【宙組の超絶美少女】華雪りらさんが組替えで星組へ!プロフィールと経歴から見る星組での期待度を検証!

先日発表された大規模な組替え。その中心は花組2番手スター・芹香斗亜さんの宙組への組替えでしたが、その他にも下級生たちが5人も組替え。その中には宙組自慢の美少女・華雪りらさんの名前もありました。今回は、華雪さんの詳しいプロフィールをご紹介しつつ、組替えの目的などを探ってみました!すると華雪りらさんとトレードとなる星組の天彩峰里さんとは意外な共通点が!意外づくしのプロフィールと経歴をどうぞ!

まぁ様と共に娘役が4人も宙組から離脱!そして組替え…

先日、宙組次期トップコンビと共に発表された6名の生徒の組替え。花組2番手スターの芹香斗亜さんの組替えが最も大きなトピックになりましたが、その他の下級生たちの組替えもとても気になるところです。

コンスタントに組替えは実施されているものの、これだけの人数が一気に発表されたのはかなり大規模な人事異動と言えます。

今回は月組以外の4組が関わる大シャッフルとなり、いまだに「誰がどこに…?」状態の方も多いと思いますが、宙組からは華雪りらさんが星組に行くことになりました。

宙組と言えば、次の大劇場公演・東京公演で朝夏まなとさんと共に主要娘役が一気に4人も退団してしまうのに、更に華雪さんという娘役さんを異動させてしまって大丈夫なのでしょうか…?

こちらでは、組替え対象となったほど劇団から注目されている華雪りらさんのプロフィールや経歴を確認しつつ、星組への影響がどんなものになるかちょっと予想してみたいと思います!

宙組公演に関するオススメ記事はコチラ

二度見するほどの正統派美人!

  • 華雪りら(はなゆき りら)
  • 出身:大阪府池田市
  • 入団時成績:27番
  • 98期生(研6)
  • 同期生:真彩希帆、暁千星、天華えま、瑠風輝、有沙瞳、遥羽らら など

この美しい容姿からは想像できませんが、おじいさまが柔道の師範であるため、華雪さんも幼稚園から小学校4年まで道場に通っていたそうです。宙組で仲良しの和希そらさんからは、「宙組でいまいちばんシュールで面白い、スベリ知らず」という評価も出ているほど、笑いのセンスにも溢れているようです!いろいろと意外ですね~。

宝塚には2度目の受験で合格しており、同期生には次期雪組トップ娘役に内定している真彩さんや、新人公演主演経験者がたくさん。宙組で同期の遥羽ららさんとは美少女コンビとしてひそかに注目を集めていました。

ひとあし先に遥羽さんが新人公演ヒロインを経験し、華雪さんはこれまで本公演・新人公演・小劇場公演でそれほど大きな役を演じていませんが、今回の組替えでは劇団はどのような効果を狙っているのでしょうか。

そして、その美少女ぶりを買われて、礼真琴さんのパーソナルブックでは礼さんの相手役として登場したこともあります。

まだ宙組で大きな役についていなかったり、スカイステージでもフェアリーズなどに選ばれたことがなかったため、礼真琴さんのパーソナルブックを買ったファンからは「この美人さんは一体ダレ?!」と一気に注目を浴びることになりました。

  これまでの新人公演の評価

華雪さんは現在研6なので、今も新人公演の期間中です。これまでに演じてきた新人公演では主要キャストにはまだ選ばれたことがなく、発展途上であることが分かります。

『白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-』では、当時まだ組回りだった星風まどかさんの役・少年グスタフを新人公演で演じましたが、研1の星風さんが大抜擢を受けた役だったので、星風さんとの力量の差が出てしまったようです。

『Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~』でも同じく少年役を演じ、一転、『王妃の館』では初の老婦人役に挑戦し、少年から老け役まで振り幅の大きい配役が華雪さんの素晴らしい経験となったに違いありません。

※注 正式役名は『ハムネット』

宙組生として最後となる新人公演は、8月18日から大劇場ではじまる『神々の土地』となりますが、まだ新人公演の配役は発表になっていません。この東京公演が終わり次第、正式に星組生となる華雪さんですが、宙組生として有終の美を飾れるかどうか、注目が集まるところですね。

星組に召喚された目的と理由

組替えで星組に行くのは華雪さんと、雪組の桜庭舞さんのお2人です。桜庭さんは100期生で、直近の新人公演では真彩希帆さんの役を演じました。この8月からは彩風咲奈さん主演のドラマシティ公演『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』への出演が決まっています。

この2人の娘役さんの星組異動は、一体どのような理由があるのでしょうか。そのひとつに、華雪さんの組替えは礼真琴さんの召喚では…?なんて噂も。

先述しましたが、華雪さんは礼真琴さんのパーソナルブックで相手役を務めた経験があります。星組ファンの間では、「華雪りらちゃんといえば、まこっちゃんの美人の彼女」というイメージを持っている人も多く、今回の組替えでは「ああ!あの美人さんが本当にまこっちゃんと共演することになるのね!」と歓迎モード。

しかも、この組替えで星組から宙組へ、つまり華雪さんとトレードになる娘役さんが、天彩峰里(あまいろ みねり)さん。実は天彩さんも、真風涼帆さんのパーソナルブックで彼女役として登場していました。

それぞれのパーソナルブックで彼女役をした2人の娘役さんが、どちらも真風さんと礼さんの元へ。パーソナルブックで相性の良さを披露した2カップルに手ごたえを感じた劇団が主導した組替えなのか、真風さんと礼さんのご要望で召喚されたのか、果たして真実はどちらなのでしょうか。

華雪りらさんの星組デビューは2018年2月

宙組の次回公演『神々の土地/クラシカルビジュー』の東京千秋楽の翌日から華雪さんは正式に星組生となります。現在の公演順は宙組の次が星組なので、星組の次回大劇場公演『ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』には間に合いません。

となると、星組の次の公演は2018年2月の中日劇場公演か、シアタードラマシティ/赤坂ACTシアターのどちらかになります。演目はまだ明らかになっていませんが、今回の組替えが華雪さんの躍進に繋がるかどうか、その配役に大注目ですね。

そして星組で新人公演の最後の年を迎えますので、長の期としてどんな成長と活躍を見せてくれるかも期待したいところです。

しかしまずは、宙組を代表する美貌の娘役として輝く華雪さんの活躍を見なければ!新人公演の配役を楽しみにしつつ、8月18日から大劇場で始まる『神々の土地/クラシカルビジュー』へ足を運んでみましょう!

組替えに関する気になる記事はコチラ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。