宝塚 星組公演「One Voice(ワンボイス)」は今の星組を感じられる舞台!

退団が発表された星組トップスターの北翔海莉さんと妃海風さん。お二人がバウホールで主演する「One Voice(ワンボイス)」に期待が集まります。専科より夏美ようさん、美城れんさの出演も決まり既にチケットが人気困難になりつつあるOne Voice(ワンボイス)、その見どころをお伝えします。

2016年7月上演予定の宝塚・星組公演「One Voice(ワンボイス)」。公式からの退団発表により、トップコンビふたりによる貴重なバウホール公演になることが判明しました。
公演のみどころはさることながら、トップスター退団前の舞台としては異例ずくめとなった経緯、これまでの星組公演との関わりを含めてその概要を紹介していきます。

星組トップコンビと選抜メンバーが奏でる珠玉のハーモニー!

先ごろ2016年11月東京宝塚劇場公演もって退団することが発表がされた、星組トップスターコンビ北翔海莉さんと妃海風さん。
その公演の前に上演されるおふたりを中心としたバウホール公演「One Voice」は、そのタイトルの通り北翔さんが持つ美しい歌声に焦点を当てたものになるということで、今の星組の選抜メンバーが加わりそれぞれの歌のパワーを凝縮して魅せてくれることでしょう。

2016年明けから公演し、好評を博したディズニーと宝塚のコラボレビュー「LOVE&DREAM」とはまた一味違った舞台になりそうです。

歌声をひとつに・・・
https://twitter.com/takarazuka_club/status/735641296723808256
星組公演「One Voice」
公演期間:2016年7月3日(日) – 7月12日(火) 宝塚バウホール

星組公演「One Voice」トップコンビのバウ公演は珍しい?

宝塚歌劇自体の歴史を振り返ってみると、1990年代にトップスターが退団前にバウ公演をすることはよくありましたが、この20年はその慣例はなくなっていました。
ですから、「One Voice」は近年では異例の公演といえるかもしれません。

通常、退団前のトップスターさんや異動などの前の路線スターさんには、宝塚の慣例としてトップさんと数人の組子が参加するホテルでのディナーショーが開催されます。
「One Voice」はいわばそのディナーショーの代わりといえる公演です。
その理由はラジオ「ビバタカラジェンヌ」などで北翔さんが解説されていたように「通常のディナーショーではなく、ひとりでも多くの方に自分たちの姿を観てもらうため」に、あえてバウホール公演を希望されたため。
北翔さんの言葉には、通常のお芝居とショーによる退団公演とはまた違う自分たちをファンにみてほしいという志が感じられますね。

コンサート?お芝居?その融合が星組「One Voice(ワンボイス)」の魅力

まだその内容の詳細は発表されていませんが歌を中心とする、という紹介からコンサート形式での公演なのかと思いきや、その後に発表されたキャストに専科より夏美ようさん、美城れんさんというおふたりの参加が決まり「もしかしてお芝居形式の舞台?」という憶測も呼んでいる「One Voice」。

星組は同時期に紅ゆずるさん主演のディナーショー「巴里祭」、そして壱城あずささんのコンサートと3分割されています。
その星組の中でも「LOVE&DREAM」には参加しなかった「One Voice」に下級生が参加するなど、自分たちが残せるものを組に残そう……!という北翔さんの配慮が感じられます。

「One Voice(ワンボイス)は」本拠地宝塚でのみ開催される公演

またこれも異例なことですが、「One Voice(ワンボイス)」は、現在のところ歌劇の本拠地宝塚だけでの開催で東京での上演は決まっていません。

ファンにとっては退団公演の直前にトップコンビの役ではなく素の活躍を観ることのできる貴重な公演、北翔さんの公演を数多く手がけて誰よりも北翔さんの魅力を引き出すことができる演出家岡田敬二先生が関わることで、期待度もグングン上がっています。


https://twitter.com/uririn3984/status/736374928107151360
チケットがすでにどこにもないと嘆くファンが続出している「One Voice」、これから明らかにされる内容からも目が離せませんね。

「One Voice」情報はこちらから♪

  • 星組バウ「One Voice」の出演者と北翔海莉の主演
  • 星組公演「One Voice」の公演はこちら

    「One Voice」(ワンボイス)チケットキャンプ(チケキャン)で。

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。