宝塚の北島マヤこと元宙組トップ娘役の野々すみ花の魅力を徹底解剖!

2012年に宝塚を卒業した元宙組トップ娘役の野々すみ花さん。現役時代は「宝塚の北島マヤ」として演技力に注目を浴び、卒業後の今はミステリーハンターに、舞台に、ドラマにと大活躍しています。野々すみ花ちゃんの魅力を宝塚時代の活躍を元に熱く語ります。

2012年に惜しまれつつも宝塚を卒業した元宙組トップ娘役の野々すみ花さん。

「宝塚の北島マヤ」と言われる驚異的な演技力で早くから注目を集めていました。卒業後の今は、ミステリーハンターに、舞台に、ドラマに…と大活躍しています。

とにかく可愛い!過去最高の娘役と言っても過言ではない野々すみ花ちゃんの魅力を、宝塚時代の活躍を元に熱く語ります。

野々すみ花ちゃんの宝塚時代を振り返る

野々すみ花さんは、2005年に初舞台を踏んだ91期生。京都の農家の生まれで、宝塚が好きだったお父さんに小さい頃から宝塚に入れと言われて育ったそうです。暗い倉庫から明るいところに行く練習をしたり、実家の手伝いをしながら練習をしたり。「もんぺが似合う」とも言われる異例のタカラジェンヌでした。

花組に配属され、研1の時の「落陽のパレルモ」で主人公の少年時代に抜擢。研1とは思えない演技で、存在感を見せてくれました。「泣き」の演技に泣かされた人も多かったのではないでしょうか。
2007年、研3で「明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴-」で新人公演初主演。この公演では、本公演の時に主要な3役を演じるという難役に挑戦もしており、新人公演を含めると4役。その才能たるや!演技力も、本役さんを食っていた…と言う評価も多いほど。

その年には、バウホール公演で初ヒロイン。「舞姫」のエリスという役を見事に演じました。本当にエリスが底にいるような演技は圧巻。研3とは思えない実力!

望海風斗さんとコンビを組んだ「太王四神記」の新人公演は、新人公演場馴れした出来栄えだと絶賛されましたよね~。

そして、「銀ちゃんの恋」で相手役を務めた大空祐飛さんとともに、2009年に宙組トップ娘役に就任。2012年に卒業するまで、「ゆひすみコンビ」の愛称で組子にもファンにも愛される素敵なトップコンビとしてたくさんの夢を見せてくれました!

「宝塚の北島マヤ」野々すみ花は圧倒的な演技力で魅せる

野々すみ花の魅力第一は、その演技力。北島マヤばりの憑依系娘役で、天才的な演技センスとも言われました。研1の時からレベルが違いましたからね…。

「舞姫」エリスでの終盤の壊れてしまった演技の透明感と悲しさ。「銀ちゃんの恋」小夏の、プライドの高い…でも弱くて優しい女性の役。「カサブランカ」での、悲しい恋愛に揺れ動く大人の女性。どの役も当たり役にしてしまうその演技力に惚れ込むファン続出です。

特に、大空祐飛さんとのトッププレお披露目公演「大江山花伝」のラストの長台詞は、泣かされました…。セリフだけで舞台を埋める、それで観客の心を動かす。それをやってのけたすみかちゃん。「すみ花が泣くと世界が泣く」と評した人がいるほど、心に迫る演技なんです。

役作りのために、娘役にも関わらずバッサリショートにしたエピソードも有名ですよね。「誰がために鐘は鳴る」のマリア役は、純粋な演技がとても光っていました。大空祐飛さんの大人の魅力を存分に引き出す最高の娘役だったと思います。ラストの別れのシーンは、何度見ても泣ける…。

大空祐飛さんの方がかなり学年が上なので、大人っぽい役が多かったように思いますが、学年差も感じさせないその演技は圧巻でした。「ヴァレンチノ」では、ゆうひさん演じる主人公よりも包容力の必要な大人の女性でしたが、何の違和感もない、素晴らしいコンビでした。

「クラシコ・イタリアーノ」のミーナのような蓮っ葉な役もお似合い!天然のドジっ子の役を、あんなに普通に演じられるのはすみかちゃんだけだと思います。

あと、すみかちゃんは「母親女優」としても有名ですよね。子供を産む役・身籠る役が多かった笑。それも、すみかちゃんが母性をしっかり表現できる稀有な娘役だからだと思います。

透き通る声が野々すみ花ちゃんの魅力

すみかちゃんの声は、珍しいタイプの声だなあと思います。特に、台詞を話すときの声。空気が多いというか、水分が多いというか…とても耳に心地よいんです。身体表現だけでなく、声でもしっかり演技ができるのがすみ花ちゃんの魅力!

今の娘役トップだと、雪組の咲妃みゆちゃんも声の系統が似ている気がします。そういえば、咲妃みゆちゃんも憑依系娘役として演技力で注目されていますよね。2人…似ているかも?

野々すみ花ちゃん本人は歌が苦手だったそうですが、この涼やかな声で紡がれるメロディ、素敵でしたよね。特に、物語性のある歌が素敵でした。サヨナラショーでも歌った、「誰がために鐘は鳴る」の「寝袋と巻き煙草」という歌が特に芝居心溢れて素敵です。もう、これは必聴ですよ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。