真愛涼歌のプロフィールから歌を堪能できる動画をご紹介

100年の歴史をもつ宝塚歌劇団の中で、花組と並んで最も歴史がある月組。 そんな月組で娘役として活躍する真愛涼歌の魅力をご紹介します。

100年の歴史をもつ宝塚歌劇団の中で、花組と並んで最も歴史がある月組

そんな月組で娘役として活躍する真愛涼歌の魅力をご紹介します。

真愛涼歌のプロフィール紹介

真愛涼歌は、大阪府東大阪市出身の月組娘役を演じているタカラジェンヌです。

2004年に第92期生として宝塚音楽学校に入学し、2006年に同期生である真風涼帆らと共に宝塚歌劇団に入団しました。

宙組が公演する『NEVER SAY GOOD BYE』で初舞台を踏んだあと、月組に配属されています。

【動画付】真愛涼歌の美声と主な出演履歴

ここでは、初舞台から2014年までの主な出演履歴をご紹介します。

  • 2006年 宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」 初舞台(口上・ラインダンス)
  • 2010年9月 新人公演「ジプシー男爵」クニグンダ役
  • 2013年1月 新人公演「ベルサイユのばら オスカルとアンドレ編」ジャルジェ夫人
  • 2014年1月 月組公演「風と共に去りぬ」メイベル役

続いてご紹介するのは、真愛涼歌が一人で歌を披露する動画です。

映画「タイタニック」の主題歌にもなり、現在でも名曲として多くの人に愛されているセリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」を、美しく女性らしい高音のなかに力強さを感じさせてくれる歌声で唄っています。

真愛涼歌は、歌唱力に定評のあるタカラジェンヌのひとりですので聞いたことがない方は、ぜひ聴いてみてくださいね。

真愛涼歌 – My heart will go on

真愛涼歌のお茶会やトークショーに参加してみよう!

真愛涼歌を知らなかった人でも、思わず聞き惚れてしまう美声だったのではないでしょうか。彼女のことをもっと知りたい!と思ったら、ぜひお茶会やトークショーなどのイベントに参加してみてくださいね。

私設ファンクラブが開催するお茶会では、間近で生徒さんを見られる以外にも会販グッズの購入や、お茶会だからこそ聞ける舞台裏のお話などを知ることができます。舞台上の姿だけでなく、真愛涼歌の性格や素の姿を知ってさらにファンになること間違いなしですよ♪

お茶会は、ファンクラブやお手紙を通して案内されることが多いので、ぜひ機会があれば参加してみてくださいね。

いかがでしたでしょうか?今回は、月組の娘役として活躍する真愛涼歌をご紹介しました。透明感ある美しい歌声と、愛らしい娘役の姿でもっともっと活躍の場を広げていって欲しいですね!

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

真愛涼風が出演する宝塚歌劇団・月組の公演を観にいこう!

聞き惚れてしまう真愛涼歌の歌声を生の舞台で聞いてみませんか?チケットキャンプでは、宝塚歌劇団・月組の公演チケットを取扱中です。人気があって予約が取り難いチケットでも諦めないで!チケットキャンプでは、欲しいチケットをアピールできるリクエスト機能を用意しています。ぜひ活用してみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。