【宙組トップスター】朝夏まなとラスト公演「神々の土地」観劇レポ!作品の魅力・見どころを事細かにレポします!※ネタバレしてます

ジリジリと迫る朝夏まなとさんの退団の日…宙組を明るく照らしてくれた太陽・朝夏まなとさんがいなくなってしまうことにいまだに実感が持てずにいるファンがたくさんいらっしゃると思いますが、悔いの残らないよう、男役・朝夏まなとをしっかりと目に焼き付けたい!そのために、サヨナラ公演となる「神々の土地」の感想・見どころなどをじっくりと解説してみました!天才演出家・上田久美子先生会心の作品「神々の土地」のどんなところが魅力なのでしょうか!

宝塚の太陽・朝夏まなとを送り出すラスト作品「神々の土地」

現在、東京宝塚劇場にて大好評上演中の「神々の土地/クラシカルビジュー」。「神々の土地」の演出を担当しているのは天才演出家の呼び声高い上田久美子先生です。

朝夏まなとさんの退団公演であると共に、トップ娘役不在という難しい条件での作品作りとなりましたが、むしろその状況をうまく活かしたストーリー設定に「天才演出家」の印象を強めることとなりました。

華やかな宝塚の舞台に悲劇という空気を持ち込むこと、陽のイメージのあるトップさんを敢えて過酷な役柄に当てはめることがむしろ抜群の効果を生んでいます。

宝塚には「やっぱりショーが好き!」というファンがとても多くいらっしゃいますが、芝居でファンを惹きつけることに成功した、まさに天才演出家の上田久美子先生です。

これまで発表してきた作品はどれも絶賛の嵐でしたが、今回の「神々の土地」も相変わらずの大好評。

完全に陽のイメージの朝夏まなとさんをどのように悲劇に染めたのか、Wヒロインという条件をどのようにうまく活かしたのか。上田久美子先生の演出の細部までじっくりとその見どころを、そして最後の作品で朝夏まなとさんがどんな輝きを放っているのかレポしていきたいと思います!

宙組公演「神々の土地」関連記事はコチラ

「神々の土地」は「翼ある人びと」に続く悲しく美しいオトナの恋愛

上田久美子先生と朝夏まなとさんと言えば、2014年に上演した「翼ある人びと」が思い出されます。演出家として作品を発表するのはまだ2作品めであった上田久美子先生ですが、処女作である「月雲の皇子」で既にかなりの好評を得ていました。

宝塚の演出家は宝塚歌劇団に入社して数年間は「演出助手」としてサポート役を続けます。その数年間に処女作へ向けていろいろな構想を練り、教養を深めて準備を進めていきます。

多くの演出家はデビュー作に意気込みすぎてしまったり、若さゆえのフシギな世界観になってしまいがちですが、上田久美子先生は「月雲の皇子」がいきなりの大ヒット。

しかも男性が多い演出家の中で珍しい女性演出家ということもあり、一気にウエクミ派が誕生することとなりました。

ちなみに、宝塚の演出家には「ウエダ先生」が3人もいるため、呼び分けるために「ウエクミ先生」となっています。

女性演出家だからこそ女性がグッとくるポイントをしっかり押さえることができますし、宝塚というファンタジーな世界にうまく史実を織り交ぜることによって現実感を持たせる手法はとても秀逸です。

しかも、その史実は当然ながら毎作品違う国、違う時代。すごい知識量と取材力、そして想像力です!

各人物に何をどう言わせて、どんな風に動かせば観客が感情移入していけるか、処女作から既に知り尽くしていたことに脱帽ですね。

「月雲の皇子」で古事記にあった伝説を取り上げた次の作品が、19世紀ドイツに生きた作曲家、ヨハネス・ブラームスを主人公にした「翼ある人びと-ブラームスとクララ・シューマン-」です。

一般的にはこの髭のおじいさんのイメージが定着しているブラームスを朝夏まなとさんに演じてもらうなんて、凡人には到底思いつかない発想。

ブラームスが師事したロベルト・シューマンの妻、クララとのプラトニックな絆に構想を得て素晴らしい物語を展開しました。

音楽を純粋に愛し、人としては不器用ながらも才能あふれる青年ブラームス(朝夏まなとさん)と、その才能を見抜き磨き上げることに人生を捧げつつも自分の才能の枯渇に発狂していくロベルト・シューマン(緒月遠麻さん)、ロベルトとその子供たちを深く愛すると同時にブラームスにも心動いてしまう、ロベルトの妻クララ(伶美うららさん)。

