北翔海莉退団後初主演!ミュージカル『パジャマゲーム』日程と座席は?

2016年11月に宝塚歌劇団を卒業した星組元トップスター北翔海莉さん。彼女の退団後初の主演舞台が発表されました。その舞台とはミュージカル『パジャマゲーム』。往年の名作舞台『パジャマゲーム』が日本初演として華やかに上演されます。今回はこちらの舞台をより楽しむための詳細を紹介していきます。

【北翔海莉主演『パジャマゲーム』公演内容は?】

ミュージカル『パジャマゲーム』はロンドン演劇界を代表する演出家トム・サザーランドによる舞台です。日本で他に上演された作品としては『タイタニック』や『グランドホテル』などがあります。

『パジャマゲーム』は1954年に演劇の殿堂ロンドンサウスウエストにて初演され、翌年1955年舞台を評価する最高峰となるトニー賞にて最優秀作品賞など3部門を受賞。

1957年には映画化もされていて時を経て2006年には再度ブロードウェイにてリバイバル上演され、大好評を得ました。

パジャマ工場の労働者と雇い主との賃上げをめぐる闘いをコミカルに描き、しかしウィットにとんだ構成となっています。

ミュージカル『パジャマゲーム』公式サイト

初主演の北翔海莉さんが演じるのは賃上げを望む労働者たちの苦情処理係組合員のベーブ。

彼女といわば敵対することになる雇い主側の若き工場長シドとの恋の行方もからんで、最後まで目が離せない作品として仕上げられています。

【北翔海莉主演『パジャマゲーム』日程と座席は?】

『パジャマゲーム』の日程は、2017年9月から10月にはリニューアルした日本青年館ホール、そして同じく10月には梅田芸術劇場シアタードラマシティにて上演されます。

日本青年館ホールは7月にオープン予定となっていますのでまだ会場の座席の見え方などの詳細はわかりませんが、シアタードラマシティは舞台好き、特に宝塚ファンにはひんぱんに宝塚作品を上演することからなじみ深い場所です。

放射状に広がる座席となだらかな急斜の形状から8列センターブロックがみやすい劇場と思われます。アクセスもJR大阪駅、阪急梅田駅などから徒歩10分ほどと使いやすい劇場として親しまれています。

シアタードラマシティ座席の見え方は?

シアタードラマシティは梅田芸術劇場の地下に位置する劇場です。宝塚歌劇としては二番手スターさんが主演舞台の時によく使用される会場です。

一階席しかない劇場のため、後方席であっても比較的みやすい劇場となっています。特に10列から14列の24番目あたりの席は劇場の中心となり、音響が良くしかも舞台全体がみられておすすめです。

ちなみに上層階はメインホールとなっていて宝塚歌劇においては全国ツアーのスタート劇場として使われることも多い場所です。

梅田芸術劇場は、梅田の中心部にあることもあって周囲にカフェやコンビニ、ショッピングモールなどがすぐそばにあり観劇の際にも時間をもてあますことがなくおすすめの場所といえます。

ただしシアタードラマシティは座席数が900弱となっていますからチケット難となる可能性が東京よりも高くなります。

日本青年館ホール座席の見え方は?

老朽化により建て直しを行っていた日本青年館ホールが2017年7月にリニューアルオープンします。ミュージカル『パジャマゲーム』は秋にこちらの会場で上演されることになっていて、都内でも減少している1000席を超える劇場として期待がふくらみます。

観客が実際に観た感想は当然ながらまだですが、これからミュージカル、舞台好きとしてはみやすく快適な劇場になってくれることを願いますね。

アクセスは東京メトロ日比谷線「神谷町駅」や、都営地下鉄三田線「御成門駅」などから徒歩数分と気軽に行ける場所にあります。

宝塚歌劇の他のオススメ記事

  • 星組トップスター北翔海莉のまるでコントなアドリブ集まとめ
  • 北翔海莉の今後が気になる!!オフィシャルホームページやインスタ、ツイッターをチェック!!
  • 【北翔海莉主演『パジャマゲーム』】

    (出典:pixabayより)

    日本初演となるミュージカル『パジャマゲーム』の現在までわかっている概要を日程、会場や座席とともに紹介してきました。ブロードウェイ版は工場長シドが主人公ですが日本版公式サイトなどをみると、北翔さん演じるベーブが重要な役として扱われることになりそうです。また肝心のシド役、そしてベーブの恋敵となるシドの秘書グラディスがを誰が演じることになるかも注目です。続報を心待ちにしましょう!

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。