元宝塚 蘭乃はなが再度「エリザベート」でシシィに挑む!

宝塚歌劇団の公演ではなのに、宝塚ファンから注目を浴びる公演があります。それが東宝ミュージカルの「エリザベート」です。

宝塚歌劇団の公演ではなのに、宝塚ファンから注目を浴びる公演があります。それが東宝ミュージカルの「エリザベート」です。

昨年末、今年6/13(土)から上演されるキャストが発表され、ヅカファンの間に驚きが走りましたよね。そこに掲載されていたのは、誰もが認めるシシィ、花總まりさんと共に、「エリザベート」のシシィで退団したばかりの蘭乃はなちゃんの名前がありました。

退団公演で見せた完成度の高いシシィをもう一度、観る事ができる喜びを胸に、今回は、退団公演の「エリザベート」を引き合いに、6/13(土)から始まる東宝版「エリザベート」での、蘭乃はなちゃんの魅力をお伝えします!

元宝塚・蘭乃はな主演ミュージカル、東宝版「エリザベート」詳細はこちら!

今回の「エリザベート」でのシシィは、蘭乃はなちゃんが憧れる花總まりさんとのWキャストで役替公演となります。憧れの花總さんから多くのことを吸収するに違いないですよね。また、一気に若返った他のキャストの方々も見所の一つですので、公演詳細を再度確認しましょう!

「エリザベート」
6/13(土)~8/26(水)
会場:帝国劇場
料金:S席13,500円、A席 9,000円、B席4,000円

帝国劇場 ミュージカル『エリザベート』の公式サイトはこちら

元宝塚・蘭乃はなのシシィの演技力の高さに勝る者なし

「エリザベート」のシシィは、宝塚のレパートリー作品の中で、難役中の難役ですよね。自由奔放な一人の少女が結婚し、宮廷社会の荒波に揉まれ、人生の辛酸を知り尽くして年老いていく過程を一人で演じなければならないからです。

元々、表現に巧みな技術を持っている蘭乃はなちゃんですが、退団公演となった「エリザベート」では、透明感のある純粋無垢な少女と、そこから強い意志を持った女性への成長する様子を一人の人物として演じきり、「エリザベート」という作品の歴史に名を刻みました。

その芯の通ったシシィは、宝塚の娘役の枠をも超越した一人の人間そのものでした。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。