星組バウホール公演『燃ゆる風』名将竹中半兵衛波乱の生涯を描ききる!

2017年1月12日から上演予定の宝塚歌劇星組バウホール公演『燃ゆる風』。今回の舞台は七海ひろきさんの初主演公演。星組でも特に人気の高い男役さんですので期待度もどんどん高まっています。さてここから『燃ゆる風』の登場人物や、史実からわかるおおまかあらすじからその内容を予測してみましょう。

星組 燃ゆる風の見どころ

moyuru-kaze-takenaka

2017年1月12日から上演予定の宝塚歌劇星組バウホール公演『燃ゆる風』。星組でも特に人気の高い男役七海ひろきさんの初主演公演とあって、期待度もどんどん高まっています。

この舞台『燃ゆる風』の登場人物や、史実からわかるおおまかあらすじからその内容を予測してみましょう。

【星組バウホール公演『燃ゆる風』は時代劇】

2017年1月に上演予定の星組バウホール公演『燃ゆる風』。星組には珍しいといわれ続けてきた前回の大劇場公演『桜華に舞え』に引き続いての和物、さらにいうなら戦国時代劇物となります。

主演キャストには七海ひろきさん、そしてヒロインには真彩希帆さんがすでに発表されています。まだ時代劇の歴史は勉強中!という星組ファンのためにこの舞台で扱われる時代背景と、みどころを予想をふまえつつ検証していきましょう。

【星組公演『燃ゆる風』竹中半兵衛はどんな役?】

『燃ゆる風』の時代は、織田信長、そして豊臣秀吉の時代となる安土桃山~戦国の世です。主人公竹中は、頭脳明晰にして無欲で誠実。

秀吉が将来天下人になると見込んで彼の下で軍師参謀として仕えることを決心します。とはいっても様々な小説やドラマ、映画の題材になるほどドラマティックな人生を描かれている竹中ですが、史実としてはっきりしていることはとても少ないひとなのだそう。

ですから誰もが知ってることの多い人生を歩んでいる例えば織田信長などとは違って、新しいエピソードを盛り込むこともできる役ともいえます。

【星組公演『燃ゆる風』その他の重要キャスト】

そして竹中以外に主要な役として登場するであろう人物も紹介しておきましょう。

竹中の正室いね

竹中の妻となるいねは前述した通り、この公演をもって雪組に異動になる真彩希帆さん。歌の評価が高い彼女ですから、きっと名場面ができることでしょう。

ただあらすじから気になるのは得月院という彼女の出家後の名前も一緒に明記されているところ。つまり展開としては竹中の死後まで描くということでしょうか。

豊臣秀吉

竹田が仕えたことで有名な戦国武将、秀吉はやはり外せません。

黒田官兵衛

竹中と同じように、軍師として秀吉に仕えたのが黒田です。この舞台では友情を結ぶとして紹介されていますから、演じるスターは美味しい二番手?となる可能性が高いとみられます。

【『燃ゆる風』演出家は鈴木圭先生】

この舞台『燃ゆる風』の演出は、鈴木圭先生。宝塚全体としては、2013年の花組公演『戦国BASARA』から約3年ぶりとなる脚本、演出作品となります。

また2009年に史上初の宝塚とゲーム作品とのコラボ公演として内外から話題になった、宙組公演『逆転裁判』シリーズを手掛けています。ゲームの世界と宝塚歌劇の世界両方を壊さないようにつくられた演出は、好評を得ました。

七海ひろきさんとつながりのある演出家

そしてディープな七海さんファンなら知っている方も多いかもしれませんが、実はこの鈴木先生は七海さんとは不思議に縁のある演出家なのです。

2007年宙組公演『THE SECOND LIFE』では七海さんは冒頭事故で死んでしまうピアニストの役でしたが主演だった北翔海莉さん演じるマフィアの身体を借りて恋人に会いに行くという、奇想天外なコメディ。

しかしラストの感動シーンまで持っていき舞台として成立させるほどの力をみせつけてくれました。さらには『逆転裁判2』では、もっとも重要な役として抜擢され最後にあっといわせる芝居をみせて観客を驚かせました。

この『燃ゆる風』も、七海さんが信頼する、また演出家が七海さんをよく知っているからこそ実現したタッグなのかもしれませんね。

宝塚星組公演のオススメ記事はコチラ!

【星組公演『燃ゆる風』はスター発掘の場】

moyuru-kaze-takenaka

(出典:無料素材photo AC

基本鈴木先生の作品は、愛するひとをまっすぐに思う主人公を描いているものが多いので『燃ゆる風』でのふたりのラブラブぶりも見逃せません。

またバウ公演は下級生にとっては少人数で取り組む分見せ場も多い、やりがいのある舞台です。これまで目立たなかったスターの飛躍の場にもなりますから、その点も同時に楽しみたいですね。人気の宝塚歌劇星組公演のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

みんなのコメント
  1. うみ より:

    七海さんの単独主演のこの公演、本当に楽しみ!!
    ポスターのイケメンっぷりにまずときめいたのですが、作品の内容が「友情」や「正室いねとの愛や絆」などを描いた日本物…という所にかなり期待度が上がっています。
    七海さんって和物のお衣裳も似合いますね♪
    端正なお顔立ちに、戦国武将のお衣裳が素敵すぎます。
    そして、ヒロインの真彩希帆ちゃん。
    人を惹きつける稀有な歌声を持っている可愛い娘役さんで大好きなので、七海さんとのコンビが今から楽しみです♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。