星組新トップスター北翔海莉さんの魅力を熱く語ります

専科として組を超えて活躍している北翔海莉さん。101周年の宝塚歌劇団星組の新トップスター就任も決定!おめでとうございます!!!!みんな大好きみっちゃん、その魅力を私なりに熱く語ろうと思います!

専科として組を超えて活躍している北翔海莉さん。

みっちゃんの芸達者っぷりは宝塚一!シリアスな役からコミカルな役まで変幻自在、一度歌えば舞台を掌握。北翔海莉さんは舞台の上の魅力はもちろん、そのお人柄は素晴らしく、多くの生徒さんから慕われていますよね。

そして、101周年の宝塚歌劇団星組の新トップスター就任も決定!おめでとうございます!!!!みんな大好きみっちゃん、その魅力を私なりに熱く語ろうと思います!

いつまでも聞いていたくなる北翔海莉さんの歌声

みっちゃんは、宝塚の誇る歌うまさん。舞台で一度みっちゃんが歌うと、劇場の空気が変わりますよね。でも、北翔海莉さんは同期生の中で一番歌の点数が低かったのだとか。信じられない…。スカイステージでは一人で歌の番組を1年担当されていましたし、ディナーショーも開催。歌で物語を作ることが出来る才能の持ち主です。ディズニーのコンピレーションアルバムの歌も素敵でした!

花組に出演した時の「エリザベート」のフランツは、過去最高ではと思えるほどの歌唱。あの難しい歌を…。生で聞いたら涙が出ました。月組に出演した時の「Fanatic Energy」では、難しい歌を数々任され、その後の全国ツアーでは誰がみっちゃんの部分を担当するか戦々恐々だったのだとか。日本語の歌詞では著作権の問題でDVDでは差し替えの可能性があるということで、練習して英語での歌唱に臨んだ…というエピソード、大好きです。

そして圧巻なのは、主演を務めた「THE MERRY WIDOW」。これはオペレッタなので、何より歌が難しい。北翔海莉さんがいたからこそ実現した企画なのだと思います!明るい話もみっちゃんにぴったりで、ああ素敵だったなあ。

北翔海莉さんはアドリブをやらせたら宝塚一

北翔海莉さんはアドリブの名手ですよね。花組に出演したときの「オーシャンズ11」では大活躍。毎日全く異なるアドリブで会場を沸かせていました。オーケストラの人も毎日楽しみにしていたとか。千秋楽には、30秒ほどの場面を5分ほどアドリブで伸ばし、伝説となりました。

月組のメンバーを引き連れて出演した「THE MERRY WIDOW」でも、自由奔放に笑いを取っていました。この公演は、月組のアドリブの名手・星条海斗さんもいらしたので何度見ても違う舞台のような面白さ!生の舞台の楽しさを味あわせてもらいました。

また、自分がアドリブを行う役ではなくても、下級生にアドリブを指導。みっちゃんが考えた日はウケるのに…と悩む下級生の相談役だったんだそうです。

みんなのコメント
  1. Ace より:

    同じ千葉県松戸生まれ!
    松戸の自慢がまた一つ増えました

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。