花里まなのプロフィールとファンブログから魅力を垣間見る

100年以上の宝塚歌劇団のなかで、星組と並んで平均身長の高さを誇る宙組。2012年に公演された『クラシコ・イタリアーノ 最高の男の仕立て方』は、宙組が第66回文化庁芸術祭・演劇部門最優秀賞を受賞しました。

100年以上の宝塚歌劇団のなかで、星組と並んで平均身長の高さを誇る宙組

2012年に公演された『クラシコ・イタリアーノ 最高の男の仕立て方』は、宙組が第66回文化庁芸術祭・演劇部門最優秀賞を受賞しました。

今回は、そんな宙組で活躍する花里まなのプロフィールなどを特集してご紹介します。

花里まなのプロフィール紹介

身長161cm、あいこの愛称で親しまれている花里まなは、千葉県出身の宙組で活躍するタカラジェンヌです。

第91期生として2003年に宝塚音楽学校に入学し、2005年に宝塚歌劇団に入団。花組が公演する『マラケシュ 紅の墓標』『エンター・ザ・レビュー』で初舞台を踏んだあと、宙組に配属されました。

同期生には、エトワール経験者で雪組トップ娘役の愛加あゆ・新人公演主演の経験がある星組娘役スター音波みのり・花組男役スター鳳真由などがいます。

花里まなの舞台での様子は?観劇レポートブログ紹介

プロフィールのあとは、宝塚歌劇団の舞台で活躍する花里まなの様子を知ることができる観劇レポートを掲載してくれているブログをご紹介します。

ひとつめは、東京宝塚大劇場で公演された新人公園『誰がために鐘は鳴る』の観劇レポートです。演出やストーリーの感想から、出演する生徒さんそれぞれの活躍を紹介してくれています。

その中に、バレンシアの歌手として登場する花里まなの様子が紹介されていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

【エリザベート・ノーテ】2011年1月20日投稿:★☆やるじゃん!宙組新人公演!☆★

もっと花里まなの魅力に触れるなら!お茶会に参加してみよう

以上、今回は宙組で活躍する娘役・花里まなについてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?花里まなを知らなかった方も、ぜひこの機会に覚えてみてくださいね。もっと彼女の魅力や情報を知りたい方は、お茶会への参加がおすすめ!お茶会は宝塚の生徒さんひとりが主役になって開かれるファンとの交流の場ですから、舞台で演じている花里まなだけでなく普段の様子などを知ることができるのが特徴のひとつです。

また、宝塚歌劇団の私設ファンクラブが主催となって開かれることが多く、トークタイムだけじゃなく記念撮影やグッズ販売などファンにとっては最高のひと時になること間違いなし!のイベントです。お茶会は、ファンクラブに入っていない方でも参加できる場合があるので、ファンレターなどに『お茶会に参加したいです』という希望を添えて出すとお誘いが来ることもありますよ。

お茶会は、公演時期に合わせて行われるのが通例ですので、その時期に情報をチェックしてチャンスがあればぜひ!参加してみてくださいね。

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

宝塚歌劇団・宙組の舞台を観にいこう!

チケットキャンプでは、宙組のチケットを取り扱い中です。ぜひ、舞台の上で活躍する花里なまなを応援しに行ってみてくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。