宝塚 チケット
楓ゆきのプロフィールから出演作品やお茶会の様子をご紹介

楓ゆきは2009年に宝塚歌劇団に入団したタカラジェンヌです。月組に所属し、役柄は娘役として様々な舞台で活躍しています。愛称は、「たん」や「たんこ」と呼ばれ、可愛い笑顔で宝塚ファンを魅了する楓ゆきを紹介します!

楓ゆきは2009年に宝塚歌劇団に入団したタカラジェンヌです。月組に所属し、役柄は娘役として様々な舞台で活躍しています。愛称は、「たん」や「たんこ」と呼ばれ、可愛い笑顔で宝塚ファンを魅了する楓ゆきを紹介します!

楓ゆきのプロフィールを紹介します!

楓ゆきは茨城県日立市出身で、2007年に宝塚音楽学校に入学した95期生です。

2009年に宝塚歌劇団に入団をし、宙組公演の「Amour それは…」で初舞台を踏みます。

その後月組に配属され、これまでに約15公演に出演し、様々な役を演じてきており、入団後すぐの2010年に行われた『スカーレット・ピンパーネル』新人公演や2013年に行われた、『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』新人公演では楓ゆきらしい可愛いらしい演技が見れました。

今後も様々な舞台で楓ゆきらしい演技が楽しめますよ!

楓ゆきの舞台作品を紹介します!

楓ゆきが出演している舞台作品は多くありますが、代表的な物は2010年に行われた『スカーレット・ピンパーネル』新人公演や2012年におこなわれた「エドワード8世/Misty Station」の新人公演、2013年に行われた「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」新人公演があります。

「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」では衛兵隊のオーギュストの盲目の妹役を演じており、同じ舞台に出演していた仲間と新人公演とは思えない完成度の高い舞台を作り上げました。これからも多くの舞台に立ち、代表的な作品が年々増えていきますので、今後の楓ゆきから目が離せませんよ!

楓ゆきのお茶会を紹介します

宝塚歌劇団に在籍するタカラジェンヌと交流できる場所として、有名なタカラジェンヌには各私設ファンクラブが開催するお茶会があります。

お茶会は公演中の土・日・祝の終演後に開催されることが多いもので、トップスタークラスのお茶会はとても大規模な開催になるようです。

楓ゆきもお茶会を開催しており、お茶会ならではの裏話やオフの時の話、写真撮影会等が行われています。

私設ファンクラブのメンバーが様々な企画やゲームなども準備してくれており、ファンと楓ゆきが楽しめるお茶会を開催してくれます。
また、楓ゆきとの写真撮影会もあるので、ファンにとって忘れられないお茶会になります。

これまで楓ゆきを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?これまで様々な舞台に出演してきた楓ゆきですが、今後も大きな舞台で活躍を続けていく彼女は必見です!チケットキャンプでは楓ゆきが所属する宝塚歌劇団月組の公演チケットを取り扱っております。大きな舞台で華やかに演じる楓ゆきを応援しましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。