その三角関係が物語の核となりますが、当て書きなのでは?と思うほどに3者の演技は完璧です。

ブラームスは、気付いてはいけないと押し殺してきたクララへの愛に向き合わざるを得ないことと、商業芸術に成り下がってしまった音楽に苦悩する。

ロベルトは、自分と同じように音楽を崇高なものと捉えている才能あふれるブラームスに希望を託しつつも、音楽家としての自分の才能の無さに向き合わなければならない苦悩。そして妻クララとブラームスが惹かれ合っていることに気付いてしまう苦悩。

クララは、子供たちの素敵な父親であり、大きな優しさを持つ愛するロベルトの人生を支えるために、音楽家である自分を捨ててロベルトの日陰の存在として生きると決めた苦しさ、それなのにブラームスに惹かれていってしまう罪悪感。

三者三様に苦悩します。

そして惹かれ合っているブラームスとクララは結ばれはしませんが、最後にたった一度だけキスを交わします。

しかし、朝夏まなとさんと伶美うららさんのフィナーレナンバーでのデュエットダンスでは、デュエットしているのにお互いほとんど触れないというかなり珍しい振りがついています。

愛しているのに、いや、愛しているから触れられない。

フィナーレのデュエットダンスにまでストーリーを反映させるなんて、最後まで観客の切なさを煽ってくる粋な上田久美子先生です。

登場人物全員が苦悩を抱えていて、本当は思うように生きていきたいのに、どうしても運命がそうさせてはくれない。こんなに苦悩だらけの苦しく悲しい物語なのに、なぜか観たあとに残るのは圧倒的な美しさ。これぞ上田久美子先生の天才ぶりです。

宝塚の娘役の中で群を抜く美貌と存在感を放つ伶美うららさんのポテンシャルを最大限に引き出し、研6の娘役らしからぬ大人っぽさや包容力・色気を存分に堪能させてもらえたことも、ファンのため息を誘いました。

そして現在公演中の「神々の土地」もこの「翼ある人びと」を彷彿とさせるようなオトナな関係性と美しさが存在し、このコンビの真骨頂を見ることができます。

「神々の土地」まぁ様&うらら嬢を際立たせる「結ばれない美しさ」

そして次の上田久美子×朝夏まなと作品「神々の土地」は革命時代のロシア。帝国軍人であるドミトリー(朝夏まなとさん)は自分の後見人(既に他界)の妻である美しく聡明なイリナ(伶美うららさん)にここでも恋をしています。

異国からロシアに嫁いできたイリナにドミトリーがロシア語を教えるなど、2人には長い歴史と絆があり、密かに愛する気持ちもありますが、ここでも2人はその気持ちを押し殺して生きなくてはならない運命です。

革命の渦に巻き込まれた2人に遂に別れが訪れますが、悲しくてたまらないのにわざと冗談を言い合う2人が観客には更に悲しい。

他の誰にも心を開かないイリナがドミトリーにのみ素顔を見せて笑い、戦地に向かって怪我人の看護をすると決めたイリナとの別れの最後に、真っ白な雪原で2人はダンスをします。

この美しさはもう表現のしようがないほどで、根底に深い悲しみがあるからこそ光る美しさなのではないでしょうか。

厳格な美しさと包容力を持つイリナと、それを温かく見つめ憧れるドミトリーは、かつて「翼ある人びと」で見た2人の美しさを再びそこに見るようでした。

これほどまでの美しさと存在感のある娘役など、どこにもいません。伶美うららさんがこの作品が最後となってしまうこと、残念としか言いようがありませんね…。

そして伶美うららさんと同格のWヒロインとなっているのが、次期トップ娘役の星風まどかさん。皇帝一家の長女オリガです。

いかにも世間知らずの気が強いお嬢様で、民衆に襲われそうになった自分を助けてくれたドミトリーに初恋の気持ちを抱きます。そして周囲もドミトリーとの婚約を進めます。

しかし、ドミトリーの気持ちが自分にないと分かると激しく傷つき、いかにも気高い皇女という性格と思春期の脆さがよく表れた役作りでした。

そしてこの作品においてMVPと言ってもいいほどの素晴らしい演技を見せたのが愛月ひかるさん。

皇帝一家を洗脳し惑わす怪しい宗教家ラスプーチンは、もはやスミレコードギリギリにも思えるほどタカラジェンヌらしからぬ振り切った演技です。

愛月さんといえば朝夏まなとさんのお披露目公演「TOP HAT」や「メランコリック・ジゴロ」「王妃の館」でもとんでもないぶっ飛んだキャラを演じてきましたが、今回はかつてないほどまでに更にぶっ飛んでいます(;^ω^)

