「黒豹の如く」で宝塚を卒業するタカラジェンヌの挨拶まとめ

3/27(金)に東京宝塚劇場で初日を迎える「黒豹の如く / Dear Diamond!!」は、宝塚歌劇を代表するゴールデンコンビ、柚希礼音・夢咲ねねの卒業公演。今回退団するのはちえねねだけでなく6名。他の4名にも注目してみましょう。

3/27(金)に東京宝塚劇場で初日を迎える「黒豹の如く / Dear Diamond!!」。この公演は、宝塚歌劇を代表するゴールデンコンビ、柚希礼音・夢咲ねねの卒業公演です。

本拠地宝塚での千秋楽では、過去最高となる1万人のファンがお見送りに訪れ、まさに柚希礼音レジェンドとなりましたよね。

今回の公演を持って卒業するのは、ちえねねのお二人だけではありません。他にこの公演を持って退団する4名のジェンヌさんを紹介します。今回退団する6名の姿が見られるのも、3/27(金)から5/10(日)まで。ぜひ、彼女たちのタカラジェンヌ姿を目に焼き付けてくださいね。

黒豹の如くで退団する95期の逢月 あかりさん

逢月 あかりさんは、栄光の95期の一員。実は、2007年に放送されたドキュメンタリーで、花組の真鳳つぐみさんとともに密着紹介されたジェンヌさんです。

有名ダンススクールの出身ということだけあり、華のあるダンスと、おっとりとした、癒し系の存在で非常に魅力的な娘役さんでした。サヨナラショーで、柚希礼音さんに満面の笑みで抱きついていた姿が忘れられません。宝塚千秋楽でのお花渡しは、同期の礼真琴さん。しっかりとした落ち着いたご挨拶は、ジーンときました。

憧れだった宝塚の世界。逢月あかりとして夢中で過ごした6年間は私にとってかけがえのない宝物です。思い返すと胸が熱くなるほどの経験は、私にたくさんのことを教えてくれました。星組生でいられて幸せでした。
私を応援し、支えてくださった全ての皆様に感謝の気持ちをこめまして、本当にありがとうございました。
(出典:ヅカテレビ )

黒豹の如くで退団、「萩の月」のCMにも起用されている海隼人さん

90期の海隼人さんは、端正な美貌とダンスが魅力のジェンヌさん!仙台出身で、元雪組トップスターの朝海ひかるさんの後を継いで、2007年から「萩の月」のCMにも出演されています。

ぺっちゃんのダンスは、群舞のどこにいても目を引く魅力的なものだったので、本当にご卒業が惜しいです…。ご卒業後も、また活躍される姿を見たいですね。

宝塚千秋楽のお花渡しは、同期の如月蓮さん。

私は今とても幸せです。海隼人として生きることができた11年間。振り返ってみると険しい山や谷ばかりで、1人では越えられなかった道のりも必ず誰かが救いの手をさしのべて下さり、ここまでたどり着くことができました。今となってはどんな経験も自分を強く成長させるための良い経験でした。この時代に、このときを宝塚で過ごし、ちえさん率いる星組で過ごすことができて本当に幸せでした。
宝塚を通して出会えた全ての皆様に心から感謝の気持ちをこめまして、本当にありがとうございました。
(出典:ヅカテレビ)

黒豹の如く/DDでもダンスが光る 鶴美舞夕さん

87期の鶴美舞夕さん。星組のダンスリーダー!身体能力が高く、大運動会でのバトントワリングでも光っていましたよね。温かい人柄が伝わる演技も歌も、みんな大好きでしたよね。

どいさんは、女役に扮してのダンスも非常に色っぽく素敵で、サヨナラショーではコンサートで披露した柚希礼音さんとのデュエットダンスが見られて感動。まだまだいろんなダンスを見たかった…その気持で一杯です。

千秋楽のお花渡しは、何と月組トップスターの龍真咲さん。どいさんのご挨拶は、気持ちがこみ上げてくるもので、それを見つめている組子も、ファンも大号泣だったのを思い出します。

「人が天から心を授かったのは、人を愛するためだ」この言葉の本当の意味をこの宝塚で知りました。たくさんの心がどんな時も私の傍にいて本気で生きる力を与えて下さいました。いくつもの日々を乗り越えてたどり着いた今、私はものすごく幸せで、ものすごく寂しいです。(涙でつまりそうになるどいちゃん、会場拍手)この心を素直に伝えられる場所、伝えられる人たちに出会えたことに本当に感謝しています。この出会いは宝塚を愛し続ける限り永遠につながっていると信じ、次の空に飛び立とうと思います。
全ての出会いにたくさんの心をこめて、本当にありがとうございました。
(出典:ヅカテレビ)

みんなのコメント
  1. あんこ より:

    宝塚大好きです。柚希礼音さんが、退団されたら、どうやって毎日過ごしていったらいいのでしょう…(ToT)

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。