真地佑果の魅力をファンブログとプロフィールから垣間見る!

真地佑果は2008年4月に宝塚音楽学校に入学。2010年に第96期生として宝塚歌劇団に入団しました。「まち」、「まっち」の愛称でファンに親しまれている真地佑果。今回は、真地佑果の性格を、魅力を綴るファンブログを通して徹底検証してみましょう。

(まちゆうか)は、2008年4月に宝塚音楽学校に入学。2010年に第96期生として宝塚歌劇団に入団しました。

初舞台は、宝塚歌劇団月組公演「スカーレット・ピンパネール」です。その後、雪組に配属され、男役として活躍し、ファンを魅了しています。同期には、蘭舞ゆう、咲妃みゆ、和希そらがいます。

「まち」、「まっち」の愛称でファンに親しまれている真地佑果。今回は、真地佑果の性格を、魅力を綴るファンブログを通して徹底検証してみましょう。

真地佑果が出演する宝塚歌劇団雪組新人公演「ベルサイユのばら~フェルゼン編~」の魅力

「健全な夜のおたのしみを求めて」

2013年に開演された宝塚歌劇団雪組の新人公演「ベルサイユのばら」の様子を紹介してくれている夜野愉美さん。

自身のブログ「健全な夜のおたのしみを求めて」で、その素晴らしさについて綴っています。主役を演じたタカラジェンヌのことはもちろん、真地佑果の演技についても感想を述べています。

この新人公演で真地佑果は、ランベスク侯爵とアルマンの役柄を演じていました。本公演では、鳳翔大が演じています。

そのシーンについて

と感想を述べています。最後には、

と結ばれています。真地佑果の今後の活躍に期待したいですね♪

男役として魅力を発揮する真地佑果の舞台での様子を紹介『新・ワタシ的宝塚』

「新・ワタシ的宝塚」

宝塚歌劇団の舞台をブログで紹介してくれているナムタンさん。 

雪組の新人公演「一夢庵風流記 前田慶次」について自身のブログ「新・ワタシ的宝塚」で紹介してくれています。

タイトルは「面白かった!!~『前田慶次』新人公演。

と述べています。その中で、

とコメント。真地佑果の演技に大満足したようですね。

雪組の未来を担う男役として、真地佑果の活躍に今後も注目していきたいですよね。

真地佑果のお茶会に参加するには?

タカラジェンヌとファンの交流の場であるお茶会は、ファンクラブが主催で開催されます。真地佑果のお茶会に参加するには、ファンクラブの存在が不可欠です。

近い将来、真地佑果が宝塚歌劇団雪組の本公演に出演する頃には、お茶会の開催の告知もされることでしょうね。その前に、真地佑果にお手紙を出して、応援する気持ちを伝えてみてはどうでしょう。

ファンを大切にする真地佑果からのお返事が届くかもしれません。真地佑果を贔屓して、男役としての成長を見守っていくのも、宝塚歌劇を楽しむ醍醐味のひとつですよね♪

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

真地佑果が出演する宝塚歌劇団雪組の公演チケットは、チケットキャンプにおまかせ!

チケットキャンプでは、宝塚歌劇団の公演チケットを取り扱っています。入手困難な公演チケットでも、譲ってもらえる人を探せるリクエスト機能がおすすめです。あきらめずに是非チェックしてみてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。