五峰亜季のファンブログまとめ!素敵なエピソード、魅力的な情報をお届け!

五峰亜季は、1986年に72期生として宝塚歌劇団に入団。「まゆみ」の愛称でファンに愛されている五峰亜季。ここでは、五峰亜季の性格を、魅力を綴るファンブログを通して徹底検証してみましょう。

五峰亜季は、1986年に72期生として宝塚歌劇団に入団。

3歳からクラッシックバレエを習っていた五峰亜季。宝塚音楽学校の受験は、母親の強い勧めがあったとのこと。初舞台は、宝塚グランドロマン「レビュー交響曲」でした。

その後、雪組に配属され、娘役として数多くの舞台で活躍し続けています。同期には、すでに退団している元星組トップの香寿たつきや、元月組トップの紫吹淳がいます。日本舞踊の名取でもあり、ダンサーとして魅力的なステージを披露。1992年の宝塚歌劇団雪組バウ公演「恋人達の神話」では、初ヒロインを演じました。2002年に、専科へ異動しています。

「まゆみ」の愛称でファンに愛されている五峰亜季。ここでは、五峰亜季の性格を、魅力を綴るファンブログを通して徹底検証してみましょう。

宝塚歌劇団専科の娘役、五峰亜季のお茶会の様子は?【SCCL】

2004年3月に開催された五峰亜季のお茶会に参加したSIKIさん。

その時の様子を自身のブログ「SCCL」に綴っています。一年半ぶりのお茶会の開催だったとのこと。久しぶりだったので、かえって新鮮さを感じたそうです。

専科での様子などを中心にお話しが続く五峰亜季のトークタイム。

と感想を述べています。さらに、

とも。ファンを前にして、自分の想いを素直に話してくれる五峰亜季の人柄を感じてしまいますよね。

他にも、専科生ならではのトークが続いたとのこと。

と述べています。五峰亜季の一生懸命な姿が目に浮かぶようですね♪

「SCCL」

五峰亜季の舞台での魅力を紹介【それはもう浅い日記】

2012年7月に開演された宝塚歌劇団雪組バウ公演「双曲線上のカルテ」に出演した五峰亜季。

その舞台での様子を紹介してくれているサとオさん。自身のブログ「それはもう浅い日記」で、五峰亜季の舞台での魅力を綴っています。

と紹介。さらに、

とも。

とエピソードも紹介。五峰亜季のお茶目な一面をのぞかせた舞台だったようですね。

「それはもう浅い日記」

舞台の演出も提案?五峰亜季の魅力溢れるエピソード【煩悩の渦のまにまに】

2009年東京赤坂ACTシアターで開演された雪組公演「カラマーゾフの兄弟」を観劇したyuppe☆さん。

舞台終演後、楽しみにしていた彩吹真央のお茶会に参加したそうです。盛り上がる彩吹真央のトークタイムの中で、五峰亜季の話題が…。

イワンの幻覚を演じていた五峰亜季の提案で、新たな演出としてキスシーンが追加されたとのこと。

と驚きを込めてコメントしています。さらに、

と紹介。五峰亜季を応援するファンにとっては、素敵なエピソードと言えそうです。

五峰亜季が出演する宝塚歌劇団の舞台を観劇して、実際の魅力を堪能したくなりますよね。

「煩悩の渦のまにまに」

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

五峰亜季が出演する宝塚歌劇団の公演チケットは、チケットキャンプにおまかせ!

チケットキャンプでは、宝塚歌劇団の公演チケットを取り扱っています。入手困難が予想される公演チケットでも、譲ってもらえる人を探せるリクエスト機能がおすすめですよ。あきらめずに是非利用してみてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。