宙組の3番手スターにこれほどの役を与えた上田久美子先生もすごいですが、それに完璧に応えた愛月さんの芝居度胸には誰もが息を飲みます。

国家の弊害と判断されついにはドミトリーに暗殺されてしまいますが、撃たれても刺されても息絶えない最期の立ち回りは本当にそこに狂気が存在します。

真っ赤な大階段上でついに命果てるラスプーチンの脇を、無音の中「タン…タン…」と虚しい靴音だけを立てて力なく階段を昇っていくドミトリー。そんな上田久美子先生の演出が本当に天才的です。

ラスプーチンは実在の人物ですが、史実でもドミトリーに青酸カリを盛られても銃弾を浴びても起き上がり、なかなか死ななかったそうですよ。

他にも、男役である凛城きらさんが皇帝の妻・皇后アレクサンドラを演じていますが、ドイツからロシアに嫁いできた暗く神経質な皇后という役を見事に表現しています。

心許せる味方のいないロシアで、このアレクサンドラ皇后が信じられるものは神だけ、その神の使いであるラスプーチンに篤く傾倒していきます。その狂信ぶりがラスプーチン暗殺という事件を呼び、ドミトリーが投獄されるという悲劇に繋がりますので、非常に重要な役どころです。

ラスプーチン暗殺の場面にも居合わせ、大階段の真ん中で恐れおののいている姿が印象的です。

ここはエリザベートと共通する部分があるように思います。姉と妹が嫁ぐ先が逆だったならこんな悲劇は起こらなかったかもしれない。

自己主張の強いシシィではなく、従順なヘレネが皇帝に嫁いでいたら…

暗く神経質なアレクサンドラではなく、輝く美貌と聡明さを持った妹・イリナが皇帝に嫁いでいたら…

ついそんな想像をしてしまいますね。

組長である寿つかささんも皇太后という女役ですし、この作品は生徒さんそれぞれに非常に大きな役割と挑戦を与え、組子のポテンシャルを存分に引き出してくれていると言えますね。

「神々の土地」男役・朝夏まなととしての見せ場も忘れない上田久美子先生

ストーリー、配役、演出だけでも充分見事な作品となっていますが、これは男役・朝夏まなとのサヨナラ公演。男役としての集大成を見せつけるような演出もしっかり組み込まれているのが「天才・上田久美子」と呼ばれる所以でもあります。

着てみたい衣装として男役が憧れる衣装はいろいろありますが、軍服もそのひとつ。「神々の土地」で朝夏さんが着ている軍服には上田久美子先生のこだわりがかなり反映されているようです。

そしてそのこだわりの軍服を存分に活かした場面は圧巻。

大階段は主にショーで使用されることの多い装置ですが、お芝居の中で違和感なく効果的に使用されていて、経験を積んだ男役にしか出せないオーラ・着こなしだからこそ完成している場面と言えます。

色もデザインも決して華やかではない軍服だけの場面をこれほどまでに見事に見せたのは、上田久美子先生の才能と朝夏まなとさんから発せられる男役としてのオーラが為せる技ですね。

2人きりの雪原で静かに踊るドミトリーとイリナの場面もそうですが、豪華な衣装やダイナミックな音楽などなくても、ただそこでシンプルに動くだけで圧倒的な存在感を示す。それこそが一流の男役・娘役と言えます。

そんな朝夏まなとさんと伶美うららさんの類稀なる才能と経験が作品内で見事に表現されていることも、この「神々の土地」の大きな見どころのひとつと言えそうです。

イリナと皇女オリガの他に、実は密かにドミトリーを愛しているフェリックス(真風涼帆さん)など、「神々の土地」は他にもまだまだトンデモキャラのオンパレード。

間違いなく宝塚史上に残る名作であり、そんな名作で宝塚を卒業していく朝夏まなとさん。大劇場での千秋楽では最後まで笑顔いっぱいでしたが、お稽古場でサヨナラショーのお稽古が終わると思わず顔を覆って泣き出してしまう場面も見られました。

あの太陽のような笑顔の裏には、やっぱり寂しくてたまらない気持ちがあるに決まってます。

組子のために、ファンのために涙をしまっていつものチャラいまぁ様スマイルで去っていってくれるのは、まぁ様の大きな大きな優しさと強さの証ではないでしょうか。

その大きくて優しくてチャラい太陽に照らしてもらえるのもあと少し。

最後の最後まで、男役・朝夏まなとの姿を全力で見守りましょう!

 

 

( ノД`)。。。

 

朝夏まなとさんに関する記事はコチラ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。