宙組娘役ホープ・遥羽ららさん☆子役なら任せて!天使のような歌声とビジュアルにファンは目尻が下がりっぱなし!意外なギャップも!

宝塚宙組で現在公演中の『神々の土地』では皇帝の娘を可愛らしく演じている遥羽ららさん。宙組で子役と言えば遥羽ららさんというほど、子役においては右に出る者はいません!まるで天使のように可愛い遥羽ららさんは、実は意外なギャップの持ち主でした!そして来年から宙組にやってくる芹香斗亜さんとは名コンビになりそうな予感?!女性でも骨抜きになってしまうほど可愛くて実力も高い宝塚宙組の娘役・遥羽ららさんの魅力・プロフィールを改めてご紹介します!

次代の宙組を支えていく重要な娘役スター・遥羽らら

現在、大劇場公演中の宙組『神々の土地/クラシカルビジュー』ですが、この公演で大量に退団されていく主要娘役さん達に代わり、今後の宙組を支えていく次世代の娘役のひとりに、遥羽ららさんがいらっしゃいます。

歌にダンスにお芝居にビジュアルに、どの分野でも即戦力になれる遥羽ららさんのプロフィールをここで改めておさらいし、今後の宙組においてどれだけ重要な娘役さんであるか、一緒に再確認していきましょう!

現在の宙組公演に関するオススメ記事はコチラ

遥羽ららさんの基本プロフィール

  • 遥羽らら(はるは らら)
  • 愛称:まお、らら
  • 身長:164㎝
  • 出身:愛知県名古屋市
  • 98期生
  • 入団時成績:8番
  • 同期生:真彩希帆、飛龍つかさ、暁千星、天華えま、瑠風輝、星南のぞみ、有沙瞳

まだ研6ながら、既にトップさんを1人輩出している実力の高い期です。男役さん達も新人公演主演経験者が多く、娘役さん達も新人公演や別箱公演でヒロインが続いています。またいずれ新たなトップさんが出そうな予感がしますね。

そして遥羽ららさんももちろん新公ヒロイン経験者。

初ヒロインは同期である瑠風輝さんと共に挑戦した『Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~』、そして実咲凛音さんの退団公演となった『王妃の館』では二度目のヒロイン。

新公初ヒロインを獲得する前までは娘役2番手格の役付きが続いていたため、ファンも納得のヒロイン獲得となりました。

エレガントな雰囲気の実咲さんの魅力はそのままに、遥羽さんならではのキュートさが炸裂していて、女性でもつい「かわいい~♡」と目尻が下がってしまう可愛さが遥羽ららさんの強みです。

しかし、新公ヒロインを務めた作品以外は伶美うららさんの役を多く演じており、大人っぽい色気のある伶美さんの役をなぞることで、ただ可愛いだけではない魅力も習得していったように思います。

蓮水 ゆうやさん、七海 ひろきさん主演の『the WILD Meets the WILD』では遥羽さんはまだ研2ながら重要な役を演じていて、入団早々に劇団の大きな期待がうかがえますね。

子役どんと来い!子供らしい発声やしぐさはピカイチ

これまでの遥羽さんの本公演での活躍といえば、子役のプロといったところ。お顔も声もしぐさも本当に無邪気な子供のようで、遥羽さんに子役を演じてほしいと演出家の先生がつい思ってしまうのでしょう。

まだ研6ながら、これまでに演じてきた子役は主に以下の通り。

  • 『翼ある人びと-ブラームスとクララ・シューマン-』にてクララ・シューマンの娘
  • 『ベルサイユのばら』新人公演にてジャルジェ家の四女
  • 『Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~』にてシェイクスピアの息子ハムネット
  • 『王妃の館』にてルイ14世の息子プティ・ルイ
  • 『神々の土地』にてニコライ2世の娘タチアナ

たった5年間でこれだけの子役を引き受けてきたとは、もう遥羽ららさんは子役のプロと言っても過言ではないでしょう。

遥羽さんの身長は164㎝と、娘役さんにしてはむしろ大きいほうです。宙組にいるのでそれほど背の高さが目立たないとはいえ、この身長で子役がここまで成立しているのはやはり遥羽さんの演技力や所作あってのものでしょうね。

現在公演中の『神々の土地』でもその子役スキルを大いに発揮してくれていますが、もはや宙組ファンにとっては遥羽さんが子役をしてくれる安心感のようなものすらあるようですね。

ギャップが魅力的!実は運動神経抜群のスピードランナー

こんなに可愛くて少女役でもまったく違和感のない遥羽ららさんですが、意外にも学生時代は陸上部に所属し、走ることが大好きだったそうな。

その才能を活かして、100周年の運動会ではスピードプレイ賞を受賞しています!

こんなに可憐で可愛い遥羽さんがものすごい早さでピューっと駆け抜けて行く様子は、多くの宝塚ファンを驚かせました。

キャッキャと可愛い遥羽ららさんを見るならお茶会へ!

素敵な舞台姿と共にぜひ堪能したいのが、素のタカラジェンヌさんの様子。

お茶会に参加してみると楽しいギャップがたくさん発見できたり、公演に関するエピソードや、特に仲良しのジェンヌさんが誰なのかなど、かなりマニアックなお話が聞けちゃいます。

遥羽ららさんのお茶会での様子は、やっぱりその可愛さに悶えている人続出です。

短距離走での素早さと同じように、おしゃべりもなかなかスピーディーで明るさ全開の様子ですね。

お茶会でのスタンスは生徒さんそれぞれの裁量に任せられているので、生徒さんごとにお茶会での様子は違うようですが、遥羽さんは「あれも話したい!」「この話もあった!」というように、おしゃべり大好き女子の面が垣間見れるようですね。

男役さんのお茶会で女性ホルモンMAXにときめきまくるのもまた楽しいのですが、娘役さんのお茶会はまた違った楽しさがあるようなのでぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

ついにキキララが揃う!今後の宙組に期待!

現在、宝塚大劇場にて公演中の作品『神々の土地/クラシカルビジュー』では、今後も宙組を支えていってくれるであろうと思っていた重要な娘役さんたちが一気に退団されてしまいます。

今年の4月から空位になっている宙組娘役トップも、朝夏まなとさん退団日翌日から星風まどかさんが就任し、ワンランク若い世代が活躍する時代となります。

その中心人物の中に遥羽ららさんがいらっしゃり、更に組替えで新たな生徒さんも宙組にやってきます。その生徒さんの中に、ファンにちょっとした期待を抱かせる方が。

現在花組で2番手男役として活躍している芹香斗亜さんです。

2番手さんの組替えなどそうそうないことなので、それ自体がもちろん大きな期待となっていますが、芹香さんがキキララのキキに似ていることから愛称「キキ」と呼ばれており、宙組生となることでついに「キキララ」が揃うことになりました!(^◇^)

来年からの宙組で遥羽ららさんは今よりもっと重要な場面に登場することとなり、きっと芹香さんと組む場面も出てくるでしょう。

そのときに「あっキキララだ」なんて思いながらニヤニヤとオペラグラスを覗く人が続出しそうですね。

もしかして劇団側もそれを楽しんでいたりして?!

今回は、宙組を華やかに彩ってくれている天使のように可愛い遥羽ららさんの魅力についてお伝えしてきました。

現在公演中の『神々の土地/クラシカルビジュー』は大劇場が9月25日(月)まで、東京宝塚劇場は~ 

宝塚宙組に関するオススメ記事はコチラ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。