宝塚 チケット
萌花ゆりあのプロフィールから魅力溢れるお茶会を調べてみた!

萌花ゆりあは1999年に宝塚音楽学校に入学おし、2001年には成績が13番目で宝塚歌劇団に入団をします。宙組で行われた初舞台後は、月組に配属され、その後、20以上の舞台に立ち、様々な役を演じてきました。

萌花ゆりあは和歌山県和歌山市出身で、2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団し、役柄は娘役です。同期には月組のトップスターでもある龍真咲などがおり、萌花ゆりあも様々な舞台で活躍しています。2001年に行われた宙組公演「ベルサイユのばら2001」で初舞台を踏み、その後月組に配属されました。今回は様々な舞台で活躍を続ける萌花ゆりあを紹介したいと思います。

萌花ゆりあのプロフィールを紹介します!

萌花ゆりあは1999年に宝塚音楽学校に入学おし、2001年には成績が13番目で宝塚歌劇団に入団をします。宙組で行われた初舞台後は、月組に配属され、その後、20以上の舞台に立ち、様々な役を演じてきました。2011年には当時月組トップ娘役として活躍していた蒼乃夕妃が怪我をし、部分休演となった「Dance Romanesque」でフィナーレの女Sという役の代役を務める程の実力の持ち主です。
演技だけではなく、歌やダンスも上手い萌花ゆりあは今後も目が離せない女優ですよ!

萌花ゆりあの主な舞台作品を紹介します!

萌花ゆりあが宝塚歌劇団に入団してから出演した舞台はディナーショーなども含めて25作品近くになります。主な作品として、入団後すぐの2004年に公演された「飛鳥夕映え – 蘇我入鹿 -」新人公演から始まり、2007年に行われた「MAHOROBA」/「マジシャンの憂鬱」新人公演、2013年には「ベルサイユのばら -オスカルとアンドレ編-」や「JIN-仁-」/「Fantastic Energy!」の2作品などがあります。

どれも彼女らしい演技や歌、ダンスなどが楽しめ、2004年の入団当時から2013年の作品に至るまで萌花ゆりあの成長が分かります。
これからも様々な舞台の中心的な役を演じていく萌花ゆりあをぜひ見てください!

萌花ゆりあのお茶会に参加しよう!

宝塚では多くのタカラジェンヌが日々活躍をしており、多くのファンがタカラジェンヌを応援しています。宝塚では「宝塚友の会」というのがあり、トークショーなど様々なイベントを開催してくれていますが、その他に タカラジェンヌとの交流の場として、私設ファンクラブが開催する「お茶会」があります。このお茶会には萌花ゆりあも参加しており、私設ファンクラブが様々な企画やゲームなど考え、それをファンと一緒に楽しむことができます。

普段なかなか聞くことができない舞台の裏話や休みの日の話や、歌などを聴くことができ、ファンにとってはかけがえのない時間を過ごすことができます。

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

萌花ゆりあの公演チケットを手に入れるならチケットキャンプで!

これまで萌花ゆりあを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?宝塚歌劇団の月組で活躍を続ける萌花ゆりあはこれからも様々な舞台で華やかな娘役を演じ、ファンを楽しませてくれます。そんな萌花ゆりあが所属する宝塚歌劇団月組公演を見に行ってみませんか?チケットキャンプでは萌花ゆりあが所属する月組公演のチケットを取り扱っております。これからも華麗に演じる萌花ゆりあを応援しましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。