風の次郎吉 大江戸夜飛翔 チケット
風の次郎吉―大江戸夜飛翔―の魅力!あらすじと配役特集!

歌舞伎、落語、小説、映画、テレビドラマと様々な媒体で作品化された有名作が宝塚歌劇団花組で舞台化されます。北翔海莉さんを筆頭に来年1月にシアター・ドラマシティと日本青年館で上演することが決定。「風の次郎吉 -大江戸夜飛翔-」の内容を紹介します。

歌舞伎、落語、小説、映画、テレビドラマと様々な媒体で作品化された有名作が宝塚歌劇団花組で舞台化されます。

江戸のヒーロー鼠小僧と、もう一人のヒーローと遠山の金さんが出てくるという異色のヒーロー同士のコラボレーション。専科の北翔海莉さんを筆頭に花組メンバーで来年1月にシアター・ドラマシティと日本青年館で上演することが決まりました。

今回は、待ちきれない「風の次郎吉 -大江戸夜飛翔-」の内容を少しのぞいてみましょう!

「風の次郎吉 -大江戸夜飛翔-」のあらすじは?キーワードは正義と友情!

黒装束にほっかむりをして、江戸の闇夜に参上し、武家屋敷から千両箱を盗み出す。その闇に紛れ込むと素早い身のこなしで移動し、生活に困窮した町民の長屋にそっとその千両箱を置き、再び闇夜に紛れ去っていく。

そんな誰もがイメージをする江戸のヒーロー鼠小僧の次郎吉と、後年”遠山の金さん”の異名を持つことになる若かりし日の遠山金四郎との物語です。

二つの正義のぶつかり合いと男同士の友情を軸に、それぞれの恋愛を織り交ぜ、物語は進んでいきます。

気になる「風の次郎吉 -大江戸夜飛翔-」の配役は?

江戸時代のヒーローがダブル出演のミュージカルということで、その配役が気になるところですよね。

今回は、鼠小僧の次郎吉には、歌・ダンス・演技の三拍子揃った専科の実力派スター、北翔海莉さん。鼠小僧のすばしっこい身のこなしとミュージカルということでその安定した歌声と演技に大いに期待が持てます。後の世の”遠山の金さん”こと遠山金四郎(景元)には、雰囲気で演じることができ、男役のかっこよさが抜群と評される瀬戸かずやさん。この二大ヒーローを中心に、手妻の幸には、先日のエリザベートの新人公演で歌唱力が大いに問われるゾフィーを見事に演じきった仙名彩世さん。目明しのあやめには、歌と演技ともに評価されている、かわいらしく華やかな娘役、桜咲彩花さんの二人が華を飾ります。

オリジナルミュージカルなので、これまでに聞いたことのない”世妻の幸”や”目明しのあやめ”といった役どころがありますよね。”必殺仕事人”や、”オーシャンズ11″のような作品になるのでしょうか?楽しみですよね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。