雪組博多座公演「星影の人」ポスター画像で高まる期待!

今年の博多座公演は、雪組選抜メンバーが担当。かねてより再演が望まれていた名作「星影の人」と、早霧せいな・咲妃みゆのお披露目ショーでもある「ファンシー・ガイ」の二本立てということで、演目発表の時から喜ぶファンが多かったです。

宝塚歌劇は、宝塚と東京での常設公演以外に、博多座公演、中日劇場公演など全国各地で公演しています。今年の博多座公演は、雪組選抜メンバーが担当。かねてより再演が望まれていた名作「星影の人」と、早霧せいな・咲妃みゆのお披露目ショーでもある「ファンシー・ガイ」の二本立てということで、演目発表の時から喜ぶファンが多かったです。

追加の出演者とポスター画像が発表され、あまりに二人のイメージと世界観がマッチしているので、その期待は否応なく高まっています。今回は雪組博多座公演「星影の人 / ファンシー・ガイ」の最新情報と、見どころをご案内します。

九州出身の雪組トップコンビの九州公演で注目度大

早霧せいな・咲妃みゆはともに九州出身のタカラジェンヌ(早霧せいな:長崎、咲妃みゆ:宮崎)。宝塚と九州は遠くはなれているイメージですが、専科の轟悠さん(熊本)、宙組の朝夏まなとさん(佐賀)など意外と九州ジェンヌは多いです。しかし、九州出身の二人がトップコンビを組むのは歴代初めてではないでしょうか?しかも博多座での九州公演とあって、宝塚ファンだけでなく九州の人々もいつも以上にウェルカムモードが高まっています。

今回博多座公演メンバーに選ばれている中には、他にも蓮城まこと(大分)、星乃あんり(福岡)など九州出身メンバーが多数。故郷が同じというだけで、応援する側は嬉しいもの。普段宝塚は見たことがない人でも、博多座に足を運びたくなること間違いありません。加えて、今回は演目も素晴らしいので九州の宝塚ファンがグッと増えそうです。

「日本物の雪組」に相応しい、爽やかで期待高まるポスター画像

今回発表されたポスター画像、5月に行われる公演にふさわしい爽やかさです。このビジュアルだけで、公演の成功は決まったというもの。宝塚といえば豪華な衣装・レビューというイメージが強いと思うので、この日本物の凛々しさ・美しさは良い意味で目を引くこと間違いありません。

早霧せいなさんの沖田総司の美しいこと。まさに美貌の剣士に相応しいビジュアルです。志に熱く生きた幕末志士とチギちゃんの個性もピッタリ合いますよね。浅葱色の羽織と、涼やかな目元がまるで2次元を見ているかのような美しさです。咲妃みゆちゃんの芸姑も美しい…「少女」のイメージの強い咲妃みゆちゃんにとっては、初めてでは?と思うほど色っぽい大人の役の女性となる、玉勇。しかし、「宝塚の北島マヤ」と言われるほど憑依型の演技力の持ち主の彼女のことですから、歴代のトップ娘役に負けない演技を見せてくれることでしょう。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。