宝塚歌劇花組がいよいよ本格王朝文学「新源氏物語」に挑む!

宝塚歌劇花組の2015年秋の大劇場、そして、東京宝塚劇場の演目が発表されました!まだまだたくさんの舞台が控えている花組ですが、今回は晩秋から冬にふさわしいこの演目のお芝居「新源氏物語」の見どころを紹介します!

宝塚歌劇花組の2015年秋の大劇場、そして、東京宝塚劇場の演目が発表されました!内容と日程は下記のとおりです。

宝塚グランド・ロマン

「新源氏物語」
  -田辺聖子作「新源氏物語」より-
脚本/柴田 侑宏
演出/大野 拓史

グランド・レビュー

「Melodia -熱く美しき旋律-」
作・演出/中村 一徳

  • 宝塚大劇場10/2(金)~11/9(月)
  • 東京宝塚劇場11/27(金)~12/27(日)

宝塚歌劇公式サイトはこちら

まだまだたくさんの舞台が控えている花組ですが、今回は晩秋から冬にふさわしいこの演目のお芝居「新源氏物語」の見どころを紹介します!

花組公演「新源氏物語」って?

「新源氏物語」は、1981年に当時の月組トップスターだった榛名由梨さんによって初演され、好評を受けて1989年に月組トップスター剣幸さんによっても、再演された作品。

日本の伝統美の象徴ともいえる「源氏物語」、カリスタや、エリザベートとも違う滋味を味わえる演目です。

「新源氏物語」が、花組・明日海りおであるワケとは?

明日海りおさんのファンなら、源氏物語ときいて真っ先に思い出したのが、月組時代に瀬奈じゅんさんによって公演された「夢の浮橋」でしょう。

明日海さんは新人公演では主演、匂宮(におうのみや)を演じ、その雅さにファンは溜息をつきました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。