です。ヴェルディのオペラ「アイーダ」を元にしたこの作品が、新生宙組でどう上演されるのか期待が高まっています。今回は、王家に捧ぐ歌のあらすじと見所を紹介します。

宝塚歌劇宙組の大劇場公演「王家に捧ぐ歌」。これは星組で初演された作品の待望の再演です。ヴェルディのオペラ「アイーダ」を元にしたこの作品が、新生宙組でどう上演されるのか期待が高まっています。

また、この作品は宙組の新トップスター朝夏まなとのお披露目公演

今回は、王家に捧ぐ歌のあらすじと見どころについて解説します。

宙組「王家に捧ぐ歌」で描かれる古代エジプトの悲恋と平和への祈り

「アイーダ」を宝塚バージョンとしてミュージカルにしたこの作品は、2003年に星組で初演され、芸術祭優秀賞も受賞した名作。公式HPに掲載されているあらすじは、

世界中で親しまれているオペラ「アイーダ」の世界を、華やかな宝塚歌劇で上演します。ラダメス、アイーダ、アムネリスの恋の三角関係はドラマチックで、まさに宝塚歌劇団向きです。

それに加え、演出脚本の木村 信司先生は社会的メッセージを込めた作品を発表されることが多く、今作品では「戦いは新たな戦いを生むだけ」という平和への希求も強く込められています。1本物ならではの重厚な作品に仕上がりそうです。

宙組「王家に捧ぐ歌」は朝夏まなとのトップお披露目公演

この作品は、凰稀かなめの後を継ぐ朝夏まなと・実咲凛音の新宙組トップコンビのお披露目公演でもあります。

朝夏まなとさんは手足がスラッと長く、スタイルが良いので古代の黄金のお衣装がさぞお似合いでしょう!星組初演当時も、湖月わたるさんのトップお披露目公演の演目でした。お披露目公演にふさわしく、朝夏まなとさんの魅力が伝わる舞台になるのではないでしょうか。

朝夏まなとさんは繊細なお芝居、伸びやかな歌声に加えて、長い手足を生かしたダンスに定評のある男役さん。今回は一本ものということであまりダンスシーンは作中にはないと思いますが、まあくん仕様の豪華フィナーレでそのダンスが楽しめるのではないかと期待しています。また、花組時代からコンビを組むこともあった実咲凛音さんとの息もピッタリ。デュエットダンスも楽しみです。そして、早く次の作品でショー作品が見たいですね!

宙組「王家に捧ぐ歌」の配役予想

「王家に捧ぐ歌」の主要キャスト、ラダメス、アイーダ、アムネリスの配役が気になります。初演の時はラダメスを湖月わたるさん、タイトルロールのアイーダを当時男役二番手の安蘭けいさん、アムネリスをトップ娘役の檀れいさんが演じていました。新人公演でも、ラダメスを柚希礼音さん、アイーダを麻尋しゅんさん、アムネリスを陽月華さんが演じています。

今回の宙組公演では、アイーダを誰が演じるのでしょうか。星組から組替えで真風涼帆さんが来られるので、今後宙組の2番手はおそらく真風涼帆さんです。しかし、アイーダは歌唱力の求められる役。実力派娘役トップで、歌唱力も歴代随一の実咲凛音さんが演じるのでは無いかという見方が大きいです。

風と共に去りぬのスカーレットのように、真風涼帆さん

や愛月ひかるさん

澄輝さやとさん

など路線スターで役替りするという可能性も高いですが、実咲凛音さんを適材適所の配役にするなら、アイーダが一番ではと思います。

対するアムネリス。これは伶美うららさんではないか?と思います。

初演の檀れいさんは、歌唱などに不安があるものの、その美貌で絶賛された娘役さん。非常に美しい伶美うららさんの持ち味とも被ります。

主要な役どころ以外にも、ウバルド(アイーダの兄)、ケペルとメレルカ(エジプトの兵士でラダメスの親友)、カマンテとサウフェ(エチオピア王家の元家臣)などが活躍しそうです。宙組の男役がどう配役されるのか、楽しみですね。親友役に真風涼帆さんが来るのでは…と予想しています。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。