美風舞良の舞台での魅力をファンブログからひも解く!

美風舞良(みかぜまいら)は、1994年に宝塚音楽学校に入学。1996年に82期生として宝塚歌劇団に入団しました。初舞台は、宝塚歌劇団月組公演「CAN-CAN/マンハッタン不夜城」でした。

美風舞良(みかぜまいら)は、1994年に宝塚音楽学校に入学。1996年に82期生として宝塚歌劇団に入団しました。

初舞台は、宝塚歌劇団月組公演「CAN-CAN/マンハッタン不夜城」でした。入団当初は花組に所属。宙組が1998年に新たに発足したと同時に、宙組に配属され娘役として数多くの舞台で活躍しています。

2014年7月28日付で、宙組の副組長に就任することが発表されました。「あおい」「まいら」の愛称でファンに親しまれている美風舞良。ここでは、美風舞良の性格を、ファンブログを通して徹底検証してみましょう。

宝塚歌劇団宙組の娘役、美風舞良の舞台での魅力を紹介【夢を運ぶ「白い家」ル・フェーヴル】

2008年2月から5月にかけて開演された宝塚歌劇団宙組公演「黎明の風/Passion 愛の旅」での、美風舞良の魅力を紹介してくれているファンブログ「夢を運ぶ「白い家」ル・フェーヴル」。

この舞台の中で美風舞良は、東京ローズの役柄を演じていたとのこと。

その様子について、

とコメントしています。さらに

とも。娘役としてファンを虜にしてしまう美風舞良の素晴らしさが伝わってきます。

「夢を運ぶ「白い家」ル・フェーヴル」

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。