非の打ち所が無いと噂の妃華ゆきの魅力を徹底紹介!

宝塚歌劇団のお膝元、兵庫県出身の妃華ゆきのは、「ゆきの」、「みどり」の愛称で親しまれている宝塚歌劇団雪組の娘役です。とてもかわいい・美人と評判ですが、どんなところがかわいらしく、どんな娘役なのでしょうか。

宝塚歌劇団のお膝元、兵庫県出身の妃華ゆきのは、「ゆきの」、「みどり」の愛称で親しまれている宝塚歌劇団雪組の娘役です。

とてもかわいい・美人と評判ですが、どんなところがかわいらしく、どんな娘役なのでしょうか。

ファンブログなどから、妃華ゆきのの魅力を覗いてみましょう。

宝塚歌劇団妃華ゆきののプロフィールをご紹介します

妃華ゆきのは 2008年に宝塚歌劇団に入団した、96期生です。同期には愛華あみ、咲妃みゆらがいます。

初舞台は月組が公演したミュージカル作品『スカーレット・ピンパーネル』でした。96期生のロケットのテーマは『統一」。深紅の衣装でラインダンスをしました。

雪組配属後には『ロミオとジュリエット』、『ドン・カルロス』、『双曲線上のカルテ』などに出演しています。

「美人」と言う一言がよく似合う 宝塚娘役 妃華ゆきの

妃華ゆきのがとてもかわいい、美しいとファンの間で評判なようです。

雪組新人公演『一夢庵風流記 前田慶次』で、本役では大湖せしるが演じている加奈役を妃華ゆきのが演じ、Tweet Tunnelで、このように大絶賛されていました。もちろん、舞台での演技も高評価で、細部にわたって気を緩めることなく演じている様子に交換を持ったファンが多かったようです。

「非の打ち所がない」と言われた 宝塚娘役 妃華ゆきの

美人だとして知られている妃華ゆきのですが、決して話しかけにくいようなタイプではなく、宝塚チャンネルでのインタビューに答える姿勢も一生懸命で好感が持てます。

また、頭の回転が速く飲み込みが早く、お芝居よりもショーで活躍できる娘役として期待されています。

宝塚歌劇団所属の演出家である、齋藤先生が大絶賛したそうです。妃華ゆきのの実力が充分に発揮されるような役も、これから増えていくかもしれませんね。

妃華ゆきのの魅力をいっぱい語っているこちらのブログを是非お読みください。魅力が一気に伝わってきますよ

「宝塚&OSKの娘役を「理想の女性像」として愛でる、とある異色男子ファンの日記」

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

宝塚歌劇団妃華ゆきのの美しさと演技力を堪能しに出かけましょう

雪組娘役、妃華ゆきのの魅力についてご紹介してまいりましたがいかがでしたか。彼女の魅力を是非舞台でご覧になってみてください。チケットキャンプでは、宝塚歌劇団・雪組の公演チケットも取り扱ってます。ご希望の日にちや場所のチケットがすぐに見つからない場合は、リクエスト機能も使ってみてくださいね。

みんなのコメント
  1. びわりん♫ より:

    「ルパン三世」新人公演での峰不二子役、とても綺麗でセクシー

  2. びわりん♫ より:

    「ルパン三世」新人公演の峰不二子役、とても綺麗でセクシー

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。